閉じる 
OTA集客 Web集客 デジタル戦略・戦術 ホテルマーケティング

2024.03.29

2024.03.11

宿泊業界で勝ち抜くための戦略!予約エンジンを活用した効果的なマーケティング

宿泊業界で勝ち抜くための戦略!予約エンジンを活用した効果的なマーケティング

競争が激化する宿泊業界において、生き残り、収益を向上させるためには、常に新しい戦略が必要です。その鍵となるのが、予約エンジンを活用した効果的なマーケティングです。

現代の宿泊業界において、予約エンジンは単なる予約ツールではなく、収益向上、ゲスト満足度向上、オペレーション効率化、データ分析による戦略策定を実現するための必須ツールとなっています。

本記事では、予約エンジンがもたらす可能性と、効果的なマーケティング戦略の策定方法について解説します。予約を増やしたいとお考えの担当者様は、ぜひ最後までご覧ください!

オンライン予約の台頭

近年、旅行予約はオンライン予約が主流となり、その割合は年々増加しています。2023年時点で、世界の宿泊予約の約70%がオンラインで行われており、今後さらにその割合は高まっていくと予想されています。

従来の電話や直接予約と比較すると、オンライン予約には圧倒的な利便性と情報へのアクセスという大きなメリットがあり、24時間365日いつでもどこからでも予約が可能な点は、ユーザーにとってのメリットはもちろん、機会損失を防ぐことでホテルにとっても大きなメリットがあります。

また、言語の壁を越えて世界中からの予約を受け付け、海外からの旅行客獲得にも有利です。空室状況がリアルタイムで確認でき、料金比較が容易であることからスムーズな予約が可能で、ユーザーエクスペリエンスの向上にも貢献します。

これらのメリットから、約7割ものゲストがオンライン予約を利用しており、予約エンジンを導入していない宿泊施設は、機会損失を生むことになります。

予約エンジン導入のメリット

予約エンジンを導入することで、宿泊施設は以下のようなメリットを得ることができます。

1. 収益向上

予約エンジンは、ゲストに客室のアップグレードやオプションサービスを提案することでアップセル・クロスセルを可能にし、客室単価の向上に貢献します

さらに、ダイナミックプライシングのシステムを利用することも可能です。需要の高い時期には客室料金を自動的に上げ、需要の低い時期には料金を下げることで、収益を最大化できます。

2. オペレーションの効率化

予約エンジンは、予約手続きを自動化することで、スタッフの手作業を大幅に削減することができるだけでなく、予約エンジンから収集したデータを分析することで、予約パターンやゲストの嗜好を把握し、オペレーションを効率化することもできます。

3. データ分析による戦略策定

予約エンジンは、ゲストの予約情報だけでなく、宿泊日、客室タイプ、料金、キャンセル率、口コミ・レビューなど、さまざまなデータを収集できます。これらのデータを分析することで、ゲストの行動を分析したり、市場調査ができるので、効果的なマーケティング戦略を考えられます。

具体的には、過去の予約履歴に基づいて、リピーターにクーポンや特典を発行することで、リピート率を高めたり、過去のキャンセル率などを分析して、早期予約割引キャンペーンを実施することで、空室リスクを減らし、収益を向上させることが可能になります。

予約エンジンを効果的に活用する方法

予約エンジンは単なる予約ツールではなく、収益向上、ゲスト満足度向上、オペレーション効率化、データ分析による戦略策定を実現するために欠かせないツールです。

予約エンジンを効果的に活用するためには、以下のポイントを押さえることが重要です。

1. ターゲット顧客を明確にする

ターゲット顧客を明確にすることは、予約エンジンを効果的に活用するための重要なステップです。ペルソナ設定、市場調査、競合分析などの方法を活用し、自社のターゲット顧客を明確にすることで、収益向上、ゲスト満足度向上、オペレーション効率化、データ分析による戦略策定を実現することができます。

2. ゲストのニーズを理解する

ゲストがどのような情報を求めているのか、どのような予約体験を求めているのかを理解することで、ゲスト満足度向上に繋がる予約エンジンを構築することができます。アンケート、口コミ・レビュー、顧客データ分析、直接対話などの方法を活用し、ゲストのニーズを深く理解することで、予約エンジンを効果的に利用することが可能です。

3. 予約エンジンの機能を使いこなす

予約エンジンには、さまざまな機能があります。これらの機能を最大限に活用することで、ホテル集客が実現できます。予約エンジンの主な機能は、24時間365日対応の予約受付、リアルタイムでの空室状況を管理できる空室管理、ダイナミックプライシングに基づいた料金設定、さまざまな支払い方法に対応する支払い処理機能、キャンセルポリシーの設定とキャンセル処理が行えるキャンセル管理、顧客情報を管理できる機能など、たくさんあります。

さまざまな予約エンジンがあるので、自社にあったものを選びましょう。うまく使いこなすことができれば、オペレーションを効率化すると同時に収益の向上も期待できます。

予約エンジンの最新トレンド

宿泊施設向けの予約エンジンは常に進化しており、近年はさまざまな新しい機能やサービスが登場しています。最新トレンドを把握し、積極的に活用することで、競合他社に差をつけ、さらなる成功を目指せます。

人工知能(AI)の活用

AIを活用することで、予約受付業務の自動化やゲストに合わせたおすすめプランの提案などが可能になります。導入する予約エンジンにAI機能が付いていれば、ゲストの過去の予約履歴や嗜好に基づいて、ゲストに最適なプランを提案することが可能です。

チャットボットの導入

チャットボットは、24時間365日ゲストからの質問に自動で回答し、予約受付やキャンセル処理などの業務を自動化できるツールです。よくある質問を自動化することでオペレーションの効率化ができ、ゲストはその場で疑問を解決することができるので、顧客満足度にも大きく貢献します。

体験型旅行への対応

体験型旅行は、観光地を単に訪問するだけでなく、その土地の文化や自然を体験することを目的とした旅行です。近年、旅行者ニーズの多様化により、体験型旅行への需要が高まっており、予約エンジンに体験型旅行に対応した機能を追加することで、より多くの旅行者を獲得し、収益向上を実現することができます。

まとめ

宿泊業界は競争が激しく、生き残るためには常に新しい戦略が必要です。予約エンジンを活用した効果的なマーケティングは、宿泊施設が競争を勝ち抜き、収益を向上させるための重要な戦略となります。

これからも予約エンジンは進化し続けるでしょう。最新技術を活用し、顧客体験を向上させることで、競合との差別化を図ることが可能になります。

他の人はこちらも読んでいます

  • micadoの無料eBook

    今この記事をお読みの方にピッタリの教材はこちらの2つ!

    eBook一覧
    OTA運用は〇〇で売上が変わる!?~今からでも間に合うホテル集客の活用法~

    ダウンロード

    OBOへの取り組み2022年以降の宿泊業界の流れとは

    ダウンロード

    Contact
    お問合せ
    貴社の施設規模や課題に沿って
    最適なプランをご提案いたします→
    Company
    会社概要
    詳しくはこちら→
    Recruit
    採用情報
    詳しくはこちら→
    z