「ココでしか読めない記事制作のコツ」とは?勝てるコンテンツマーケティング戦略

成果が出ないコンテンツマーケティングとは?

日々、記事を更新しているのにオウンドメディアのユーザーが増えない、という問題を抱えている方は多いのではないでしょうか。Web上での売上を伸ばしたり、競合他社との差別化を図るために、記事を制作することは今や当たり前になりつつあります。ですが、成果に結びつくコンテンツマーケティングを実践できているメディアは決して多くありません。

とりあえず記事を量産して特定のキーワードで上位表示をすれば、コンバージョンに結びくつくと捉えている人もいます。その記事が「流入目的」という、サイトページの訪問が目的であれば問題ありません。ですが、一つひとつの記事で具体的な目的を設定しないオウンドメディアが多いでしょう。また、PV数や各記事の伸び具合など、表面的な部分を気にしているあまり、成果を伸ばすための分析と改善の立案につながっていません。

記事制作は効果が見えづらいので、修正やリライトのタイミングが難しいのもオウンドメディアの成果が伸びにくい要因の一つとも考えられます。Web上でよく目にするメディアや成功事例はもちろん参考になりますが、真似しても上手くいかないのは、そのコンテンツの需要や競合社数が異なっているからです。

つまり、情報が溢れているWeb上で成果を出すためには、競合の多いボリュームやキーワードを除き、ニッチ戦略が勝算を左右します。バズるコンテンツがあるに越したことはありませんが、全員がターゲットなわけではありません。見られる頻度が少なくても、ニッチな人に良質なコンテンツを届けることの方が、よっぽど大切なのです。

質の高い記事でも読まれないコンテンツの価値は無に等しく、「ただ書く」ではなく、「誰に・何を・どのように」の3つの要素を明確にすることが成果を出すカギとなります。

【成果に結びつくコンテンツマーケティングは「企画力」がポイント】

・課題や問題を解決できる文章構成をする
・現状とさらなる可能性を見せる
・競合他社がやっていない企画をつくる

価値を高めるコンテンツマーケティングの3つのポイント

1.キャッチーな記事タイトルが重要!!

全てのコンテンツにおいてタイトル付けは最も重要視されています。皆さんが目的とする情報を検索したときに、サイトページのタイトルが表示されますよね。意識されていない方も多いと思われますが、「自分の悩みを解決してくれそうなタイトル」「コンテンツ(中身)が面白そうなタイトル」など、思わずクリックしてしまったことはないでしょうか?

これらは、その情報を検索するユーザーの性格や心理状態などを、あらゆることを予測してタイトルを決めています。商品やサービスに興味がなかったとしても、反応してしまうのは心理的な部分を緻密に分析しているからです。

【タイトルで注意するべきこと】

・変な言い回しや違和感があるようなタイトルにならないこと
・タイトルと本文にズレ(矛盾)がないようにすること
・タイトルで全てを話し過ぎないことが大事

2.良質なコンテンツは読者を想定している!?

タイトルがクリックされてからは本文が読まれます。すぐに離脱されてしまう記事は冒頭文に問題があり、良く見受けられるケースは、最初から記事のメインとなる部分から入ってしまっています。良質なコンテンツでも、冒頭文で違和感を与えてしまうと離脱の原因になるので、気をつけたいポイントです。

冒頭文の課題をクリアしたら、本文の完成度がユーザーの満足度につながります。適切な文章構成がとなっていて、情報発信するターゲットの課題や悩みを解決することはできているのか。さらに、スラッと入ってきやすい説明なのかを確認します。

最後まで読んでもらえる記事の構成や表現なのか意識して作成するといいでしょう。特に専門用語は噛み砕けているのか。相手に伝わっているかの確認を忘れずに。

【記事制作で注意するべきこと】
・冒頭文の入りを違和感を出さずに書く
・本文で課題や悩みを解決できているか
・専門用語はなるべく噛み砕くようにする

3.記事ごとにゴール(目的)を設定しましょう

最後まで読んでもらえるような文章構成になったら、記事のゴールを設定します。提供している商品やサービスがある場合には、CTA(Call To Action)と呼ばれる購買行動に促すクリックボタンを設置することで、目標の達成率が上がります。

ただ、全ての記事に商品・サービスの購入ボタンを設置すればいいわけではありません。例えば、扱っている商品が車だったら、その場で購入する人はいるでしょうか。購買行動において数段階に分かれています。ですので、購入以外の資料請求やお問い合わせなど、ゴールのハードルを下げることが最終的なゴールを達成しやすくなります。

すでに運用しているオウンドメディアで思うような成果を出せていない方には、こちらのWebサイトの分析データとノウハウを一部公開!Google Analyticsの活用方法とは?を参考にしてみてくさい。

記事制作で成果が期待できる3つのポイント

【1.上位検索を早める方法】

1.集客用コンテンツ(ブログ)をつくる
2.SNSで拡散する
3.質の高い記事を量産する

【2.PV数を増やす企画】

1.これから直面するであろう危機を見せる
2.現状とさらなる可能性を見せる
3.競合他社がやっていないことを見せる

【3.CVを増やす方法】

1.コンバージョンの使い回し禁止
2.有益で理解してもらえる内容
3.データ基にしたオピニオン記事

コンテンツマーケティングのまとめ

良質なコンテンツを生み出すために、企画から記事のゴールをご説明しましたがいかがでしたでしょうか?

コンテンツマーケティングで成果を出していくためには、本記事で紹介していない施策もたくさんあります。低コストで手軽に始めることができても、奥が深いのもやりがいです。しかし、企業のマーケティング人材が足りていない問題もあるので、その場合は外注依頼をおすすめします。こちらのオウンドメディア運用・記事制作を外注で依頼時に確認するべきこと3を読んでみてください!

こちらより30秒で申し込みできるオンライン上での相談も受け付けているので、気になる方はお気軽にご連絡ください。また、コンテンツマーケティングの目標数を増やす電子書籍を提供しています。簡単な手続きでダウンロードできるので、ぜひ読んでみてください!

電子書籍の内容は、Webサイトやオウンドメディアで効率的に成果を出す分析についてお書きしています。どのような記事が刺さりやすいか、どのようなユーザーに刺さりやすいのかなど、細かく分析することができます!

Google Analyticsを活用した心理分析~BtoCマーケティング編~

投稿者プロフィール

渡邉典史
渡邉典史
デジタルマーケティングによる集客戦略を担当。独立後コンテンツマーケティングにおける企画立案から記事作成などを行い、サービス提供開始から最短2ヶ月で集客数6.5倍を達成。Googleアルゴリズムの研究を行い、SEO,MEO対策の目標達成が短期間で可能。海外経験を活かしインバウンドマーケティングの責任者としてホテル・旅館を中心に集客支援を行っている。