ひとり旅プランが注目されている理由とは?集客力の高い宿泊プランを徹底解説

ホテルマーケティング ホテル業界ニュース
一人旅 集客

近年、日本では単身世帯数が増加し、「おひとりさま」が増えています。「ひとり焼肉」や「ひとりカラオケ」などが一般的になり、一人でできないことはなくなりつつあります。

旅行・宿泊業界でも、数年前から「ひとり旅プラン」が注目され始めましたが、一人きりの旅行は複数人での旅行より感染リスクが低いことから、コロナ禍でさらに関心が高まっています。

新型コロナウイルスの影響が長引いているため、「ひとり旅プラン」の作成に関心を寄せているホテル・旅館さまも多いかと思います。

そこで、今回の記事では、ひとり旅プランを売り出すべき理由や、おひとりさまを惹きつけてリピーターになってもらえるような宿泊プランの作成方法について解説していきます!

ホテル・旅館がひとり旅プランを販売すべき理由 

日本では、晩婚化・非婚化・高齢化などによっておひとりさま人口が増えているため、一人で利用できるサービスが充実し、おひとりさま関連の市場規模は年々拡大し続けています。

ホテル業界においても、おひとりさまが増加したことによる影響は徐々に強まっており、ホテル・旅館がひとり旅プランを販売する重要性は年々大きくなっています。

2020年5月の矢野経済研究所の調査によると、国内ホテルでひとり旅プランを利用した人の1泊あたりの利用金額は、2015年からの5年間で約1.25倍に成長しており、ひとり旅プランの需要は拡大傾向にあることがわかります。

さらにコロナ禍においては、一人旅は感染リスクの低い旅行スタイルとして注目度を上げています。しばらくは新型コロナウイルスの収束の目処が立たない状況なので、今後数年間は”安全な旅行スタイル”として人気が拡大していくことが予想されます。

観光白書によると、これからの旅のスタイルとして「友人やパートナーとの旅行より一人で旅をしたい」と答えた人は62%もおり、他のどの旅行スタイルよりも多い結果となりました。したがって、ひとり旅は旅行の安全性を重視するWithコロナ時代に主流になっていくことがわかります。

つまり、コロナ禍で業界全体の宿泊需要が落ち込んでいる中でも、ひとり旅の需要は伸びているので、新たにひとり旅プランを販売することで、ホテル・旅館の新規顧客層を開拓し、予約数を増やすことができるでしょう。

また、ひとり客の中には「人目を気にせず、のんびり過ごしたい」と混雑を避けて平日利用を希望する人も多いため、ホテル・旅館がひとり旅プランを販売し始めることで、予約が埋まりづらい平日の稼働率を上げられるのもメリットです。

売れるひとり旅プランの作成方法 

続いては、売れるひとり旅プランの作成方法について解説していきます!

ターゲットのニーズや売れている宿泊プランの特徴を押さえることで、「おひとりさまに選ばれるひとり旅プラン」を作成できるようになります。

1. ターゲットの旅の目的ごとに宿泊プランを作る

まず、お客さまに選ばれる宿泊プランを作成するためには、ターゲットとなる一人客がホテル・旅館での宿泊体験に何を求めているかを考える必要があります。

JTBの調査によると、ひとり旅の目的は「リフレッシュ」「趣味のため」「自分へのご褒美」「自分を見つめ直すため」など多岐に分かれており、全員を同じ宿泊プランで対応してしまうとお客さまのニーズに応えきれません。

そのため、目的ごとにターゲットを分けて宿泊プランを作成することで、個別のニーズに対応でき、顧客満足度を上げられます。

たとえば、リフレッシュ目的のお客さまには温泉や自然体験プラン、趣味のために宿では寝るだけのお客さまには素泊まりプラン、ご褒美目的の方にはエステや食事のアップグレードオプション付きのプランを提供することによって、各ターゲットのニーズに応えることができます。

関連記事:人気なホテルは徹底している!? 施設ごとに“ターゲット層”を絞ることって本当に必要なのか…

2. ひとり旅の不安を解消するサービスを提供する

ターゲットが宿泊プランの予約をためらう原因になっている”不安”を解消することによって、予約のハードルを下げられます。

ひとり旅で最も多い懸念点は、「寂しくないか」や「他人の目が気になる」といったものでしょう。とくに、一人で食事をしやすい雰囲気かどうかはひとり客が重視しているポイントなので、お部屋で食事を食べられたり、個室を利用できるプランなら宿泊予約のハードルを下げることができます。

また、ターゲットが女性客であれば、安全性に細かく気を配っている可能性が高いため、公式サイトや予約ページ内での安全性のアピールが必要不可欠です。

人気のホテル・旅館では実際に、夜間の無料送迎サービスや安心のセキュリティ体制をアピールしている宿泊プランが目立ちました。

ターゲットを分析して売れるひとり旅プランを作ろう!

今回の記事では、需要が伸びていくと予想されるひとり旅プランを販売するメリットや売れるプランの作成方法について解説しました。

多彩な宿泊プランを取り揃えることで、幅広い顧客ニーズに応えられるので、ひとり旅プランをまだ販売していないホテル・旅館さまは、販売を検討してみてください。

もっと他の宿泊プランを作成したい方は、今後需要が伸びる?売れるアクティビティプランの作成方法とはの記事もあわせてご覧ください!

また、売れる宿泊プランを作成するためには、ターゲットのWeb上での行動データを分析しニーズを知ることが重要です。ターゲット分析については、4日でできるGoogle Analyticsを活用した心理分析のシリーズ記事で詳しく説明しているので、ぜひお役立てください!

弊社では、公式サイトの改善やSEO対策、ホテル・旅館さまのSNS・OTA運用など、多岐にわたって宿泊施設さまの売上を上げるお手伝いをしております。今まで600社以上のコンサルティングを行ってきた経験から得たノウハウの共有も行っており、好評をいただいております。無料でオンライン相談も行なっておりますので、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

また、宿泊施設さま向けに無料オンラインセミナーを毎月開催しております!他社では聞けないホテルや旅館の集客戦略やデジタルマーケティングに関するセミナーを行っているので、ご都合がよろしければぜひご参加ください。無料で視聴可能な過去のセミナー動画も大変人気となっていますのでぜひお申し込みください!

最新記事の情報は、弊社のTwitterにてご確認ください!

あなたにおすすめの無料eBook

売上改善に成功した宿泊施設の取り組み事例6選

予約がキャンセルされにくいWebサイトの仕組みとは

OBOへの取り組み2020年以降の宿泊業界の流れとは

おすすめのeBook

近日開催のセミナー

大手予約エンジン4社の特徴を徹底分析〜直接予約を増やすために改善すべきポイントを解説〜

開催日:2021年12月08日(Wed)

セミナー情報を見る

おすすめ記事

  • micadoのサービス