閉じる 
ホテル業界ニュース

2023.12.13

2023.07.14

ホテル経営で儲けるために知っておくべきコト。マーケティングで成功させるには

ホテル経営で儲けるために知っておくべきコト。マーケティングで成功させるには

ホテル経営には膨大なコストがかかり、常に売上を気にしていないと儲かる仕組みを作るのは難しいでしょう。予約を増やそうと皆試行錯誤していますが、ホテル業界でずっと働いていてマーケティングのノウハウを持っている人材は少なく、何をしたらいいか悩んでいる施設様は多いかと思います。

そこで、本記事ではホテル経営に欠かせないマーケティングについてご紹介していきます。予約を増やして儲けるために必要な考え方や、実際に行うべき施策など、ホテル経営に携わる方に参考になる内容となっていますので、ぜひ最後までお読みください!

ホテル経営で押さえておきたい収益に対する考え方

これからホテル経営を考えている方も、すでに経営されている方も共通している一番の悩みは「収益」かと思います。ホテル業界は在庫を次の日に繰り越して販売することができず、その日に提供できる客室数が収益を左右する売上の基盤になります。

ホテル経営で儲けるには予約を増やすことが重要で、予約を増やすためにはマーケティングの取り組み方が大切になります。ホテルは在庫を繰り越せないと言っても、一定のリピーターが利用する可能性があるため、顧客満足度を上げる施策を行えば売上に繋がりやすくなります。

そのためには新規顧客の獲得以外にも既存顧客に対するマーケティングを行う必要がありますが、多くの施設がどうやって競合施設と差別化すればいいか分からず悩んでいるのが現状です。つまり、戦略的にマーケティングができれば他の施設より一歩進むことができるので、収益の最大化につながりやすくなるのです。

ホテル経営には膨大な初期費用がかかりますが、儲けるためには長期的にどのくらいの売上が必要なのかを考えることが出来れば、ターゲットや競合施設が決まり、必要なマーケティング施策が見えてきます。

儲けるために何から考えればいいか分からないという方は、必要な売上をベースに競合施設を分析し、どんなターゲットであれば泊まりたいと思っているのかや、ペルソナを作成してその人が予約するにはどんな媒体でリーチするべきかいいかなどを考えてからマーケティング施策を実行しましょう。

「あのホテルがSNSでバズってたからうちもSNSで集客すればいいよね」といった風に戦略なしにマーケティングを行ってしまうと、蓄積されない無駄な施策になってしまうので、儲けるためには戦略的なマーケティグが欠かせません。

ホテルの売上を上げて儲かる経営を目指すためにするべきコト

ホテルのマーケティングと言っても何をすればいいか分からずにお悩みの施設様も多いかと思いますので、いくつかの視点にわけて予約を増やして売上に繋げる施策をご紹介していきます。どれも実際に結果が出ているものばかりなので、ぜひ参考にしてみてください!

顧客満足を上げて予約に繋げる

ホテル経営には、口コミの評価が大きく影響します。多くのホテルが集客の頼りにしているOTAでは、口コミの点数によって掲載順位が変わったり、特集に参画できるかの条件になったりしており、集客の観点で見ても顧客満足度を上げることは欠かせません。

最近ではGoogleが旅行に関する機能をアップデートしており、「大手町 ホテル」などと調べるとホテルがリストされるだけでなく簡単に価格の比較やGoogleマップに投稿されている口コミの確認ができるため、口コミ評価を上げることは売上を上げて儲けるためには欠かせません。

顧客満足度を上げるために直接お客様に接する担当者のサービス向上を図るのはもちろんですが、口コミで指摘された設備などの改善や、他の施設では体験することの出来ない「付加価値の提供」が重要となります。

他の施設にはない設備で付加価値を付ける方法もありますが、ユニークな宿泊プランを販売したり、特典が付いたプランで付加価値を高めることもできます。付加価値の高いプランで予約が入れば、高単価で売り上げることも可能ですので、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

新規顧客を獲得して安定したホテル経営

ホテルが新規顧客を獲得するためには、さまざまなマーケティング施策があります。オフラインで行うマーケティングよりWebマーケティングの方が効果が見えやすく、低予算から始められるので、儲けることを重視するならおすすめの施策です。

