Google Tag Managerを使った読了率の計測方法と見方

こちらの記事では、Google Tag Manager(以下GTM)を使って、各ページごとの読了率(それぞれのページが何%スクロールされたのか)の計測方法とその確認方法についてご案内していきます。

Google Tag Managerの初期設定

まず、アカウントをお持ちでない方は、アカウント作成から行いましょう。既にアカウントの設定が完了している場合は、読了率の設定にお進みください。

Google Tag Managerと検索していただければ、GTMの管理画面に入ることができるようになりますので、右上の「アカウントを作成」をクリックしてください。

必要項目を入力し、次に進みます。

規約に同意し、次のステップに進むと、以下のような画面になります。GTMはWebサイトのコード内に埋め込むことで使用することができるようになります。WordPressなどのCMSを使用している場合は、他の方法で埋め込むことができるので、気にしなくても良いですが、そうでない場合は、WebサイトのHTMLを編集する必要がありますので、エンジニアなどに依頼しましょう。

CMSの中でも、GTM専用の入力欄がない場合は、headのコードをコピーし、CMS内のheadのできるだけ上の方に設置するようにしましょう。
(上のコードはhead内に入れる場合、下のコードはbody直後に入れる場合です。)

WordPressの場合は、Google Site Kitというプラグインを入れると設定が簡単にできるのでおすすめです。それ以外のCMSの場合は、矢印の部分のGTMから始まるタグをコピーしてCMS内のGTM欄に貼り付けましょう。

以上で設定が完了です。実際に読了率を図るための設定に移っていきましょう。

Google Tag Managerでの読了率の設定方法

今回は、ページのスクロール率を、25%,50%,75%,90%,100%の5分割にし計測する方法を説明していきます。フッターの情報が多い場合は、100%まで計測する必要は基本的にないのですが、一番下まできっちり計測したい方は、100%まで設定することをおすすめします。

以下の3つの流れで、設定をすることができます。作業時間はおおよそ5分から10分ほどですので、順番に焦らず設定を進めていきましょう。

  1. 変数を選ぶ
  2. トリガーを作る
  3. タグを作る
  4. プレビュー&公開

1.変数を選ぶ

①画面左の変数をクリックし、②設定をクリックします。

すると右側に複数の選択項目が現れますので、下の方にスクロールしていくと、[Scroll Depth Threshod]というのが出てきますので、こちらにチェックを入れます。

2.トリガーを作る

続いてはトリガーの設定です。①トリガーをクリックし、②右上の新規をクリックします。

以下の様な画面になりますので、トリガーの設定をクリック(矢印の部分で無くてもクリックできます)。

こちらもまたメニューバーがでできますので、スクロール距離を選んでください。

その後、[縦方向スクロール距離]にチェックを入れ、[割合]にて、計測したい割合を入力していきます。ここでは、画像のように細かく刻んだ設定にしてみましたが、推奨は25,50,75,90です。記事の文章量が多かったり、ページが長い場合はより細かく刻むことで、離脱要因のポイントがより明確になります。

タグを作る

最後はタグの作成です。この部分で間違えて設定してしまうことが多いので、気をつけましょう。

まずは例のごとく左側からタグを選び、新規をクリックします。

まずは上側のタグの設定をクリックします。

すると、以下のような画面になりますので、紺枠内を設定していきましょう。
まずは、タグの種類は画像のようにユニバーサルアナリティクスを選んでください。
続いてトラッキングタイプは、イベントを選択し、イベントトラッキングパラメータは、以下の画像のように揃えてください。

最後に注意が必要なのが、非インタラクションヒットです。ほとんどのケースでここは真に設定しておくことをおすすめします。偽の場合だと、スクロールしただけでヒットがカウントされ、直帰したセッションでも、直帰しなかったことになってしまうので、サイトの分析的な観点でいうとあまりよくないです。

