『ブランドの価値を上げるSEO対策』予約に繋がるWeb集客術!

公式サイトとOTAの両方で予約を獲得していくために、ブランドの構築は欠かせません。

予約をする前にユーザーは「情報収集」を行います。施設内や周辺地域に良いコンテンツが揃っていても、知られていなければ予約には繋がらないので、印象に残るような露出をすることが重要です。

そこで今回は、Web上で宿泊予約を検討しているユーザーへ訴求するためのSEO対策について解説していきます。

期待できる成果は「施設ブランドの構築」

SEO対策とは、特定のWebページをGoogleやYahoo!の検索結果に上位表示するための施策のことです。

1ページ目に表示されるか2ページ目に表示されるかでは、クリック率が異なり、Webサイト自体に訪れてもらえる数は大きく変動します。

つまり、SEO対策を取り組むことによって認知されてアクセス数が増えると、コンセプトや存在価値などが理解され始めてブランドが構築されはじめます。

そもそも「ブランド構築」がホテル・旅館にとって重要な理由としては、施設周辺にも競合他社が点在していたり、ブランドやコンセプトに合わせた本来のターゲット層をより多く獲得するために欠かせないのです。

【SEO対策によって期待できる効果】

・Web上での認知度・集客力の向上に繋がる
・ブランドやコンセプトが理解されるようになる
・目標としている数値を達成できるようになる

ホテル・旅館がSEO対策をするにあたっての戦略

ホテル・旅館のSEO対策で代表的な事例としては、Webサイト内に上位表示させたいキーワードを盛り込むことです。

各ページのタイトルやディスクリプション (説明文)に施設の紹介文を書きながら、対策キーワードをなるべく多く記載します。その他にも、各ページ内に記載されているテキストの文字数も掲載順位に影響するので、画像のみの掲載は実は得策ではありません。

ほとんどの宿泊施設が実践していない施策は、「コンテンツマーケティング」です。

コンテンツマーケティングとは、対象のユーザーに向けて有益な情報を提供し、Webサイトにおける最終的な成果につなげる施策を指します。

ページの数を増やすことで、サイトパワーが高まるのでサイト全体の掲載順位も多くなるのです。つまり、前述でご紹介した”施設のブランド構築”に直結しやすい戦略となります。

ブランディングに長けた星野リゾートは、コンテンツマーケティングを率先してやっていることから、ホテル業界では飛び抜けた存在を確立できているのでしょう。

ホテル・旅館がSEO対策をするにあたっての戦術

業種・業種によってSEO対策のやり方は大きく異なります。宿泊施設の顧客になるのは一般消費者(旅行・ビジネス利用など)にあたるので、施設の魅力を伝えるための情報発信や予約行動に繋げる取り組みが重要です。

さて、具体的なSEO対策について解説していきます。

主に考えることは、宿泊施設を利用したいと考えているユーザーは、どのようなキーワードを検索するかを逆算することです。

例えば、沖縄県のリゾートホテルに泊まりたいと考えているユーザーは「沖縄 リゾートホテル」と検索するでしょう。また、”リゾートホテル”という言葉を細分化したときに、”おしゃれ”や”高級”と言い換えて検索するユーザーもいます。

基本的には、「ホテル+地域名」「ホテル+特徴」「ホテル+地域名+特徴」「ホテル+宿泊プラン名」などのキーワードによる検索行動が行われますが、開拓されていないキーワードがたくさんあるので、競合が少ないキーワードを網羅するといいでしょう。

先ほど紹介したコンテンツマーケティングは、あまり事例が出ていなかったり、OTA集客に依存している施設が多いことから、ほとんどの宿泊施設が実践していない施策だからこそ取り組むべきなのです。

自社のみで解決するのは想像以上に難しい

今回のテーマとなった「ブランドの価値を上げるSEO対策」はいかがでしたでしょうか?

SEO対策の戦略や戦術について検索すれば、あらゆる情報が出てくるので、自社でマーケティング部署やWeb担当者がいればある程度の対策は施せます。

すでにSEO対策は一般的な取り組みとも言えるので、差別化要因を加えた施策が欠かせません。しかし、一定のラインを超えると専門業者に任せた方が費用対効果が高いのは確実です。

ユーザーの反応に応じた適切な改善や定期的な見直しや更新をしたり、どのようなキーワードによって流入しているのか、各ページ内での行動を分析していく必要があるのです。

そういった改善を継続することで、サイト内におけるユーザーの行動は変化し、最終的な成果に繋がるようになります。”ブランドの価値を上げるSEO対策”をまだ実践されていない施設は、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

今回のテーマに関連している【ユーザーエクスペリエンスの重要性】印象に残りやすいWebサイトはココが違う!というコンテンツも役に立つので、ぜひお役立てください!

お問い合わせフォームよりご連絡いただければ、Webサイトのチェックを含めたオンラインミーティングを実施いたします。

micadoの詳細について知りたい方は、ホテル・旅館に向けたマーケティング知識やノウハウを公開している弊社メディアまたはサービスページをご覧ください。

予約がキャンセルされにくいWebサイトの仕組みとは

投稿者プロフィール

渡邉典史
渡邉典史
デジタルマーケティングによる集客戦略を担当。独立後コンテンツマーケティングにおける企画立案から記事作成などを行い、サービス提供開始から最短2ヶ月で集客数6.5倍を達成。Googleアルゴリズムの研究を行い、SEO,MEO対策の目標達成が短期間で可能。海外経験を活かしインバウンドマーケティングの責任者としてホテル・旅館を中心に集客支援を行っている。