【3分で読める】2021年からホテル・旅館が取り組むべき”たった1つ”のコト

ホテルマーケティング ホテル業界ニュース

株式会社micadoでは、ホテル・旅館の公式サイトの直接予約数を上げるために様々な取り組みを行ってきました。

その中でも、”公式サイトに訪れるユーザー行動の分析”は必要性を高めています。

本記事では、宿泊業界で注目度を上げている「分析」が、今後の集客力を左右することについて解説していきます。

2020年に重要性を高めた「サイト分析」とは?

”分析”とは何を指しているのかをザックリお伝えしましょう。

①公式サイトに訪れたユーザー行動の分析
②どうすれば予約されるのかサイトを改善
③さらに人を呼び込むためにWeb施策をする
④再びサイトを分析して、新たな施策を立案・実践

「(公式サイトの)分析とは、「利益率アップ×施設のイメージアップ」を実現することです。

公式サイトから予約比率を増やすことが永遠の課題と言っても過言ではありません。

従来のOTA集客のみでは、予約の数だけ月々の支払い手数料は増えていくので、その部分を10%でも削減できるようになったらどうでしょう。

続いて、なぜ分析が必要なのかをもう少し深堀りしていきます。

2020年から”分析”が重要視されるようになった

タイトルや冒頭にもあった通り、宿泊業界において”分析”が重要視されるのは、新型コロナウイルスの影響です。

宿泊需要の低下によって、売上が減少してしまい、稼働率を上げるために宿泊料金を下げる….ということが起こってしまいました。

1件ごとの予約に対する利益率を上げるために、公式サイトの強化に比重を傾けた施設も多くありますが、そもそもOTA以外に集客源となる媒体を保有していないのが大きな原因です。

コロナのようなイベントリスクが起きても、複数の媒体から集客できていれば、大きな被害を受けずに済む可能性もあります。

さらに、宿泊需要の再喚起を目的としたGoToトラベルキャンペーンの期間終了後は、価格戦略以外の方法で集客することがポイントです。

露出できる情報が限りあるOTAでは、施設の良さを主張することが難しいからこそ、柔軟なアレンジができる公式サイトを最大限に活用することが集客力の向上に繋がると言えます。

分析 = ホテルブランディング」に繋がる

分析の重要性が高まったのは、宿泊市場だけでなく、全ての業界が当てはまります。その中でも、ホテル・旅館の分析を活用した集客施策はかなり遅れているのです。

現代社会の消費者は、Instagram・Facebook・Twitter、YoutubeなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を中心に情報収集をするようになりました。

旅行で行きたい場所を決めるのも、訪れる地域で泊まるホテル・旅館も、いろいろな媒体を通して公式サイトに訪れます。

つまり、何をキッカケに認知されたのかを辿ることで、”誰に・何を・どのように”アプローチすればいいかが明確にできるのです。

宿泊施設における”分析”とは、「利益率アップ×施設のイメージアップ」だけでなく、施設周辺のライバルたちをも引き離せるようになります。

“分析”を軸に直接予約を増やす施策が組み立てられる

直接予約を増やすためには、分析するだけでは成果は期待できません。公式サイトから予約完了するまでの導線設計を組み立てたり、サイトアクセス数を増やすための取り組みなど、さまざまな施策を実践する必要があります。

例えば、若年層のアプローチに欠かせないInstagramやインバウンド集客に活用できるFacebook、検索結果の上部や下部に掲載できるリスティング広告など、各媒体によって運用の目的やユーザー層が異なります。

宿泊施設のコンセプトによっては、SNS運用に注力するよりも、GoogleやYahooからの流入を増やしたいのでSEO対策をする必要がある…..と施策の取捨選択をすることは多々あります。

しかし、それらを決断するために欠かせないのがデータ分析による”根拠”の抽出なのです。それぞれの媒体で最適な施策を打ち出して、高い費用対効果を実現するためには、やはり”分析”は軸となります。

まずは3ヶ月やればわかる”分析”の重要性

宿泊業界で注目度を上げている「分析」の重要性はご理解していただけたでしょうか?

2021年から2〜3年間でホテル・旅館のWeb集客を構築することで、5年後,10年後の集客力は大幅に差がつくことは明確です。

いろいろ施策を試したい気はするけど、まずは公式サイトの分析を中心に行い、今後を見据えたときに何をすべきかを明確にしたい宿泊施設は、micadoのお問い合わせフォームからご連絡ください。

契約前提ではなくても、「いつから分析またはその他の施策を始めるのが最適なのか知りたい!」というお悩みでも大丈夫です!

コロナ渦中で大変な時期ではありますが、micadoは日本の観光業界を盛り上げるために、全国のホテル・旅館のサポートしております。

有益なコンテンツ発信や無料で参加できるオンラインセミナーも行っているので、ご都合がよろしいときにご参加くださいませ。

また、本記事の”公式サイトの分析”について詳細をご覧になりたい方は、【完全理解!!】ホテル経営を促進させるWebサイトの設計から集客改善がおすすめなので、ぜひお役立てください!

あなたにおすすめの無料eBook

売上改善に成功した宿泊施設の取り組み事例6選

予約がキャンセルされにくいWebサイトの仕組みとは

OBOへの取り組み2020年以降の宿泊業界の流れとは

おすすめのeBook

近日開催のセミナー

大手予約エンジン4社の特徴を徹底分析〜直接予約を増やすために改善すべきポイントを解説〜

開催日:2021年12月08日(Wed)

セミナー情報を見る

おすすめ記事

  • micadoのサービス