閉じる 
デジタル戦略・戦術 ホテルマーケティング ホテル業界ニュース

2023.11.21

2023.04.07

「ホテル 人材不足」を解決! DX活用と業務委託で人材不足を克服する方法

ホテル業界は、コロナ禍によって多くの課題を抱えるようになりました。特に、人材不足は深刻な問題となっており、経営者や従業員の皆さまは頭を悩ませていることでしょう。

本記事では、この「ホテル 人材不足」の解決策として、DX活用と業務委託を駆使する方法を解説します。これらの方法を取り入れることで、ホテル・旅館業界における人材不足の克服が期待できます。ぜひ参考にしていただき、業界全体の発展に貢献しましょう。

ホテル業界における雇用の変化と人材不足がもたらす影響

コロナ禍は、ホテル業界に大きな影響を及ぼしています。帝国データバンクの調査によると、2023年1月時点で人材不足を感じている企業の割合は、正社員では51.7%、非正社員では31.0%という業界で2番目に高いデータを出しています。

働き手に対するニーズも変化し、「賃上げ」は避けることができない条件なのと、柔軟な雇用形態やスキルが求められるようになっていることが言えます。

また、人材不足はホテル業界にさまざまな影響をもたらしています。たとえば、従業員の過労やサービス品質の低下、経営者の労力増加などが挙げられます。これらの問題は、業界全体の競争力低下やイメージの悪化につながりかねません。

国内需要だけでなく、インバウンド需要も急回復してきたことから、各地のホテル・旅館の稼働率はコロナ前の水準に戻ってきてはいるものの、人手が足りずに全ての客室を提供することができないという実態もあるのです。

人材不足の解決のためには、ホテル業界における働き方改革が不可欠です。労働時間の見直しや福利厚生の充実、柔軟な雇用形態の導入など、働く環境を整えることで、新たな人材の獲得や既存の従業員の定着を図ることができます。

働き手のニーズに合わせた教育・研修制度を導入すればスキルアップやキャリア形成をサポートでき、人材の確保に繋がります。

これらの取り組みを進める中で、DX活用や業務委託がホテルにおいて人材不足解消の一助となることが期待できます。続いて、具体的なDX活用方法や業務委託の選定ポイントについて解説していきます。

DX活用と外部委託で解決できるホテルの人材不足

ホテル業界におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)活用は、人材不足の解消に大きく貢献します。効率化や自動化によって従業員の業務負担を軽減し、人材を適切に配置することが可能になるでしょう。

AI(人工知能)やロボット技術を活用することで、受付業務や客室清掃などの一部業務を自動化でき、チェックイン・チェックアウトの手続きをAIを使った自動受付にすることで、従業員の負担軽減と効率化ができます。

さらに、在庫管理や予約管理などの業務もデジタル化することで、作業効率の向上にもつながります。こうした取り組みにより、人材不足を緩和し、従業員の働きやすさを向上させることができるのです。

その他にもホテル業界における人材不足の解消のためには、業務委託も有効な手段です。特に専門性が高い業務を外部業者に委託することで、従業員が本来の業務に専念できるようになります。

会計やITシステムの運用管理はもちろんのこと、Web集客やマーケティングも、専門的な知識と技術が求められる業務です。これらを外部業者に委託することで、効率的かつ高品質なサービスを提供できます。

ホテル・旅館業界ではWeb集客・マーケティングの重要性が増しており、専門家に委託することで、効果的なプロモーション戦略やターゲットに合わせた施策が可能です。これにより、集客力を向上させるだけでなく、ブランディングやリピーター獲得にも良い影響が期待できます。

専門業者とのパートナーシップを組むことで、ホテル運営に関する専門知識を活かし、業務改善や新たなサービス開発につなげられます。人材不足の解消だけでなく、ホテル業界全体の競争力向上にも貢献できます。外部委託を上手く活用し、ホテル・旅館の発展に繋げましょう。

ホテル・旅館に特化した専門業者を選ぶポイント

ホテル・旅館業界のニーズに合ったサービスを提供できる業者を選ぶためには、その業者が持つ業界経験と専門知識が大切です。ホテル業界に精通している業者であれば、業界特有の課題や市場動向を把握し、最適なソリューションを提案してくれるでしょう。

専門業者を設定する際には、実績と評価も重要なポイントです。過去にどのようなホテル・旅館と取り組み、どの程度の成果を上げたのかを確認しましょう。また、クライアントからの評価や口コミも参考になります。信頼性の高い業者を選ぶことで、効果的な対策が期待できます。

まとめ

2020年の時点で、ホテルや旅館でデジタル化を導入しなければ5年以内に約70%は廃業に追い込まれてしまうと予測されているので、後3年余りとなります。

人材獲得が厳しい状況では、今まで通りの運営方針ではなく、外部委託で専門業者に任せることも視野に入れるべきではないでしょうか。

OTA運用代行からWebマーケティングを一括でサポートをしている我々micadoでは、さまざまな課題を解決したり、社内のノウハウを蓄積するためのコンサルティングサポートを提供しています。

「社内のマーケティング力を上げていきたい」や「予約を増やすOTA集客のノウハウが知りたい」など、成功事例をつくりながらノウハウを蓄積していくコンサルティングをご希望のホテル・旅館様は、無料でオンライン相談も行なっております。

他の人はこちらも読んでいます

  • micadoの無料eBook

    今この記事をお読みの方にピッタリの教材はこちらの2つ!

    eBook一覧

    ダウンロード

    ダウンロード

    Contact
    お問合せ
    貴社の施設規模や課題に沿って
    最適なプランをご提案いたします→
    Company
    会社概要
    詳しくはこちら→
    Recruit
    採用情報
    詳しくはこちら→