具体的には、公式サイトの分析・改善やOTAマーケティング、SNSマーケティング、Web広告運用、コンテンツマーケティング、SEO/MEO対策などがあり、すぐに予約に繋がりやすいのは公式サイトの分析・改善とWeb広告運用です。

ただおしゃれな公式サイトに改善すれば良い訳ではなく、予約に繋がりやすい導線を確保したり、予約しやすいデザイン設計に改善することで売上が上がって儲けることができます。ホテル専用のサイト制作ツールを使えば誰でも簡単に売上が伸びる公式サイトへと改善できるので、早く儲けたいと考えているホテル経営者さまにおすすめです。

また、Web広告であれば低予算で出稿できるのでホテルのことを知ってもらうきっかけを作り出せます。Web広告にはFacebook広告やリスティング広告、ディスプレイ広告などがありますが、最もおすすめするのはリスティング広告です。

ホテル予約を検討している、もしくは特定のエリアで検索している検討熟度の高いユーザーに向けて広告を配信するので、他のWeb広告に比べて結果の出やすい広告で、売上にも繋がりやすい傾向があります。こちらの記事でもWeb広告について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

リピートを獲得してさらに売上を上げる

ホテル経営を始めたばかりであれば新規顧客に注意が行きがちですが、リピーターの育成も忘れてはいけません。一度ホテルに来たことがあるのであれば、すでにホテルの魅力を知ってもらっているので、もう一度来たくなるような施策を考えればリピーターになってもらえる可能性があります。

公式サイトであればロイヤリティプログラムで再来訪を促したり、会員限定の特典で付加価値を付けたり、定期的なメルマガ配信で既存顧客の育成をメールマーケティングで行ったりと、また来たくなるような仕組みを作ることで、予約が期待できます。

一度リピートしてもらえれば、さらにリピートしてくれる可能性もあり、日頃からリピーターに対するマーケティング施策を行っていればホテルのファンになってくれるかもしれません。こういったお客様はホテル経営で儲けるためには欠かせないので、大切に育てていきましょう。

まとめ

本記事では、ホテル経営で儲けるために必要な知識について取り上げました。売上を上げるためにマーケティングは切っても切り離せない関係で、在庫を繰り越せないからこそ他の業界とは違うノウハウが求められます。

また、分かりやすい例で言うとコロナ禍で宿泊需要が激減したように、ホテルは景気やインバウンド需要などに影響を受けやすいため、日頃からマーケティングを行って集客体制の構築を行う必要があります。

初めてホテル経営を行うのであれば、業界に精通したマーケティング会社にコンサルティングを依頼するのも、予約を獲得して儲けるには欠かせません。部分的にサポートを行っている会社より、ホテル業界に特化してトータルマーケティングを行っている会社であれば、いかに手数料負担を増やして売上を上げるかに力を入れてくれるので、コンサルを依頼する場合は気をつけましょう。

弊社では、これまで数々のホテル・旅館様の売上を上げて経営状態を改善してきた経験から、さまざまなマーケティング支援を行っております。ホテル業界に特化したトータルマーケティングで平均で140%以上の売上改善に達成しており、多くの施設様にご満足いただいています。

どの施策が自社に最適か分からない場合は、ぜひお気軽に無料のオンライン相談でご相談ください!ホテルとマーケティングのプロが最適な施策をご提案し、売上を上げるお手伝いを行います。

全国のホテル・旅館でOTAやマーケティングを担当している方が登録している無料のメルマガも定期的に配信しており、好評いただいております。ここだけしか発信していない最新の情報を逃したくない方は、1分で登録できるのでぜひお気軽にご登録ください!

他の人はこちらも読んでいます

  • micadoの無料eBook

    今この記事をお読みの方にピッタリの教材はこちらの2つ!

    eBook一覧
    ホテル・旅館のマーケティング運用チェックリスト

    ダウンロード

    OTA運用は〇〇で売上が変わる!?~今からでも間に合うホテル集客の活用法~

    ダウンロード

    Contact
    お問合せ
    貴社の施設規模や課題に沿って
    最適なプランをご提案いたします→
    Company
    会社概要
    詳しくはこちら→
    Recruit
    採用情報
    詳しくはこちら→
    z