下記の画像のように、このタグでオーバーライド設定を有効にするにチェックを入れて、自社サイトのGoogle AnalyticsのトラッキングIDを挿入しましょう。
Google Analyticsタグの確認方法は、GAにログインして、[管理→トラッキング情報→トラッキングコード]でUAから始まるコードを確認することができます。
最後は、トリガーを先ほど作ったスクロール距離のものを選べば完了です。

ここまで作業が完了したら、保存を忘れずにしましょう。

プレビュー&公開

保存をしたら、まずはプレビューで確認することをおすすめします。
画面右上の[プレビュー]をクリックしてください。
その後、GTMを設定したサイトを開き、リロードをします。
すると、以下の画像のような画面に切り替わります。今回の場合は10%からの計測かつ短いページを表示していますので、既に1つ目のタグが発火していることが分かります。25%で設定した場合は、出ていないページもあるかと思います。

では実際にスクロールしてみてください。Tags Firedに先ほど設定したタグが発火していることが確認できるか、以下のようにFired 2 time(s)に変わっていれば設定は完了です。

忘れないうちにGTMに戻り、公開をして設定を完了しましょう。

Google Analyticsでの確認方法

設定が完了してから計測が開始しますので、すぐにGoogle Analytics(以下GA)で確認することはできませんが、1週間くらい寝かせると、様々なユーザーが様々な行動をしてくれますので、面白いデータが見れるようになります。

まずは、GAにログインして、左側の[行動→イベント→ページ]の順番にクリックすると以下の画像のような画面になります。
そうしたら、現在画面下の方には、様々なページのURLが表示されていると思いますが、実際に読了率が見たいページのURL部分をクリックしてみましょう。
すると読了率と文字が出てきますので同様にクリックします。

今回は弊社の記事の中でも人気の「新型コロナから学ぶホテル・旅館が行うべきデジタルマーケティングの対策とは」を見てみました。50%まではほとんどの人が見てくれているのに、75%から減り始め、90%ではほとんどいなくなってしまいましたね。

ということは、「50%と75%の間に何か離脱要因が隠れているのではないか?」または、「この辺りで一回耳寄りな情報を入れて見るとどうだろうか?」などの改善案を考えることもできるようになります。

今回の場合は、一見PV数は多いから人気の記事だ!と判断してしまうところも、全部読まれるためには、こんな改善をしてみよう!という様にさらなる改善に繋げるきっかけにもなりますね。

読了率は、このような使い方以外にも、コンバージョンしたユーザーの行動をたどり、どの記事を何%見たことで、購買検討熟度が上昇した。などの高度な行動分析も行うことができる様になります。

やはり、Webサイトの分析は奥が深く面白いですね!
これからもホテル・旅館様や企業様のマーケティングがより活発になる様な情報発信を続けていきます!
記事が面白いなと思って頂けた方は、是非シェアして頂けると、サイトのアクセス数が増えて、SEO対策にもなりますので、お願い致します!ww

宿泊施設や企業の方でマーケティング戦略を1から見直そうとされていらっしゃるなら、分析は必ず行う様にしてください。分析を行わずして正確かつ成果の出るマーケティングを行うことは出来ません。弊社の記事や無料のeBookからでも、分析やマーケティングのスタートダッシュは切れますので、情報収集して頂き是非ご活用くださいませ。

この記事をお読みになられた方には、まずはこのeBookがおすすめです!
是非チェックしてみてください!

なぜあのユーザーは予約しなかったのか~Google Analyticsを活用した行動分析~

投稿者プロフィール

田代 貴彦
田代 貴彦
株式会社micado 代表取締役社長
19歳から、デジタルマーケティングのコンサルタントとして活動を開始。Web上でのユーザーの行動データを分析し、最適なユーザー体験を提供するためのWebサイト改善を最も得意とし、最短15分でユーザーの行動特性と心理分析を行うことが可能。これまで複数の上場企業を含む560社以上の企業のWebサイトを分析し売上改善を行ってきた。ウェブ解析やWebサイト制作、広告運用などのWebマーケティングに関するセミナーに数多く登壇している。