予約数の増加!?ホテルの認知度を上げるSEO・MEO対策の特徴とは

検索ヒット率が下がるホテルや旅館

Webサイト上には無数の情報で溢れており、ホテルや旅館では一人ひとりの宿泊体験は違い、評価・口コミは異なります。お客様がGoogleやYahooで宿泊するホテルや旅館を検索するときに、「地域名+ホテル名」と入力と検索するのが一般的です。

地域にあるホテルや旅館のまとめ記事のサイト、楽天やじゃらんのようなOTAのトップページなど、宿泊施設に関わる媒体が表示されます。ここ数年で、国内の施設数が急増したことにより「地域名+ホテル」で検索してもヒットしづらかったり、OTA内での閲覧率低下や、宿泊単価の低下などが見受けられます。

さらに、宿泊予約を考えているお客様は、複数の施設を調べて比較しています。予約競争に巻き込まれては集客困難になってしまうので、「待つ集客」から「呼び込む集客」に切り替えることが予約数を改善できるポイントになるでしょう。

本記事は、ホテルや旅館の集客におけるマーケティング戦略の内容となっており、Web上でより認知度を上げるための方法と特徴をお書きしました。

お客様が求めるホテルや旅館の「予約条件」とは?

ホテル予約のためにWeb検索するお客様は、認知した宿泊施設に興味があって検索するお客様宿泊しようと検討しているお客様のざっくり2タイプに分かれています。

また、ホテル検索するユーザーのなかに予約の検討すらしていない層も多く、宿泊を考えている多くのお客様は「お得感」を重視した予約検索をする傾向が強くメタサーチ(比較検討サイト)を利用して、最安値の予約方法を探しています。

ホテルや旅館の課題としては、より購買検討熟度の高いお客様に目にしてもらうために、デジタルマーケティングが欠かせません。

今後のホテルや旅館で行うマーケティング戦略で必要とされるものは、SEO対策に沿ったサイト構築やコンテンツ発信」と「地図検索を活用したMEO対策」です。

これら2つの対策を行うことで、どのような集客効果があるのかを以下で説明していきます。

SEO対策による集客効果

Web業界だけでなく、他の業界でも耳にする機会が多くなってきたであろうSEO(検索エンジン最適化)は、GoogleやYahooで検索したキーワードに対して上位表示を狙い、Webサイト上で設定している目標を設定するための施策のことを指します。

上位表示されることで、検索したユーザーの閲覧率が増えたり、Webサイトで目標としている商品購入やお問い合わせの確率が上がっていきます。

購買検討熟度の高いユーザーが調べそうなキーワード選定が重要で、そのキーワードを独占するためのサイト構築やコンテンツ投稿(ブログなど)をこまめに行わなければなりません。

ホテルや旅館のWebサイトの構築は予約率を上げるのはもちろん、施設ブランディングの形成も必要です。さらに、ホテル予約でOTAを利用した約半分のユーザーは、施設サイトを閲覧して比較しているデータもあります。

それらを踏まえて、GoogleやYahooで検索したときに上位表示されている前提で、Webサイト上での宿泊体験をイメージさせられるような、魅力が伝わりやすいデザインにすることが予約成約率の改善に繋がります。

SEO対策について気になる方は、こちらの【ホテルWeb戦略】自社サイトでのSEO対策は本当に必要なのか!? をご覧ください!

認知度を高めるMEO対策

MEO(マップエンジン最適化)とは、Google Mapを利用する地図検索のことを指し、「業種+地域名」「サービス内容+地域名」と、Googleマップでの利用率が上がっています。ホテルや旅館の地図検索が増えていて、Google Mapから公式サイトを閲覧だけでなく、立地やアクセス方法を含めた検索もします。

滞在日数に紐づけて移動時間を計算したり、旅行の細かなスケジュール設定をしているユーザーは、予約検討熟度の高い層といえるでしょう。このような直近で旅行に行こうと考えているユーザーの検索があることから、オーガニック検索と異なるユーザーを獲得できるのがMEO対策のメリットです。

設定から運用までも簡単なので、まだ始めてない方にはおすすめしたいツールです!

MEO対策について気になる方は、こちらの地図検索で予約は増える!!ホテルや旅館に必要なMEO対策とは? をご覧ください。MEO対策の特徴が外注依頼の相場をご説明しています。

ホテルや旅館がマーケティング強化するために

今後、ホテルや旅館が売上や集客を強化するためには、OTA集客だけでなく、Webサイトの構築やそのためのSEO対策やMEO対策が必要だとおわかりいただけましたか?

マーケティング担当がいない宿泊施設は、採用より専門業者に依頼した方がコストの負担も少ないでしょう。外注依頼するときに、失敗しない業者の選び方についてはこちらの記事を参考にしてください!

SEO・MEO対策は国内旅行者だけではなく、訪日外国人旅行者に向けて発信やアプローチもできるので、マーケティングの戦略次第では爆発的に伸ばせる可能性も十分にあります。

そのためには適切な施策を実践し、Web上に”ただ”掲載するだけでなく、Web上での収益を伸ばせる施策を行いましょう。2020年からの宿泊予約市場を予測した電子書籍を提供していますので、これからのオンライン集客のトレンドを抑えて、予約数拡大を目指しましょう!

予約がキャンセルされにくいWebサイトの仕組みとは

投稿者プロフィール

渡邉典史
渡邉典史
デジタルマーケティングによる集客戦略を担当。独立後コンテンツマーケティングにおける企画立案から記事作成などを行い、サービス提供開始から最短2ヶ月で集客数6.5倍を達成。Googleアルゴリズムの研究を行い、SEO,MEO対策の目標達成が短期間で可能。海外経験を活かしインバウンドマーケティングの責任者としてホテル・旅館を中心に集客支援を行っている。