【SEO対策】ホテル・旅館のWeb集客で重要となる「キーワード選定」とは?

GoogleやYahooで「地域名+ホテル」の検索結果で上部にリスティング広告が表示されている。検索結果の上位に施設のWebイトではなく、OTAによる宿泊情報が表示されていませんか?

オーガニック(検索結果)の掲載順位が3位以下になってしまうと、ページのクリック率は急激に下がってしまいます。アプリ内からのOTA予約ならともかく、Web上でのホテルや旅館の指名検索または地域名を含んだ検索結果でも、OTA広告などが表示されてしまうから、自社サイトでの直接予約を諦めてしまう宿泊施設が多い印象があります。果たして本当にそうでしょうか?

Webサイトの構築は集客アップにつながる

自社サイトがないと認知度は上がらず、集客や販売戦略は難しいでしょう。OTA集客がメインだとしても、約半分のユーザーが施設のWebサイトに訪れる傾向なので、自社サイトは予約を決断するためのトリガーだと言えます。

「自社サイトは必要ない」という宿泊事業者の方もいらっしゃいます。しかし、SNSやメディアなど、自身で情報取得できるようになった時代では、予約を待つだけでは集客率は維持できなくなるでしょう。今後、OTAではなくWeb全体でのお客様を呼び込む宣伝が宿泊施設にも必要になります。要するにホテルマーケティングです。

最近の流行はSNSを活用したインフルエンサーマーケティングが注目されています。宿泊先での体験を写真や動画で撮影して、インスタグラムやYoutubeに投稿して、認知から予約まで繋げることができます。宿泊施設を宣伝する上で、認知したユーザーは検索することを踏まえれば、自社サイトの構築は欠かせません。

ホテル・旅館がキーワード選定をするメリットとは?

自社サイトを訪れるユーザーのアクセス数を伸ばすことで、予約数の増加が可能です。自社サイトの予約率が4%だと、100人の中の4人が予約します。1000人であれば40人、10000人であれば400人。直接予約の数を増やすことで、OTAへの支払い手数料は大幅に削減できます。

統計的な数字の出し方ですが、Webサイト内で目標達成率をベースにしたり、業種ごとの平均率があるので、そちらを基に施策を練ります。OTA集客が無くなることはないですが、自社サイトからの予約が売上高を伸ばしていくのは間違いありません。大手ホテル会社では、直接予約を増やすためにマーケティングを強化していることから、個人事業主からチェーンホテル会社でも予約経路を見直す時期が近々来るでしょう。

OTAに妨げられない領域での集客アイデアとは?

直接予約を増やす場合に、自社サイトを訪れてもらうことが条件になり、キーワードの検索結果でOTAが関与しない領域で施設の情報を打ち出すことです。ユーザーの目に触れる機会を増やすためには、「キーワード選定」と言われるWeb上の検索需要を調査する必要があります。

多くの旅行者は、訪れる地域を絞ってから宿泊施設を調べますが、「地域名+ホテル」と検索してしまうと、下記のように上部にOTA広告が掲載されています。

ここで注意したいのが、一般的に検索されそうなキーワードでは大手会社が費用をかけていたり、競合が多くいます。指名検索であれば、OTA広告が関与することはありませんが、施設のWebサイトが上位1~3位に表示されていないケースも少なくありません。

理由としては、Webサイトの情報量が適量ではなかったり、実際に閲覧したユーザーの反応があまり良くなかったことが考えられます。Googleはユーザーファーストで良し悪しを判断するので、サイトを作ればいいわけではないのです。

上位検索されるためには、検索キーワードを含めた有益なコンテンツ(情報)であることがポイントです。逆に検索結果の上位に表示できれば、既存の予約数をさらに増やせる見込みも十分にありえます。

検索ヒット率を上げるキーワード選定

ここまでお話したのは、ビッグキーワードという一般的に検索されやすいキーワードについてでした。これからご紹介するのは、スモールワードという競合との差別化を図る戦略にも繋がります。

