ホテルマーケティング会社って何なの?主な業務内容と相場について徹底解説!

ホテル・旅館がWeb制作会社を選ぶコツ!メリット・デメリットを解説 の記事でもお伝えしたように、新型コロナウイルスの影響によって、宿泊需要が下がったことから、外注する業者の見直しをする施設さまが増えています。

従来のOTA集客だけでは、獲得できる予約数が減っていることから、デジタルマーケティングを活用した認知や集客力の向上が重要視されているのです。

そこで今回は、ホテルマーケティング会社に依頼するときに知っておきたい業務内容や相場について紹介していきます!

ホテルマーケティング会社って何のこと?

実はホテルマーケティングに特化している会社は少なく、OTA以外で集客を拡大するにはデジタルマーケティング会社へ委託するのが一般的です。

その名の通り、デジタルマーケティングを実践していくにあたってホテル・旅館に特化しているかしていないのかが異なるポイントとなります。

主に行う業務内容は変わらないのですが、宿泊施設の運営形態はかなり特殊なので、宿泊需要などに配慮したレベニューマネジメントの思考を持って施策ができる会社はまだまだ少ないのです。

ホテルマーケティング会社の取り組みとは?

ホテルマーケティング会社では、OTA運用代行も業務として受け付けていますが、主には施設の公式サイトを軸に集客活動を取り組むのがメインとなります。

OTAからの予約獲得ももちろん重要ですが、近年のOTA市場では、OTA独自の割引や宿泊単価の低下などマイナス要因が多く、施設の利益率が低下しているのです。

さらに、施設タイプの多様化やコロナなどのイベントリスクを起点に、宿泊を検討するユーザーの求めているものが変化しています。

そこでOTAで予約をするユーザーも訪れる公式サイトの打ち出し方が重要になってきました。

Web上の仕組みも兼ねて、公式サイトに訪れるユーザーは増えてきていることから、流通チャンネル(OTA)を介さずに企業と見込顧客が直接接触する販売チャンネル(公式サイト)の強化が必要になっているのです。

ホテルマーケティング会社を選ぶコツとは?

続いて、ホテルマーケティング会社に業務委託するときにチェックしておきたいポイントを3つご紹介します。

1.宿泊業界とWeb業界に流通しているか

先ほどもお伝えした通り、宿泊施設の運営形態はかなり特殊なので、地域ごとの特色や宿泊需要の高低差などの知見はあるかをチェックが重要です。

デジタルマーケティング会社でも、ホテル・旅館の広告運用やSNS運用に携わっている企業は少ないなのですが、宿泊業に特化しているわけではありません。

さらにデジタルマーケティングを活用しての認知・集客力の向上をするので、どのような施策を実践してくれるのか、施設にニーズマッチした施策をしてくれるのか見定めをしましょう。

2.自社へのノウハウとして蓄積できるか

宿泊業界はデジタルマーケティングに特化したリソース(人財)が少ない業態なので、外部の専門業者に依頼されている施設も少なくありません。

しかし外注しているだけでは、やはり外部コストが減ることはありません。契約するにあたって、自社のノウハウに蓄積できるかも契約時に参考にするべき指標です。

デジタルマーケティングという分野はかなり広いので、自社のみで補える部分はスタッフで賄い、そのコストを新たな施策に費やすのが理想的な外部委託となります。

3.相場は「10万円〜20万円」が妥当!

OTA手数料やシステム料金など、ただでさえ支出が多い宿泊施設ではマーケティング予算もかなり絞られているでしょう。

デジタルマーケティングの相場は、業務を依頼する会社によって大きく異なるので、複数の会社から話を聞いてしっかりと見定めることが失敗しないポイントです。

ホテル・旅館が自社の集客力を伸ばすのであれば、1施設あたり平均10万円〜20万円となります。もちろん、施設規模によって、かかる費用も変動するので、そちらもしっかりとチェックをしましょう!

要望を聞いてくれるパートナー探しを

今回は、ホテルマーケティング会社の詳細について紹介いたしました。

集客が難しい時期ではありますが、さらに先を見据えて新しい施策に取り組んでいるホテル・旅館も少なくありません。

いつか来たる波に乗り遅れないように、今できることはぜひ取り組んでみてください!

安定した集客が難航している中で、具体的に何を取り組むべきなのかが知りたい方は、【GoToトラベル一時停止の延長決定】優先順位度の高いWeb上での対策とは?をご覧くださいませ。

我々micadoはこれまで培ってきたクライアントの支援実績から得た経験や独自のノウハウを基に、ホテル・旅館さまの望む結果を出すための最適な提案をさせていただきます。

お問い合わせフォームよりご連絡いただければ、Webサイトのチェックを含めたオンラインミーティングを実施いたします。

また、micadoの詳細をもっと知りたい方は、ホテル・旅館に向けたマーケティング知識やノウハウを公開している弊社メディアをご覧ください。

売上改善に成功した宿泊施設の取り組み事例6選

投稿者プロフィール

渡邉典史
渡邉典史
デジタルマーケティングによる集客戦略を担当。独立後コンテンツマーケティングにおける企画立案から記事作成などを行い、サービス提供開始から最短2ヶ月で集客数6.5倍を達成。Googleアルゴリズムの研究を行い、SEO,MEO対策の目標達成が短期間で可能。海外経験を活かしインバウンドマーケティングの責任者としてホテル・旅館を中心に集客支援を行っている。