【連載第3回/SEO対策編】約10ヶ月でサイトアクセス数700%超え!比較される中でクリックされる秘訣とは?

ホテルマーケティング 連載コンテンツ

こんにちは。micadoの渡邉です!
前回の【連載第2回/SEO対策編】Googleを味方に!”あの”キーワードで上位表示を達成させるためのポイントとは?はご覧いただけましたでしょうか?

SEO対策に欠かせないキーワード選定についてご紹介しました。しかし、各サイトページのキーワードを整理するだけでは思うような成果は期待できません。

連載第3回目では、大半の方が知っている某リゾートホテル約10ヶ月でサイトアクセス数700%超えを達成した施策についてご紹介していきます!

約10ヶ月でサイトアクセス数700%超えの手法!!

①競合分析とペルソナ設定

公式サイトのアクセス数を飛躍的に上げるためには、類似する宿泊施設との差別化をする競合分析を行います。自社と比較したときに強みとなるコンテンツを取り上げましょう。

次に競合分析を行います。Web上にはさまざまな性質を持つユーザーがいるので、全ての方々に好かれようとするサイトを構築してしまうと却って刺さらないのです。

「誰に・何を・どのように」をできるだけ掘り下げ、宿泊してほしい客層を4パターンに分類するとサイトの構造や導線が明確になります。

②関連コンテンツを増やす

関連コンテンツとは、お部屋・お風呂・料理など、お客様が宿泊するときに何に対してお金を支払うのか…という予約材料になる要素(ページ)を増やします。

大半の公式サイトでは、各ページの詳細が明らかになっていないのです。写真による訴求は必要ですが、やはり宿泊予約をするときに必要なのは宿泊している姿をイメージさせることです

つまり、お部屋という一つのカテゴリでも滞在に関わる一連のストーリーを表現することで、その場で予約しなかったユーザーでも印象に残りやすくなることから、サイト内の再訪問にも繋がります。

同カテゴリのページ数を増やすことで、サイトパワーを高めるためのSEO対策に繋がり、主要キーワードでの上位表示にも影響します。

③原因の分析と改善策の立案と実践

①競合分析とペルソナ設定②(ターゲットに訴求した)関連コンテンツを増やすを実践したときに、次に行うのは良い結果・悪い結果が出ても、それらの原因を分析します。

当メディアでは何度もご紹介している”Google Analytics”を活用して、どのようなユーザー属性に見られていて、どのような行動をされているかを明らかにします。

売上に繋がった要因と繋がらなかった要因を分析をして、それぞれの施策と効果を社内のナレッジとして蓄積します。思うような成果が出なかったものに対しては、改善策を立案して新しく効果検証を行います。

半のホテル・旅館では、原因の分析と改善策の立案と実践を行わないことによって最適な施策を打てなかったり、高い費用対効果を出せていません。

現状の分析ができておらず、本当にやる価値はあるのか詳細が気になる方は、弊社が100社からのヒアリングを基に「ホテル業界の課題」を徹底解説している記事をご覧ください!

④リライト・サイト更新

公式サイトを構築するにあたって欠かせないリライト・サイト更新とは、Webサイトをフレッシュ(新鮮)な状態に保つことが特定のキーワードで上位表示される大きな要因の一つとなるのです。

サイトのレイアウトやデザインが良くないと、Web制作会社サイトリニューアルを提案してきますが、実際に新しくしたから売上が上がるわけではありません。

ページ内の細かい部分を修正したり、定期的な更新を行うことで、サイトの鮮度を保つことができます。

細かい修正って何なの? と疑問をお持ちの方は、本当は教えたくない!? ホテル・旅館のマイクロコピーの重要性とは?にて詳細を解説しているので、お役立てください!

アクセス数を上げる方法は無数にある

今回ご紹介した内容は、サイトアクセス数の向上・公式サイトからの直接予約数を増やすための一つの事例にしかすぎません。

施策の戦略は同じでも、戦術が他の施設と同じであれば効果は期待できないでしょう。宿泊施設によって、特徴や強みが違うので、打ち出す施策も異なるのです。

mint(micado hint)では、ホテル・旅館に特化したデジタルマーケティング施策を駆使しています。他のメディアでは目にすることのできない情報を公開しているので、少しずつでいいのでご覧になってみてはいかがでしょうか?

キャンペーン・イベントは最強コンテンツ

最後に、自社でコンテンツに挑戦してみようかな….とご検討されている方にぜひおすすめしたいのが、キャンペーン・イベントに関わるサイトページの作成です。

期間限定や特典などは、宿泊予約をするときに強力なコンテンツになります。他社では体験できないことをサイト上でに掲載することで、印象に残りやすいので試してみてはいかがでしょうか?

気になる詳細は、成果を上げるWeb集客の3ステップとは?ホテル・旅館が試すべき公式サイトの改善策でご紹介しているので、ぜひお役立てください!

まとめ

【連載第3回/SEO対策編】約10ヶ月でサイトアクセス数700%超え!比較される中でクリックされる秘訣とは? では、多くの人が知っているであろう某リゾートホテルの成功事例について取り上げました!

公式サイトのアクセス数が700%超えたことにより、全体の予約割合の10%を占めるようになっています。月々のOTA手数料もかなり削減できたので、本来無くなるべきはずだった手数料分をマーケティング予算に費やせるようになりました。

すでにSEO対策の連載記事は第3回目を終えようとしています。SEO対策にまつわる集客戦略や他のマーケティング施策について、いろいろとご検討されている方は、弊社が提供する初回無料ミーティングに申し込まれてはいかがでしょうか?

次は、【連載第4回/SEO対策編】”メディア化”せよ。”素晴らしさ”を伝えられる公式サイトが勝てるようになる時代に…をお届け予定ですが、いよいよ大詰めとなります。

SEO対策だけでなく、最終的に売上に繋げるための集大成についてご紹介します。今後の集客やブランド構築に役立つ内容となっているので、ぜひご覧になってみてください!

 

あなたにおすすめの無料eBook

売上改善に成功した宿泊施設の取り組み事例6選

予約がキャンセルされにくいWebサイトの仕組みとは

OBOへの取り組み2020年以降の宿泊業界の流れとは

おすすめのeBook

近日開催のセミナー

大手予約エンジン4社の特徴を徹底分析〜直接予約を増やすために改善すべきポイントを解説〜

開催日:2021年12月08日(Wed)

セミナー情報を見る

おすすめ記事

  • micadoのサービス