ビッグキーワード「箱根 ホテル」
スモールキーワード「箱根 ホテル おしゃれ」

検索するキーワードを詳細を深掘りすることで、より的確な情報を検索できます。

「箱根 ホテル おしゃれ」の検索結果

東京から地域をさらに絞ると、その地域に限定するおしゃれなホテルが表示されるので、検索数は少なくなりますが、調べた商品・サービス・情報に対して興味度合いがはっきりしているユーザーは多くなります。近隣のホテルや旅館と差別化するためには、同じキーワードで上位表示を争っていては、比較検討する材料が多くなるので、効率の良い方法とは言えません。

その宿泊施設にしかない強みや特徴を言葉に落としこみ、Web上で検索される需要があるのかを検証していきます。上位表示の方法は、施設のWebサイトで対策キーワードを増やすこと、サイトと連携しているオウンドメディア(ブログ)で記事を投稿することです。

Web集客を拡大するために、さまざまな業種でオウンドメディア運用に力を入れていますが、宿泊施設では浸透していないので、優位なポジションを獲得できるチャンスです。実際に取り組んでみようと思ったときに、本記事で何度も出てきた「キーワード選定」を無料で行える方法をご紹介します。

キーワード関連ツールでコンテンツに当てはまりそうな関連ワードを取り上げます。

キーワード関連ツール

②選択したキーワードをGoogle Adwordsで検索ボリューム数を調べます。

*Google Adwordsで細かい数字を出す場合には、Google広告を運用する必要があります。低予算(月1000~2000)での運用も可能です。

Google Adwords

③検索需要があったら、コンテンツ作成を始めましょう。

コンテンツ作成を始める前に、対策キーワードで掲載されている競合記事を確認し、差別化ポイントの調査も重要です。検索キーワードだけを意識するのでなく、検索するユーザー側の目線になり、どのようなタイトルをクリックすれば悩みを解決できるかを考えます。有益なコンテンツを作るためには事前調査は欠かせません。

集客を伸ばすための無料ツール

冒頭でもお伝えした通り、宿泊予約の決断は自社サイトでの情報取得するユーザーも多いことから、サイト構築やWeb全体でのコンテンツ発信をすることが直接予約の数を増やすきっかけになります。近年での宿泊施設の増加や地域一帯での価格破壊により、自社サイトでの直接予約を増やす施策が重要だとおわかりいただけたでしょうか?

自社サイトでの情報発信について詳しく知りたい方は、こちらのマーケティングに該当する記事がオススメです。Web上で発信したコンテンツは定期的にデータ収集して、ユーザーの行動を分析をしましょう。最後ではありますが、今まで説明していた対策を実践するはWebサイトでいくつか設定を行わなければなりません。

【Webサイトや記事ページの分析に必要なツール】
・Google Analytics
・Google Adwords

・Search Console
・tag manager…など

ツールの導入やサイト改善または記事制作などのご依頼やご相談がありましたら、30秒で申し込みできるオンライン相談」よりお問い合わせください!

まずは自社のみで少しばかり頑張ってみたいと思っている方は、コンテンツ制作に役に立つ電子書籍を提供しているので、ぜひダウンロードして読んでみてください。本電子書籍の内容としては、Webサイトやコンテンツ制作を閲覧したユーザーの行動を分析するノウハウが詰まっており、改善することで目標達成数を増やすことができます。

Google Analyticsを活用した心理分析~BtoCマーケティング編~

投稿者プロフィール

渡邉典史
渡邉典史
デジタルマーケティングによる集客戦略を担当。独立後コンテンツマーケティングにおける企画立案から記事作成などを行い、サービス提供開始から最短2ヶ月で集客数6.5倍を達成。Googleアルゴリズムの研究を行い、SEO,MEO対策の目標達成が短期間で可能。海外経験を活かしインバウンドマーケティングの責任者としてホテル・旅館を中心に集客支援を行っている。