閉じる 
OTA集客 ホテル業界ニュース 国内OTA 海外OTA

2023.11.21

2023.04.12

ホテル集客代行のメリット・デメリットを解説!外部委託を活用するポイントとは?

ホテル・旅館の集客・マーケティングにおいて、自社でマーケティング担当者を抱えていない、または人材不足のため、外部の専門家に相談する必要があると感じている方々にとって、代行サービスやコンサルティングサービスを提供する企業は、頼もしい味方となっています。

本記事では、ホテル集客代行の必要性やそのメリットについて解説するとともに、宿泊客の満足度向上につながるアイデアや方法をご紹介します。

ホテル集客代行の必要性

自社でマーケティング担当者を抱えていない、または人材不足のため、ホテル・旅館の集客やマーケティングに苦戦している場合、外部の専門家に相談することが重要です。

ホテル・旅館の集客には、様々な知識と技術が必要ですが、自社でマーケティングを習得することは容易ではありません。そこで”集客代行サービス”や”コンサルティングサービス”を利用し、そのノウハウを持った専門家の力を借りることで、集客はもちろん顧客満足度を上げることも可能です。

続いて、ホテル集客代行サービスに依頼をすると、コスト面でどのようなメリットがあるかを説明します。

ホテル集客代行のメリット

ホテル集客代行サービスを利用するメリットを解説していきます。具体的には、集客数や売上の改善、専門家の知識と技術の活用、時間と手間の削減などの観点から、どのような利点があるのかを明らかにしていきます。

この情報をもとに、ホテル集客代行サービスが自社に適した選択肢であるかをぜひ判断してみてください。

集客数や売上の改善が見込める

ホテル集客代行サービスでは、専門家の知識や経験を活かした施策が行われ、集客数や売上の改善が見込めるでしょう。また、その成果は数字で可視化されるので、施策の効果を客観的に評価できます。

これにより、投資対効果を把握しやすくなり、今後の経営戦略やマーケティング施策に活かすことが可能です。さらに、専門家が競合他社との差別化を図った戦略を提案してくれるので、市場での競争力を高めることに関しても期待ができます。

コスト面でのメリット

自社でマーケティング担当者を雇用する場合、その人材の確保や育成にかかるコストが高額になる場合があります。それに対して、ホテル集客代行サービスは、専門家の力を借りつつも最短で効率よく結果を出してくれるため、コスト面でもメリットを享受することができます。

また、マーケティングやレベニューマネジメントなどの専門スキルを持った人材を採用するとなると、最低でも毎月40万円以上かかってくるでしょう。どういった内容を依頼するかにもよりますが、外注費用の方が安く収まるケースもあります。

時間と手間を削減して効率化

自社で集客施策を展開するには、知識や技術を習得するだけでなく、実践するための時間や手間が必要となります。しかし、コンサルティングや集客代行サービスを活用することで、その手間と時間を大幅に削減することができます。

自社のリソースを他の重要な業務に集中させることが可能になり、効率の向上や、より良いサービス提供に注力できるようになるため、顧客満足度を上げられます。

ホテル集客代行のデメリット

ホテル集客代行サービスを利用することでたくさんのメリットがあることは、ここまででご理解いただけたかと思います。しかし、集客代行サービスを利用するのであればデメリットも気になりますよね。

続いては、外部委託を検討するときに注意すべきポイントを紹介していくので、自社に最適な選択や対策を行いましょう。

コストがかかることがある

ホテル集客代行サービスを利用する際には、基本的にコストがかかります。自社でマーケティング担当者を雇用するよりは比較的安価であるとはいえ、外部にサービスを委託するためのコストがかかることは覚えておくべきです。

そのため、利用するサービスの内容や費用をよく比較検討し、自社に適したサービスを選ぶことが重要です。おすすめは、フルパッケージだけではなく、必要なサービスだけ依頼できる会社です。

外部の専門家が抱える問題について理解が必要

ホテル集客代行サービスを利用する場合、外部の専門家が抱える問題について理解する必要があります。たとえば、代行サービスを提供する企業の人員不足や、担当者のミスによる問題などが挙げられます。こうした問題に対応するために、最低限の知識は理解しておく必要があります。

また、定期的なコミュニケーションや報告を行うことで、進捗状況や問題点を共有し、円滑な協力体制を築くことが大切です。

自社の特性に合わない場合がある

ホテル集客代行サービスを利用する場合、自社の特性に合わない場合があることも覚えておくべきです。あまり知見のない企業を選んでしまうと、自社のターゲットや特性に合わない集客を行なってしまう可能性があります。

代行サービス提供企業の実績や専門分野を事前に調査をしたり、契約する前に詳細な打ち合わせやヒアリングを行い、自社の要望や期待を伝えることで、契約後の方向性の相違を防げるので、相談してから検討しましょう。

まとめ

「ホテル集客代行サービスやコンサルティングサービスを活用するメリット・デメリットを解説」は以上となります。

2020年時点で、ホテルや旅館でデジタル化を導入しなければ5年以内に約70%は廃業に追い込まれてしまうと予測されているので、後3年余りとなります。

人材獲得が厳しい状況では、今まで通りの運営方針ではなく、外部委託で専門業者に任せることも視野に入れるべきではないでしょうか。

OTA運用代行からWebマーケティングを一括でサポートをしている我々micadoでは、さまざまな課題を解決したり、社内のノウハウを蓄積するためのコンサルティングサポートを提供しています。

「社内のマーケティング力を上げていきたい」や「予約を増やすOTA集客のノウハウが知りたい」など、成功事例をつくりながらノウハウを蓄積していくコンサルティングをご希望のホテル・旅館様は、無料でオンライン相談も行なっております。

他の人はこちらも読んでいます

  • micadoの無料eBook

    今この記事をお読みの方にピッタリの教材はこちらの2つ!

    eBook一覧

    ダウンロード

    ダウンロード

    MORE FROM mint
    セミナー動画まとめ視聴
    動画で学べるホテルマーケティング
    会員限定コンテンツ
    無料登録で非公開の情報も見放題
    メルマガ登録
    常に最新のマーケティング情報を収集
    Contact
    お問合せ
    お気軽にご相談ください→
    Company
    会社概要
    詳しくはこちら→
    Recruit
    採用情報
    詳しくはこちら→