SNS投稿でホテル予約を増やすために意識するべき3つのポイント

最近では、Web集客を強化するために「SNSマーケティング」が重要視されています。しかし、アカウントを運用していても、フォロワーが増えない、SNSから公式サイトへの流入や予約が増えないなどの悩みや声を多く耳にします。

今回は、インスタグラムの運用についての記事となっており、ホテルや旅館様がどのような投稿をすればいいのか、またはフォロワーを増やして認知度を上げるために投稿で意識するべきポイントをご紹介します。

SNSを強化したいとお考えの方は、ぜひご覧ください!

単調なSNS投稿は避けよう

まず、ホテルや旅館のインスタグラム投稿を分析したところ、趣味の写真や施設に関係ない写真などが投稿されているケースが多い傾向でした。

インスタグラム運用する目的を宿泊の予約数を増加させることだったら、ユーザーはどういった投稿を求めているでしょうか。施設のSNS投稿を目にしたときに「宿泊施設に泊まりたい」と思わせるためには、どのようにアカウントを運用すれば良いのでしょうか。

以下では、インスタグラム上でよく見られる惜しい投稿の事例集を取り上げています。

①画像だけの投稿

投稿の頻度は多くても、画像のみの投稿ではユーザーのアクションは期待できません。ユーザーはインスタ映えだけでなく、有益なコンテンツ(情報)も求めています。

②ターゲットが絞れていない投稿

どのようなお客様に泊まってほしいかのターゲット選定ができていないことにより、統一感のない投稿になりがちなホテルや旅館のSNSが見られます。

ターゲットとしている層からのアクションを目指すであれば、一貫性のあるコンテンツが効果的です。

③投稿頻度がかなり少ない

SNSアカウントを運用していても、投稿の頻度が少ないと、「いつ見ても更新なしか…じゃあまた今度みても一緒だよね→フォローを外そう」という行動をしてしまいます。

可能な限り投稿頻度は多い方が、より多くの人からの認知が見込めます。

④宿泊施設に関係ない投稿

風景の写真や料理の写真など、投稿を見たユーザーが滞在しているイメージが湧かないような投稿をしてしまいがちです。この点に関しては、ユーザー目線になりきれていないことが言えます。

フォロワーを伸ばすためにはSNSマーケティングが必須になります。「誰に・何を・どのように」という部分を明らかにすることで、投稿を目にした人のアクションを促すことができるでしょう。

インスタグラムの成功させるために

SNS集客を改善しようとしたときに、インスタグラム投稿をするときには「写真+文章」は絶対条件です。

何を当たり前なことを…思われた方もいるのでしょう。しかし、文章で施設の何を伝えるか、ターゲットに対して魅力を伝えることができるかを考えることが大切です。

宿泊施設であれば、キャンペーンや特典などについてのお知らせや、施設周辺や地域でのイベントのお知らせをすることで、予約のキッカケも作れます。

投稿する写真をお部屋の写真や利用されやすいスペースなど、昼と夜での雰囲気の違いを見せてあげたり、統一感を出すことも意識しましょう。また、ハッシュタグ(#)はインスタグラム内で検索するときのキーワードになるので忘れずにつけてください。

SNSマーケティングの需要はまだ続く

SNSで集客拡大を狙うのであれば、「ただ投稿する」だけでは良いコンテンツとは言えません。誰に向けて投稿するのか、どんなコンテンツが刺さるのか、宿泊してほしいターゲット層を明らかにすること。そして、投稿した一つひとつのコンテンツの分析も行うことが、SNSを成長させるためのポイントだとおわかりいただけたでしょうか?

宿泊予約は商品やサービスを購入すると条件と少々異なることなります。SNS投稿を定期的に行い、ユーザーの興味度合いを上げることができれば、予約される可能性も十分に考えられます。

予約獲得がゴールだとしても、SNS上でさまざまなアプローチができるので、今からでも投稿を意識してみてください。

【本記事のまとめ】
1.SNS上でのターゲット選定
2.定期的な投稿で認知度がは上がる
3.宿泊体験を想像できる写真の投稿

投稿してユーザーの反応を待つだけでなく、実際にどれくらい見れたのかをアナリティクス(分析)ツールを用いて、時間帯やエンジゲージ率を調査することで、現状どのようなユーザーに見られていて(年齢や性別など)、具体的な改善策までを立案することができます。

「相手が見たいだろうな〜」と思うものをよく考えて。施設が載せたいものは適切な頻度で、他の投稿と色や雰囲気をなるべく統一することで、一つの投稿だけでなく、全体的で見てもインスタ映えします。

インスタグラムの共通言語は「写真」なので、今からでも決して遅くありません。

自社サイトやオウンドメディア、SNSで予約獲得を狙うためには、自社マーケティングの強化が重要です。

現在宿泊事業様に向けて、Web上で行えるマーケティングの電子書籍を配布していますのでぜひご覧ください!

OBOへの取り組み2020年以降の宿泊業界の流れとは

投稿者プロフィール

kazuki funayama
kazuki funayama
江戸川区の町工場地域出身。下町育ちで人情深い一面がある。
好きな言葉は「他人を儲けさせろ。そうすれば自然と自分も儲かる。」
ゲストハウスで働いていた経験と地域にインド系、中華系の人々が多いことから国内における外国人の就職を手伝いたいと思い早稲田大学在学中に国際人材紹介業界に飛び込む。中国、ベトナム、フィリピンをはじめとした多くのアジア諸国、地域に訪問し、優秀な外国人人材獲得の現場交渉を行い各地を奔走。その結果、1000人を超える架け橋となり多くの日系企業の人手不足問題を解決する。現在は株式会社micadoにて企業採用ページのWeb分析、改善をする事によって企業の安定した優秀な人材獲得に尽力するため日々精進している。