ユーザーの興味を惹く新着情報ページの活用方法とは?ホテル・旅館が今できるコト

宿泊需要が低迷しながらも春先以降を見据えて積極的な情報発信をしているかが重要です。

GoToトラベルキャンペーンが再開すれば旅行ブームが再来するのは間違いありませんが、さらにその先の宿泊運営を考えるのであれば、宿泊予約の可能性を高める施策が欠かせません。

そこで今回は新型コロナウイルスの感染拡大によって、変化が続いている宿泊市場から読み取ったデータを基に、ユーザーの興味を惹く手法について解説していきます。

コロナ渦中でも公式サイトの流入は少なくない!?

昨年から新型コロナウイルスの感染が拡大して、宿泊需要が一気に下がっています。

全国のホテル・旅館の稼働率が大幅に減少してしまいましたが、それに比例していないのが”公式サイトのアクセス数”です。

このサイトアクセス数が稼働率同様に減少しない理由は、”宿泊予約を検討しているユーザーは情報収集に時間を割くようになった”ことが考えられます。サイトアクセス数が減少しても、コロナ前と比べてサイトの滞在時間が比較的に伸びているケースも見受けられました。

つまり、コロナ渦中でも「旅行をしよう!」と考えているユーザーは、安心や安全に配慮しながら、訪れる地域周辺の施設をしっかり比較検討しているのでしょう。

今回の事態をきっかけに、宿泊予約に関するインターネット検索で変化したことは、”ユーザーの検索行動”や”宿泊予約に求めるもの”が変わったことです。

物やサービスが売れにくい時代に突入し、端的な情報の露出だけでは、ホテル・旅館は例年のような予約獲得が難しくなっていることが考えられます。

【コロナ渦中の宿泊市場で起きていること】

・サイトアクセス数またはサイトの平均滞在時間が伸びている
・宿泊予約を検討しているユーザーの行動は変化している
・端的な情報の露出だけではユーザーは興味を示しにくい

ユーザーにお得感を与える新着情報を発信すること

では、売れにくい状況だから何も対策をしないのは正しいことなのでしょうか?

実はマーケティング的に言うのであれば、予約が獲得できないから何の集客施策もしないのは得策ではありません

特に宿泊業界のマーケティングは特殊で、宿泊をする旅行者の多くは前々から情報収集を始めて、ある程度の時間をかけて”予約”という行動に移ります。

もちろん旅行者の属性によって、検索の方法や検討の時間は異なりますが、全ての宿泊施設に共通して言えるのは、あらかじめ予約したいと思わせるような情報を揃えておくことです。

そこで活用すべきなのが、新着情報ページやスタッフブログのページ内での情報発信です。

ほとんどのホテル・旅館の公式サイトでは、お部屋・料理・お風呂など、宿泊施設が基本的に持っているコンテンツの露出しかしていないので、却って差別化要因の創出が難しいことが考えられます。

ただし、情報の発信量を増やせば予約が増えるというわけではありません。ユーザーの興味を惹くためのコンテンツに仕上げることが重要です。

【ホテル・旅館が新着情報を発信すべき理由】

・宿泊予約をするにあたって、比較検討されている
・多くの宿泊施設は同じような情報を露出している
・ユーザーの興味を惹くコンテンツが少ない

情報発信で欠かせない2つのコト

その情報発信で重要なポイントは、「ターゲティング」「情報コンテンツの落とし所」の2つです。

「ターゲティング」とは、誰に向けて情報を発信するのかを明確にする必要があります。ターゲットを絞らないと却って誰にも刺さらなくなってしまうのがWeb上の特徴です。

「情報コンテンツの落とし所」とは、ターゲティングを決めただけでは、記事を読まれて終わってしまいます。発信したい情報に関連している施設のコンテンツ(おすすめプラン、施設詳細のページなど)に誘導することで、ユーザーの記憶に残りやすい手法になります。

上記の2つのうち、どちらかが一つでも欠けてしまうと読者(ユーザー)の記憶に残りにくくなってしまうので、「ターゲティング」と「情報コンテンツの落とし所」を明確にしてから、試してみてください!

新規ユーザーに記憶してもらうことが初めの一歩

公式サイト内での情報発信は、すぐに結果がでるわけではありません。しかし、継続することでサイトアクセス数が上がり、施設のブランディングにも良い影響が与えられます。

すでに公式サイトのアクセス数が1万PVあるホテル・旅館であれば、新着情報を発信し続けることで、宿泊予約の検討熟度を上げる好材料になるでしょう。

まずは、始めてサイトに訪れたユーザーの記憶に残るような情報コンテンツを作ってみてください!

サイトアクセス数の促進を考えている方は、『ブランドの価値を上げるSEO対策』予約に繋がるWeb集客術!もご覧になってみてはいかがでしょうか?

私たちはこれまで培ってきた支援実績から得た経験や独自のノウハウを基に、ホテル・旅館さまの望む結果を出すための最適な提案をさせていただきます。

お問い合わせフォームよりご連絡いただければ、Webサイトのチェックを含めたオンラインミーティングを実施いたします。

micadoの詳細をもっと知りたい方は、ホテル・旅館に向けたマーケティング知識やノウハウを公開している弊社メディアをご覧ください。Web集客力の向上や宿泊予約を増やす戦略・戦術が豊富なので、ぜひお役立てください!

売上改善に成功した宿泊施設の取り組み事例6選

投稿者プロフィール

渡邉典史
渡邉典史
デジタルマーケティングによる集客戦略を担当。独立後コンテンツマーケティングにおける企画立案から記事作成などを行い、サービス提供開始から最短2ヶ月で集客数6.5倍を達成。Googleアルゴリズムの研究を行い、SEO,MEO対策の目標達成が短期間で可能。海外経験を活かしインバウンドマーケティングの責任者としてホテル・旅館を中心に集客支援を行っている。