競争を避ける戦略が”カギとなる!施設周辺のホテル・旅館に差をつけるために取り組むべきこと

コロナ禍が続く中でも、前年同月に比べたら回復してきているホテル・旅館は増えてきたのではないでしょうか? とはいえ、コロナ前と比較すると厳しい状況に変わりはないかと思います。

春を迎えたことによって、宿泊市場も少しずつ賑わってきている中で、獲得する予約件数を増やしていくためには、戦略的な集客を行わなければなりません。

そこで今回は、全国のホテル・旅館のデジタルマーケティング支援に取り組んでいるmicadoが、どこの宿泊施設でも行える差別化戦略について解説していきます。

アフターコロナを見据えて、改めてホテルブランディングについて考えるキッカケになるので、ぜひ最後までご覧ください!

今の宿泊業界に差別化は欠かせない

ここ数年間で、日本の宿泊情勢は大きく変化しているのは皆様も実感しているのではないでしょうか。

OTAやメディアはどんどん増えていき、インターネット上で宿泊予約するユーザーも、あらゆる媒体を使っています。その中でも、注目されるホテル・旅館になるためには、Webにおける戦略的な施策が求められるのです。

例えば、現代社会に欠かせないSNSは、ものすごい影響力を持っていて幅広いユーザーへの拡散も期待できます。では、「どうやって話題性を生み出すのか?」と気になったかと思いますが、SNSは情報を発信するだけでなく、マーケティングの観点が重要になります。

SNS上で拡散されたり、話題になった”バズ”を自らが生み出すためには、成功事例を参考にしましょう。

「なぜバズったのか?」「なぜ話題になってるのか?」を紐解くことで、ユーザーが求めているものがわかり、他社の戦略を活用することもできるようになります。

競合に差をつけるために取り組むべきこと

特に、ホテル・旅館の差別化戦略がとても大切な理由としては、同じ地域に同じような形態の施設が多いからです。

OTAや公式サイトで情報収集をしても、同じように見えてしまい、違いがわかりづらいことから予約に繋げにくい…という課題を抱えている宿泊施設は多いかと思います。

競合や地域周辺の宿泊施設と差別化をするためには、差をつけたいホテル・旅館の動向について調査することが重要です。

他の施設がどのようなことをやっているかを把握しない限り、差別化要因を生み出すことはできません。イメージだけでなく、その施設の取り組みを徹底して情報収集をすることが差別化戦略の立案にも繋がります。

大手ホテル会社では、競合差別化を図るために、情報収集を徹底しているからこそ経営がブレることなく、お客様に支持される状態が実現できているのでしょう。

コロナ禍をキッカケに変化する宿泊業界で生き残るためには、差別化戦略をしっかりと組み立て、ホテルブランドを再構築することが数年後・何十年後の運営に影響していきます。

OTA集客以外で、ホテルマーケティングを強化していこうと前向きに検討している施設様は、まずは日本の観光産業はどうなる?注目されるホテル・旅館の共通点とは?をご覧ください!

今の時代、新しい取り組みで現状を変えること

今回は、コロナ禍の中だからこそできる”競合差別化”の重要性について解説しました。

従来のOTA集客のでは、例年の予約件数を上回ることが難しくなっているのも事実。SNSやWebメディアなど、情報収集できるWeb媒体が増えていることから、今までと同じやり方をしていては良い結果を期待しづらくなっています。

新しい取り組みをするにあたって、改めて自社のポジションを知ったり、強みや弱いを再確認することは重要です。数年前では強みだった部分も、今では当たり前になっている可能性もあります。

私たちはこれまで培ってきた支援実績から得た経験や独自のノウハウを基に、ホテル・旅館さまの望む結果を出すための最適な提案をさせていただきます。

専門業者にマーケティング周りを依頼しようと考えている施設さまは、ホテルマーケティング会社って何なの?主な業務内容と相場について徹底解説!をお役立てください。また、お問い合わせフォームよりご連絡いただければ、Webサイトのチェックを含めたオンラインミーティングを実施いたします。

また、我々micadoが売上改善に成功したデジタルマーケティングの事例を6選を紹介している無料でダウンロードできる資料もご覧いただけるので、下記よりぜひご請求ください。

売上改善に成功した宿泊施設の取り組み事例6選

投稿者プロフィール

渡邉典史
渡邉典史
デジタルマーケティングによる集客戦略を担当。独立後コンテンツマーケティングにおける企画立案から記事作成などを行い、サービス提供開始から最短2ヶ月で集客数6.5倍を達成。Googleアルゴリズムの研究を行い、SEO,MEO対策の目標達成が短期間で可能。海外経験を活かしインバウンドマーケティングの責任者としてホテル・旅館を中心に集客支援を行っている。