【Part1】コロナで新規開拓が壊滅!?リモートワークでも売上をつくるためのマーケティング思考とは

コロナによる営業やマーケティングの変化

新型コロナウイルスの影響により、多くの企業でリモートワークが導入されました。感染を避けるために、オフィスから徐々に従業員が減っていくなかで、企業・労働者の悩み・課題は膨らみつつあるのではないでしょうか?

従来の営業方法では、直接訪問やテレアポなど、「人 to 人」でのやり取りで成立していましたが、この状況で架電をしても担当者が不在だったり、電話受付すらしていないケースが増えています。

本記事では、マーケティングによりWeb上でアポや案件を獲得し、営業担当者を活かす方法をご紹介した記事となっております。

自宅でも成果を出すために、リモートワークで欠かせない情報になっているので、上司に怒られなたくなかったり、同僚に負けたくないという方はぜひお読みください!

リモートワークのマーケティング戦略とは

急にリモートワークが導入されて嬉しい方もいれば、望んでいない人もいるのではないでしょうか。特に困っているのは外出を頻繁に行う営業担当のために販売活動をサポートするマーケティング部署を指していることが考えられます。

コロナウイルスを引き金に、今まではアナログで行っていた営業もデジタル上での営業に切り替わることが予測され、仕事に対する働き方だけでなく、販売活動の戦略を見直しや改善をしなければなりません。

Web上での販売活動を強化するために、ユーザー(顧客)へのアプローチ方法や魅力を伝えるためのサイトデザインをより深く考えなければいけなくなりました。

「対面で会う人」と「Webサイト見る人」は同一人物でも、行動や心理は全く異なることが言えます。対面では相手の感情を即座に読み取り、その場で対応することができても、Web上では人とのコミュニケーションが削られるので、ユーザーごとの感情によって右にも左にも動きます。

つまり、アナログ営業で売れる商品でも、Web上でのデジタル営業に切り替わった途端、全く売れないのは、Webサイト上でのユーザー行動や心理を汲み取れていないことが考えられます。

自社が持っているWebサイトやECサイトで商品の販売促進を図るためには、どういった対策を取るべきなのでしょうか?

Web上での行動や心理の理解が「売れる」をつくる

企業の90%以上が自社のWebサイトを所持していると国や行政の統計データを目にしたことがありますが、実際に「Webサイト」を活用できているのでしょうか。

企業の担当者にWebサイトを持つ理由を伺うと、「念のため」「周りがやっているから」「今はWebがメインだから」と大雑把な回答をされますが、Webサイトを持つ最終的な理由としては収益を上げるためです。

Webサイトで集客や収益を諦めている人もいますが、この状況で営業ができないことを踏まえると、WebサイトやECサイトを強化するのは最優先事項です。

営業担当や営業を後押しするマーケティング担当者が今からやるべきこととしては、Web上から顧客(ユーザー)への販売戦略を徹底しなければいけません。
今回の記事では、基本的な情報の整理をしました。
回を追うごとに具体的な内容について説明していきますので、全4回の記事をぜひ読破してみてください!

【本記事でのポイント
・アナログ営業からデジタル営業
・「人 to 人」から「人 to Web」になる
・Web上での収益が鍵となる

次回は、【Part2】コロナで新規開拓が壊滅!?リモートワークでも売上をつくるためのマーケティング思考とはという、デジタルマーケティングをより効率的に行うための要点を取り上げた記事になっており、Web上の集客強化をしたいとお考えの方は、合わせてお読みください。

「これからマーケティングを勉強したいが、横文字ばかりであまり好きになれない」そんな方のために、マーケティングを身近な恋愛に喩えて解説して電子書籍を配布しております。
是非ダウンロードしてチェックしてみてください!

【micadoのお役立ち資料はこちら】

自称「恋愛マスター」が説くマーケティング戦略と恋愛戦略の教科書

投稿者プロフィール

渡邉典史
渡邉典史
デジタルマーケティングによる集客戦略を担当。独立後コンテンツマーケティングにおける企画立案から記事作成などを行い、サービス提供開始から最短2ヶ月で集客数6.5倍を達成。Googleアルゴリズムの研究を行い、SEO,MEO対策の目標達成が短期間で可能。海外経験を活かしインバウンドマーケティングの責任者としてホテル・旅館を中心に集客支援を行っている。