コロナ渦の中で考えるべきホテルブランディングとは? 予約競争から脱出するために

新型コロナウイルスの影響により、直近の2〜3年間は集客(稼働率)の問題が浮き彫りになることは間違いないでしょう。

感染リスクを下げるために、3蜜回避への対策はすでに当たり前で、どこの宿泊施設も公式サイトで打ち出しています。

しかし、ユーザーが3蜜回避の取り組みについて閲覧したとしても、正直表面的な情報でしかないので、宿泊への安心感には繋がらないことも考えられます。

周りが同じことをやっているのに対して、どうすれば違う角度で捉えてもらえるのでしょうか。

今回は、コロナ渦の中で考えるホテル(旅館)ブランディングについて書いていきます。

今まで100施設以上の集客や販売戦略について携わり、研究してきた経験を踏まえてご紹介しているので、ぜひお役立てください!

価格競争によるディスブランディング

コロナとは無関係のお話ですが、ホテルや旅館を再生するときに何が必要かを考えることが重要です。

ほとんどの宿泊施設が窮地に追い込まれると、価格戦略に走ってしまいがちです。
予約が増えるのは嬉しいことですが、価格競争による販売戦略は、ディスブランディングに陥りやすい傾向なのです。

大手ホテルチェーン会社の地方参入や民泊の規制緩和により、宿泊単価は低下しています。さらに、平日と休日・祝日の宿泊需要も変化しています。

ホテルや旅館の場合だと、在庫を翌日に持ち越すことのできないビジネスなので、安くしてでも売らなければなりません。

現在、通常の価格で販売できているホテルや旅館は少ないでしょうし、特にリーズナブルな価格で宿泊できる施設は、価格競争が激化しているでしょう。

昨今の新型コロナウイルスの影響を受けて、ホテルや旅館に携わる方々は、施設をリブランディングしなければいけないと再認識したのではないでしょうか。

リブランディングのポイント

今のままでは数年後には倒産してしまうかもしれない…と危機感を覚えた方たちは、コストを掛けてでも新しいことに踏み込もうとしています。

実際に、私がお話しさせていただいた支配人や上層部の方々は、DX(デジタルトランスフォーメーション)の導入やデジタルマーケティングの強化など、宿泊業界の弱みといえる部分を補おうとしているように感じました。

PMSで顧客セグメントのデータを管理していても、具体的な集客・販売戦略を実践できているホテルや旅館が少ないのが現在の課題とも言えるでしょう。

宿泊の一般的な内訳は「泊・食・浴」の3つで成り立っていますが、多くのホテルや旅館が同じコンテンツで差別化をしようと考えているので、実は差別化になっていません。

最近では、体験や空間をコンセプトにしたサブカルな宿泊施設が増えてきて、”泊まるハードル”が低くなってきましたが、リピートに繋がりにくいのが課題でもあります。

リッツ・カールトンや星野リゾートのように、”365日のうちの1泊以上を過ごしたい”と思ってもらえるような啓蒙活動が重要です。

ホテルのブランド構築にあたって欠かせない公式サイトでの打ち出し方が気になる方は、本当は教えたくない!? ホテル・旅館のマイクロコピーの重要性とは?でご紹介しているので、ぜひお役立てください!

現代のブランディングに必要なコト

オフラインからオンラインに移行している現代社会では、Web上での発信力がプロモーション力を左右します。

従来の集客方法はOTAがメインになっていて、最適化をするために写真の選定や価格戦略や宿泊プランでの差別化が重点的でしたが、公式サイトや外部施策を駆使したブランディング戦略も必要になっています。

写真や価格などの表面的な情報のみでは、ユーザー(お客様)共感されにくくなっているのは、目的としている場所に様々なタイプのホテルや旅館があるからです。

ブランディングに欠かせない、「競合分析」「ポジション」「ターゲット」の3つをどれだけ掘り下げて、競合に巻き込まれない集客活動を実践できるかが、将来的に独自の地位を獲得できるようになるポイントです。

より多くの予約を獲得するためには、デジタルマーケティングの取り組みをすることがブランディングにつながっていきます。

【ブランディング戦略】

・差別化要因を見つけ出す競合分析
・競合に巻き込まれないポジショニング戦略
・コアなお客様を獲得するターゲティング

「ブランディング戦略において、まずは何から取り組むべきなのでしょうか?」というご相談をいただきます。

ターゲットとしているお客様を軸に、どのような検索意図、インターネット上での行動をするのか分析して、費用対効果の高い方法を見つけます。

分析をするにあたって、公式サイトやSNS、OTA、PMSなど、さまざまなツールを駆使して、具体的な戦略を組み立てます。

ブランディング戦略において特に力を入れるべきなのは、公式サイトの構築です。理由としては、OTAで予約するユーザーでも、公式サイトに訪れるからです。

公式サイトの出来具合で予約される確率が変わっていくので、提供する情報が最重要なポイントと言っても過言ではありません。

集客戦略や販売戦略の向上に向けて、デジタルマーケティング施策について気になる方は、安定した予約を獲得するための集客し戦略についてご覧ください。

また、ホテルや旅館のマーケテイングを補うための無料オンラインセミナーも開催しておりいますので、ご都合よろしい日は一度参加して見てください。

予約がキャンセルされにくいWebサイトの仕組みとは

投稿者プロフィール

渡邉典史
渡邉典史
デジタルマーケティングによる集客戦略を担当。独立後コンテンツマーケティングにおける企画立案から記事作成などを行い、サービス提供開始から最短2ヶ月で集客数6.5倍を達成。Googleアルゴリズムの研究を行い、SEO,MEO対策の目標達成が短期間で可能。海外経験を活かしインバウンドマーケティングの責任者としてホテル・旅館を中心に集客支援を行っている。