閉じる 
ホテルマーケティング ホテル業界ニュース

2024.01.26

ホテルマーケティングに”データ”が欠かせない理由を解説!売上を上げるために理解すべきこと

ホテルマーケティングに”データ”が欠かせない理由を解説!売上を上げるために理解すべきこと

ホテル業界において、データの重要性がますます高まっています。特にホテルマーケターにとって、データは成功への鍵となっています。

今回は、ホテルマーケティングにおけるデータ活用の重要性に焦点を当て、その理由について詳しく解説します。マーケティング初心者の方や、データを実際にどのように活用していいかが分からなくてお悩みの方は、ぜひ最後までご覧ください!

データの重要性を理解する5つの理由

データを分析することで見えてくることは、たくさんあります。ここでは、ホテルマーケティングにおけるデータの重要性について、5つの理由をご紹介していきます。

1. 優れたデータは優れた洞察をもたらす

ホテル運営において、多様で豊富なデータへのアクセスは、重要な課題です。限られたデータでは、顧客体験だけでなく、収益にも影響を及ぼす予約行動の微妙なパターンを特定することが難しいかもしれません。

豊富なデータがあれば、ゲストの行動や関心をより深く理解できます。この情報を活用することで、特定の施設やアメニティを強調し、顧客満足度を高め、顧客のロイヤリティを向上させることができます。

関連記事:データ分析でホテルの売上に差がつく!マーケティングに欠かせない力

2. クリーンなデータは正確なターゲティングを可能にする

クリーンなデータは、誤った情報や重複データなどを排除し、正確なゲストプロファイルを構築するのに役立ちます。クリーンなデータを活用することで、マーケティングキャンペーンを的確にターゲットし、メッセージを適切なタイミングで届けることができます。

3. データセグメンテーションで個別化を可能にする

一般的なメッセージを送る時代は終わりました。ゲストプロファイルを特定の要因に基づいてセグメント化することで、特定の顧客セグメントに向けたターゲットメッセージを作成できます。これにより、マーケティング費用を最適化し、収益を向上させることができます。

4. アクセス可能なデータはマーケティングオペレーションを効率化する

顧客データへの直接アクセスは、迅速に適切なメッセージを送ることを可能にします。カスタマーデータプラットフォーム(CDP)を使用することで、データを一元管理し、自動化によってマーケティングオペレーションを効率化できます。これにより、迅速なキャンペーン展開やエラーマージンの削減が実現します。

5. ホリスティックなプロファイルはオムニチャネルマーケティングを強化する

断片的なデータシステムでは、データが分断され、マーケティングの効果を妨げることがあります。CDPを活用することで、さまざまなSNS、メール、PMS(プロパティマネジメントシステム)、POS(ポイントオブセール)、ゲスト満足度調査などから総合的な顧客データを取得し、オムニチャネルマーケティングを強化できます。

これにより、ゲストへのメッセージが彼らの好みに合ったチャネルを通じて届けられ、顧客体験が向上します。

関連記事:売上が上がらないのは立地のせいじゃない。戦略的になれば売上を改善できる理由とは

まとめ

ホテルマーケティングにおけるデータ活用は、成功への不可欠な要素です。優れたデータ、クリーンなデータ、セグメンテーション、アクセス可能なデータ、ホリスティックなプロファイルを活用することで、ホテル業界はより効果的なマーケティングを実現し、顧客満足度を向上させ、収益を増加させることができます。データを活用して、ホテルビジネスの成功に一歩近づきましょう。

引用記事:https://www.hospitalitynet.org/opinion/4119833.html

他の人はこちらも読んでいます

  • micadoの無料eBook

    今この記事をお読みの方にピッタリの教材はこちらの2つ!

    eBook一覧

    ダウンロード

    ダウンロード

    MORE FROM mint
    セミナー動画まとめ視聴
    動画で学べるホテルマーケティング
    会員限定コンテンツ
    無料登録で非公開の情報も見放題
    メルマガ登録
    常に最新のマーケティング情報を収集
    Contact
    お問合せ
    お気軽にご相談ください→
    Company
    会社概要
    詳しくはこちら→
    Recruit
    採用情報
    詳しくはこちら→