ホテルブログの担当者なら知っておくべき!読まれる記事タイトルの付け方

ホテル・旅館で運営するブログの担当者の方は、どうしたらより多くの人に記事を読んでもらってホテル・旅館の認知度を上げることができるのだろう、とお悩みではないでしょうか?

ブログはコンテンツマーケティングの一種で、コンテンツマーケティングについて知らない方は、ホテルのコンテンツマーケティングとは?熱狂的なファンを増やす手法を解説!の記事を最初にご覧ください!

今回は、どういった記事タイトルがクリックされやすく、読まれるようなタイトルにはどのようなことに気を付けるべきなのかについて紹介します。

タイトルはブログ記事を読むかどうかの判断材料となるので、一番重要と言っても過言ではありません。ホテル・旅館でブログやコンテンツ記事を作成しているのに、アクセス数が少なくて集客につなぐことができない、とお悩みの宿泊施設さまはぜひ参考にしてみてください!

記事タイトルはどうして重要なのか

ホテル・旅館でどのような体験ができ、近隣にはどんな観光地ががあるのかを解説して、ホテル・旅館の認知度を向上することが記事作成の目的なので、記事がクリックされなければ何も始まりません。

記事を読むかどうかの判断はタイトルでされるので、最適なタイトルであるほどクリックされる可能性が上がります

ユーザーが何かについて検索した時、検索の答えや解決策となるような記事タイトルでないとクリックしてもらえません。そこで、検索意図を理解する必要があり、検索した理由やどんな情報が必要とされているかを理解できれば、需要のある記事タイトルをつけることができます。すると、記事がクリックされやすくなるので、多くの人にホテル・旅館のことを知ってもらうきっかけとなります。

また、記事タイトルはSEO対策にも関わるので検索順位に大きく影響があり、紹介する内容によってはブランディングとしても役立ちます。記事タイトルは、Googleのガイドラインにおいても重要な指標の一つとして挙げられるほど重要で、最適な記事タイトルをつければ検索結果の上位に表示されやすくなり、より高い集客力が期待できます。

読まれる記事タイトルの4つのポイント

読まれやすい記事タイトルには特徴があり、4つのポイントに焦点を当てて解説していきます。

1. 一目で自分の役に立つかどうかが分かる

記事のタイトルは、「〇〇とは」「〇〇の方法・やり方」など、ぱっと見で記事に何が書いてあるかが分かるようにする必要があります。

なぜなら、Webでは検索結果からどの記事を読むか判断するために、より分かりやすく目に留まりやすいタイトルの記事をクリックする傾向があるからです。検索結果には大体10件のタイトルが表示されるので、その中でも一番分かりやすいタイトルであればクリックされる可能性も高まります。

また、検索している人は何かについて知りたいから調べています。つまり、「〇〇とは」や「〇〇の方法」というタイトルは、一目で欲しい情報があるかが分かるので自分の役に立つ記事ならクリックしよう、という行動につながります。

タイトルでユーザーにとって「どう役に立つのか」を明確にすることで、よりクリックしてもらえるようになります。「〇〇な人必見!」や「初心者向け」といったタイトルもターゲットが絞られているので、該当する人にとっては惹かれるタイトルです。

関連記事:SEO対策はキーワードが肝!アクセス数でホテルの知名度を上げる

2. タイトルと記事の内容が一致している

タイトルに書いてあるからには、タイトルと記事の内容が一致していなければなりません。

せっかく記事タイトルに惹かれてクリックしてもらえても、欲しかった情報が載っていなければ離脱の原因になります。記事タイトルに悩んでしまう人は、一度記事を書いたあとに要約するような感覚でタイトルをつけることで、タイトルと記事の内容に差が出ないようになります。

3.具体的な数字が入っている

記事タイトルに具体的な数字が入っていると、説得力が上がります。数字があることで、どのくらいの効果があったのかが具体的に分かるので、「売上150%アップしたホテルマーケティングの施策とは」のように、 具体的な効果があるのならこの記事を読んでみようと思ってもらえます。

また、「ホテルマーケティングに必要な3つのステップ」のような形で、どのくらいの情報が載っているのかが分かると、自分が必要としている情報量に合わせて記事を選べるので、具体的な数字を入れることでクリックされやすくなります。

4. 読み手が実際に使う言葉が入っている

SEOを意識すると、記事のタイトルは不自然なものになってしまう傾向がありますが、すでに述べたように記事タイトルによって読まれるかどうかの判断がなされるので、理解しやすいタイトルがクリックされやすくなります

専門用語など、読み手が知らない単語があるとクリックすることをためらってしまうので、読み手が普段使う言葉やを入れることで読みたいと思ってもらえます。つまり、読み手の気持ちになって記事を作成することでより多くの人に読んでもらえ、ホテル・旅館の知名度を上げられます。

記事タイトルでホテルの魅力を伝えることができる

せっかくホテル・旅館で記事を作成するのであれば、集客につながるポイントを押さえて運営したいところです。記事タイトルは、読んでもらうために一番重要な要素なので、しっかりと論理的な対策を取る必要があります。

ただのブログではだめ!ホテル・旅館にとって必要な集客力を持たせる方法の記事では、ブログ記事を集客につなげるために必要なことについて解説しているのでぜひご覧ください!

弊社では、ホテル・旅館経営の最適化に必要な公式サイトのSEO対策やOTA運用、ブランディングなど、豊富な経験から独自のノウハウでお手伝いさせて頂いています。ホテル・旅館のマーケティング担当者の育成も行っているので、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

また、宿泊施設さま向けに無料で参加できるオンラインセミナーを毎月開催しております!他社では聞けないホテルや旅館の集客戦略やデジタルマーケティングに関するセミナーを行っているので、ご都合よろしければぜひご参加ください。過去のセミナー動画も無料で視聴可能なのでぜひお申し込みください!

 

売上改善に成功した宿泊施設の取り組み事例6選

投稿者プロフィール

髙橋瑞希
髙橋瑞希
ホテル・旅館の集客戦略やブランディングなどの情報を発信し、mint(micado hint)のメディア運営を担う。海外のホテルマーケティングを研究し、新たなデジタルマーケティング施策を推奨しながら、宿泊業界に貢献をする。