ホテルは無人化するべきか?今後の宿泊業界の流れを予測した結果…

稼働率回復するまでに…

昨今、新型コロナウイルスの影響により宿泊施設含む観光業界は大打撃を受けており、この事態の収束の目処も立たず、多くのホテルや旅館は一時閉業をしたり、経済がストップされています。

過去のSARS(重症急性呼吸器症候群)を超えており、宿泊業界の方たちの声を参考にしたところ、稼働率回復までに1年以上かかることが予測されています。

RevPAR(販売可能客室数あたりの客室売上)の回復も数年かけて、赤字を取り戻していくような流れでしょう。

収束後の旅行ブームメントが来るのは、ほぼ確実ですが、そのときまでにホテルや旅館のキャッシュは耐えられるかが勝負所です。

営業再開ができても、しばらくの間は低稼働率が続くと思われるので、固定費をキュッと絞って何とか耐えなければなりません。

これからの宿泊業界の動向はどうなっていくのでしょうか?

ホテル運営は無人化するべきなのか?

新型コロナウイルスだけに関わらず、デジタル化の浸透などを踏まえると、ホテル運営は何かしら変わらなければなりません。

集客媒体を増やしたり、OTAに頼らずとも予約を獲得できる仕組みづくりや、施設ブランディングをするためのSNS運用やオウンドメディア運用など。

今回のコロナウイルスで例えると、対面で接客しなくてもチェックインやチェックアウトを行えれば、感染リスクを最小限に抑えれるので、安全な宿泊を提供できます。(人口密度が少ない地域のペンションが満室に近かったのが事例です)

また、デジタル化を導入することで、可能な限り接客サービスのコスト削減につながり、固定費が下がり利益にも貢献できます。

つまり、今までの接客サービスを100%だとすると、50%の接客サービスに引き下げることで、運営コストを軽減することができます。

接客サービスが売りである宿泊施設は、方針を変える必要はありませんが、やはり経営面でみたときに、集客できなくなるリスクを考えると固定費は極力下げたいでしょう。

ただ、今まで有人化だった施設が無人化にシフトするのであれば、ブランドをリセットする覚悟は必要です。完全に無人化するよりは、業務の一部を無人化してお客様の声を聞いてみるのが良いでしょう。

「無人化はブランドとして戦える

個人的な意見では、宿泊施設の行き着くところは「無人化」がキーワードだと思っています。接客サービスが強みである宿泊施設と差別化するにあたって、異なるポジショニング戦略が展開できるからです。

人件費を削減するというより、接客サービスに費やすコストを削減して、販売戦略などマーケティングに人件費を費やしていくことが売上拡大に繋がります。

無人化ホテルを運営する上で、コンセプトメイクは極めて重要で、人のホスピタリティを感じれるような空間であることが生き残る条件ではないでしょうか?

接客サービスを削る分、施設内やお部屋では質問ごとがあっても完結できるようにしなけれなりません。その点でいうと、ホスピタリティを感じてもらえるように可視化させることが重要なのです。

民泊やビジネスホテルで「無人化」という切り口は既に知られていますが、ホテルや旅館の一部無人化または完全無人化はさらに増えていくでしょう。

生産性の高い集客戦略を実現するために

本記事のテーマになった「無人化ホテル」は宿泊運営でインパクトを与える存在だとおわかりいただけたでしょうか?

新型コロナウイルスの影響によって、ユーザー(旅行者)側の予約基準だけでなく、宿泊施設側でも運営体制の変更は余儀なくされます。

集客できないリスクが起きたときに、固定費を極力抑えることができる形態だけでなく、販売や宣伝にコストを費やせることから、利益率の高い宿泊施設を目指すことが可能です。

【本記事のまとめ】
・無人化は運営コスト削減できる
・デジタル化は必須になる
・無人化と有人化では市場が違う
・無人化のコンセプトメイクは難しい

冒頭でもお伝えした通り、この事態が収束する目処は予測できません。しかし、ふと気づいたときには、旅行者の客足は少しずつ回復していくでしょう。

自粛要請が解かれたとき、インバウンドが復活してくるときに備えて、今から自社サイトの見直しや販売戦略の見直しをしておくべきです。また、Web上での認知度を上げたり、競争を避ける集客戦略も同様です。

将来的に、OTA集客の割合を減らし自社サイトでの予約獲得を増やすのであれば、自社マーケティングの強化が求められます。

ホテルや旅館を運営する方に向けて、直接予約を増やすためのデジタルマーケティングの電子書籍を配布していますので、ダウンロードしてぜひ実践してください!

売上改善に成功した宿泊施設の取り組み事例6選

投稿者プロフィール

渡邉典史
渡邉典史
デジタルマーケティングによる集客戦略を担当。独立後コンテンツマーケティングにおける企画立案から記事作成などを行い、サービス提供開始から最短2ヶ月で集客数6.5倍を達成。Googleアルゴリズムの研究を行い、SEO,MEO対策の目標達成が短期間で可能。海外経験を活かしインバウンドマーケティングの責任者としてホテル・旅館を中心に集客支援を行っている。