今後需要が伸びる?売れるアクティビティプランの作成方法とは

新型コロナウイルスの影響で安全性を重視する旅行者が増えたことから、自然の中で密を避けつつ旅行を楽しめるアクティビティプランが注目を集めています。

そこで今回は、アクティビティプランの需要が今後も拡大する理由や、人気の宿泊プランを販売するホテル・旅館の事例から「選ばれるアクティビティプラン」のポイントについて解説していきます。

宿泊需要の回復にもつながるアクティビティプランは、コロナが収束してからも注目されることが予想されるので、ぜひ最後までご覧ください!

アクティビティプランの需要が今後も伸び続ける理由

消費者庁が行った若者の消費行動に関する調査によると、若者の旅行に対する考え方としては、”体験”を目的とした旅行スタイルを好む傾向にありました。

若者の消費行動として、商品(モノ)を購入するためにお金を払う(モノ消費)より、サービスや体験から得られる経験(コト)にお金を使う(コト消費)傾向が強まっているのです。

新型コロナウイルスの蔓延により、「感染リスクを避けつつ安全に旅行も楽しみたい」という心理が働き、若年層では”非日常の体験ができるホテル・旅館”の宿泊需要が高くなっています。

また、最近の宿泊情勢を分析すると、三密を避けられる海や山に位置する施設の人気が高まり、旅行先でのアウトドアアクティビティが注目を集めていることがわかります。

事例から学ぶ売れるアクティビティプランの作成方法

続いては、アクティビティプランが人気なホテル・旅館の事例を紹介しながら、宿泊施設さまがプランを作成するときに押さえるべきポイントを解説します!

事例1. 星野リゾートの宿泊プラン作成ルール

他では体験できないアクティビティが楽しめると人気な星野リゾートでは、宿泊プラン作成に明確なルールがあります。

 ルール1:プラン内容は、現地スタッフが考える

 ルール2:地域も一緒に盛り上げる

現地で生活をしている従業員の方が現地のことを良く知っているので、現地スタッフがアイデアを出した方が、その土地ならではの魅力が詰まったオリジナリティ溢れるプランを作りやすくなります。

直接お客さまと接する現地のスタッフがアクティビティ内容を考えることで、従業員の当事者意識を上げられるようになるので、最終的にはサービスの質の向上と顧客満足度の向上が期待できます。

また、地域の良いところを研究し、魅力が反映されたプランを作成することで、周辺の地域を盛り上げれば、訪れる観光客が増え、ホテル・旅館の予約数が増えるなどのメリットがあります。

事例2. 人気ランキング上位宿の共通点

国内最大級の宿泊予約サイトを運営する一休.comがまとめたランキングによると、上位の宿のアクティビティプランには、下記のような特徴がありました。

<人気アクティビティプランの特徴>

・提供するアクティビティ体験に合わせたプラン設計

・追加料金なしのオールインクルーシブプランでお得感を演出

・コロナ禍は密を避ける工夫と安全性への配慮のアピールは必須!

ランキングを分析したところ、アクティビティプランが人気の宿泊施設では、体験できるアクティビティに合わせて宿泊プランやサービス特典を設計しているとわかりました。

たとえば、釣りができる人気ホテルでは釣った魚を調理できるサービスを特典として提供していました。釣り体験だけで終わらせず、お客さまご自身で釣った新鮮な魚を召し上がっていただくなどの工夫をすることによって、アクティビティ体験に付加価値を持たせています。

また、ランキング上位の宿では、アクティビティの体験料金を宿泊料金に盛り込み、追加料金なしでアクティビティを楽しむことができるオールインクルーシブプランが人気でした。

提供するアクティビティ内容に合わせてプランを設計し、お客さまが喜ぶ特典を追加することで独自の高付加価値プランを作り、競合と差をつけましょう!

関連記事:ロイヤルティ構築は直販への近道!?ホテルのことを好きになってもらって差別化しよう!

そこでしかできない体験で旅行の目的を提供できるかがポイント!

その土地・施設ならではのユニークなプランを用意することで、お客さまがそのホテル・旅館を選んで訪れる理由を作り出せます。特に宿泊需要が業界全体で低迷しているコロナ禍においては、お客さまに旅行する目的自体を提供することで新たな宿泊需要が生み出され、売り上げの向上につながります。

今回は、今後も需要が拡大していくアクティビティプランを作成する際に役立つ情報を解説しました。「このプランだったら行きたい!」と思ってもらえるような、ユニークな宿泊プランを作ってみてはいかがでしょうか?

ただ、せっかく素晴らしい宿泊プランを作っても、プラン内容についてお客さまにきちんと知ってもらわなければ、予約数や売り上げの向上にはつながりません。見込み客に宿泊プランの存在を知って興味を持ってもらうためには、デジタルマーケティングを活用し、宿泊プランを効果的に売り出していくことが必要不可欠です。

プランを作成した後の販売促進については、「高付加価値プラン」とは?ホテル・旅館の宿泊単価を上げるために欠かせない価値の見出し方を解説でも紹介しているので、よろしければこちらもご覧ください!

弊社では、これまで培ってきた支援実績から得た経験や独自のノウハウを基に、ホテル・宿泊施設さまの望む結果を出すための最適な提案をさせていただいております。お問い合わせフォームよりご連絡いただければ、Webサイトのチェックを含めたオンラインミーティングを実施いたします!

micadoの詳細をもっと知りたい方は、ホテル・旅館に向けたマーケティング知識やノウハウを公開している弊社メディアをご覧ください。Web集客力の向上や宿泊予約を増やす戦略・戦術が豊富なので、ぜひお役立てください!

また、宿泊施設さま向けに無料で参加できるオンラインセミナーも毎月開催しております!他社では聞けないホテルや旅館の集客戦略やデジタルマーケティングに関するセミナーを行っているので、ご都合よろしければぜひご参加ください。過去のセミナー動画も無料で視聴可能なのでぜひお申し込みください!

売上改善に成功した宿泊施設の取り組み事例6選

投稿者プロフィール

小柴 里沙
小柴 里沙
ホテル・旅館のWeb集客力を底上げするために販売促進やプロモーションについて研究し、mint(micado hint)のメディア運営を担う。国内マーケットの動向や先々のトレンドを分析しながら、宿泊業界に貢献をする。