【ホテル集客術】広告よりも費用対効果の高いMEO対策とは?

宿泊施設の予約方法は、OTAと自社サイトの2つの方法がありますが、それらに辿り着くまでにSNSやオウンドメディア(ブログ)や広告など何通りもの方法が挙げられます。本記事では、密かに注目されている「MEO対策」という、Google Mapを利用する地図検索の運用方法についてご紹介していきます。

ホテル・旅館で需要の高まるMEO対策

ホテルや旅館がMEO対策を取り組むべき理由としては、お客様の検索方法や宿泊条件が変わってきているからです。また、「施設名+地域名」「ホテル名+宿泊プラン」「旅館名+温泉」と、Googleマップで検索するユーザー数が増えているので、集客チャネルの多様化をすることで拡販につながります。

MEO対策の優れている点としては、SEO対策ほど上位表示がハードルが高くなく、低コストで運用することができます。とは言いつつも、継続的な運用や具体的な戦略を立てなければ上位表示は難しいでしょう。

Googleで情報を検索するときに、表示カテゴリは「全て」と出てきます。右隣に表示されている「地図」を選択すると、上記のような検索結果になります。地図検索は宿泊施設の比較検討がしやすく、エリアを縮小すれば右側にマップも出てくることから、立地も踏まえながら調べることが可能です。

一つのページでいろいろな要因を掛け合わせて検索できることから、ホテルや旅館はMEO対策を導入するべきだと言えます。エリア検索するユーザーの傾向としては、そもそもの予約検討熟度が高く、スムーズに予約完了する傾向もあります。その予約媒体はOTAではなく自社サイトを閲覧されやすいのです。

Google検索で「地図」からエリアを絞り、表示されている施設をクリックすると、上部にこのように表示されます。このさらに上部には施設の写真が表示されているので、どのような施設が情報取得が可能です。

「部屋を予約」というボタンがありますが、ユーザーが宿泊予約するときの傾向としては、全体ユーザーの約半分ほど、施設のWebサイトでさらに情報を取得する行動に至ります。

ということは、左に表示されている「ウェブサイト」をクリックするユーザーもいることを踏まえて、MEO対策をして上位表示されれば、自社サイトからの予約流入も見込めます。

OTAの支払い手数料が削減できるだけでなく、自社サイトで予約したユーザーはWebサイト上で良い体験をしたから、良い体験ができそうだから予約したことが考えられるので、施設ブランディングにも紐づきます。

通常の検索方法にあたるオーガニック検索はSEO対策にあたり、こちらで上位表示されると効果は大きいのですが、大手企業は特定の検索キーワードで上位表示を獲得するために莫大なコストを費やしています。つまり、予算の関係で勝つことが厳しい企業は、検索結果が小さいところを少しずつ占めるしかありません。

一方、地図検索のMEO対策は企業の規模は関係なく、できる対策が決まっているので、適切な対策を定期的に行うことで上位表示されやすい傾向にあります。口コミの点数でも評価されることから、接客サービス業である宿泊施設は上位表示されるチャンスが大きいので始めるべきなのです。

最近では、地図検索を行うユーザーが増えてきたので、Googleマイビジネス登録するホテル・旅館も増えてきました。ですが、集客につなげるMEO対策を実践している施設は少ないので、早めに始めることで予約競争から抜け出すことができます。

MEO対策の費用対効果と相場コスト

宿泊予約を促進させることのできる方法をいくつか取り上げてみましたので、下記を参考にご覧ください。

MEO対策は認知度向上の期待も秘めていることから、広告費の削減につながります。SEO対策とは異なる検索結果となるので、両方の対策をバランス良く行うことで、相乗効果も期待できます。

MEO対策は上位表示するためのキーワード選定や定期的な情報の投稿をすることが検索順位を上げるポイントですが、宿泊施設は日々の業務が決まっていたり、マーケティング担当が少ないので、キーワード選定や競合調査を細かくチェックするのは難しでしょう。

宿泊施設はさまざまなキャンペーンを打ち出していることから、投稿するネタは尽きないのですが、Web上の対策を行える余裕がないのがデメリットだと言えます。

MEO対策を専門業者に依頼しようとすると、平均では23万円、高くても月に4万円ほどかかります。初期費用は取る会社と取らない会社があるので、内容にもよりますが、固定費用の多い宿泊施設では低コストな方を選択するべきでしょう。

MEO対策は直接予約の「カギ」となる

低コストで集客力を伸ばせるMEO対策はいかがでしたでしょうか?

【MEO対策のメリット】

・低コストで集客力を伸ばせる
・自社サイトからの予約が増える
・競合施設との差別化ができる

エリア検索から自社サイトの予約に結びつけるには、Webサイトで取得できる情報を整理することで、予約獲得数の増加に繋がります。また、OTA集客の割合を減らすためには、Web上全体での集客戦略に取り組むことで、競合施設との差別化も可能です。

MEO対策をするのとしないのとでは必ず表示順位に差がでます。始めたいけれど業務の関係上始められない方は外注することをオススメするくらい、集客に欠かせない対策です。

ホテルや旅館のWeb集客支援をしているmicadoでは、MEO対策に関しては最安値に近い価格で提供しています。また、施設のWebサイトの構築や直接予約を増やすためにサービスも提供ているので、「30秒で申し込みできるオンライン相談」よりお問い合わせください!

予約がキャンセルされにくいWebサイトの仕組みとは

投稿者プロフィール

渡邉典史
渡邉典史
デジタルマーケティングによる集客戦略を担当。独立後コンテンツマーケティングにおける企画立案から記事作成などを行い、サービス提供開始から最短2ヶ月で集客数6.5倍を達成。Googleアルゴリズムの研究を行い、SEO,MEO対策の目標達成が短期間で可能。海外経験を活かしインバウンドマーケティングの責任者としてホテル・旅館を中心に集客支援を行っている。