デジタル戦略・戦術 ホテルマーケティング ホテル業界ニュース

2023.07.28

2023.03.04

ホテルマーケターが知っておくべき、サードパーティ・クッキー廃止後のWeb集客戦略への影響について

#Webサイト #webサイト制作 #Web分析・改善

近年、プライバシー保護のためのサードパーティ・クッキーの規制に関する動きが活発化しており、Googleは2024年後半に廃止することを発表しました。

本記事では、サードパーティ・クッキー廃止後に、ホテル・旅館のマーケティング担当者が行うべきマーケティング施策に影響を与える要因について解説します。特にどのような対策を講じて、何に注力すべきかを詳述し、ホテルマーケターに欠かせない要素なので、最後までお読みください。

サードパーティ・クッキー廃止がホテル・旅館に与える影響とは?

サードパーティ・クッキー廃止による主な影響は、ホテルマーケターがサードパーティ・クッキーを利用したプラットフォームを利用して、潜在顧客にパーソナライズしたコンテンツや広告を配信することができなくなることです。

個人情報保護法に準じながらも、サードパーティ・クッキーを使用しないクリエイティブなマーケティングによって希望する顧客にリーチできるような、他の方法を考え出す必要があります。

さらに、ホテルのマーケティング担当者にとってもう一つの懸念点は、既存のデータソースを失うことです。サードパーティ・クッキーは、ホテルのマーケティング担当者に、マーケティング戦略の参考となる貴重なデータを提供します。

このデータにはWebサイトの訪問回数や顧客の属性などの情報が含まれますが、クッキーがシステムから削除されると利用できなくなります。マーケティング担当者はメールキャンペーンやアンケート調査など、同等の効果を持つ他のデータソースにアクセスすることができますが、別の方法で実施する必要があります。

サードパーティ・クッキー廃止後のホテルマーケティングの課題

ホテルマーケターが知っておくべき、サードパーティ・クッキー廃止後のWeb集客戦略への影響について

マーケティング施策の効果を最大化するために、ホテルのマーケティング担当者はサードパーティ・クッキー廃止によってもたらされる課題を認識する必要があります。その課題とは、パーソナライゼーション(個々への最適化)とレリバンシー(関連性)です。パーソナライゼーションは最大の課題の1つです。

2024年後半以降からは、サードパーティ・クッキーに頼ることができないため、ホテルのマーケティング担当者はキャンペーンをよりパーソナライズするための他の方法を見つけなければなりません。この分野で成功するためには、ホテルのマーケティング担当者は、より包括的なカスタマージャーニーマッピングと顧客分析に投資する必要があります。

もう一つの課題は、キャンペーンに関連性を持たせることです。サードパーティーのクッキーは現在廃止されつつあるため、マーケティング担当者はさまざまなデータソースに基づいて、より関連性の高いキャンペーンを行う方法を見つけなければなりません。

メールキャンペーンやアンケートは、関連性の高いキャンペーンを作成するために分析・使用できる十分なデータを提供します。また、マーケティング担当者は、キャンペーンの関連性を維持するために、顧客のセグメンテーションとカスタマー維持の戦略にも注力すべきなのです。

ポストサードパーティクッキー時代に向けたWeb戦略

ホテルマーケターが知っておくべき、サードパーティ・クッキー廃止後のWeb集客戦略への影響について

サードパーティ・クッキー廃止後のマーケティングを成功させるためには、さまざまな新しい戦略を採用する必要があります。これらの戦略には、顧客フィードバックの活用、AIや機械学習への投資、新しいデータソースの特定などが含まれます。

マーケティング戦略を成功させるためには、顧客からのフィードバックが欠かせません。ホテルのマーケティング担当者は、顧客からのフィードバックに注目し、顧客の悩み・文化・要望を特定することが重要です。これにより、それらの顧客ニーズに焦点を当てたターゲットキャンペーンを作成できます。

AIや機械学習への投資も、クッキー廃止後のマーケティング戦略を成功させる鍵となります。AIと機械学習は、顧客セグメントの特定やカスタマージャーニーの調整、キャンペーンのパーソナライズなどに活用され、関連性とエンゲージメントを高めることが可能です。

また、新しいデータソースを確保することも、クッキー廃止後のホテルマーケティングには欠かせません。マーケティング担当者は、ホテルのWebサイトでのユーザー行動・アンケート・投票・コメントからの顧客フィードバックに注目しましょう。これらの新しいデータソースは効果的なマーケティング戦略に活用でき、貴重な顧客インサイトを提供することができます。

ホテルマーケティングにおける革新的なアプローチの利点

ホテルマーケターが知っておくべき、サードパーティ・クッキー廃止後のWeb集客戦略への影響について

サードパーティ・クッキー廃止の影響や課題は大変に思えるかもしれませんが、クッキー廃止後に創造的で革新的なマーケティング戦略を実施することで、顧客エンゲージメントとロイヤルティの向上、顧客インサイトの改善、ROIの向上など、いくつかのメリットを得ることができます。

顧客からのフィードバックに注目してAIや機械学習に投資し、新しいデータソースを確保することで、ホテルと顧客との関係をより深めることができます。また、これらの戦略を活用することで、顧客ロイヤリティの向上にもつながり、より良い顧客インサイトを得ることができるようになります。

最後に、サードパーティ・クッキー廃止後のホテルマーケティングに革新的な戦略を活用することは、費用対効果の向上につながります。顧客データの分析に時間をかけ、よりパーソナライズされたキャンペーンを行うことで狙った顧客にアプローチでき、確実に利益を上げることができます。

まとめ

サードパーティ・クッキーの廃止は、ホテルのマーケティング施策に影響を与えることは間違いないないでしょう。改めて以下に課題をまとめたので、振り返ってみましょう。

①2024年後半にパーソナライズしたコンテンツや広告を配信ができなくなる
②より包括的なカスタマージャーニーマッピングと顧客分析に投資する必要がある
③ホテルのWebサイトでのユーザー行動・アンケート・投票・コメントからの顧客フィードバックが重要

これから約2年弱で、Webマーケティングの戦略が大きく変化してくるので、データ蓄積や分析にも時間を割くことが欠かせません。

660社以上のWebサイトを分析してきたmicadoが無料配布しているeBook(電子書籍)では、マーケティングで成功した事例集やお金を払わないと得られないノウハウなどを公開しております。

「社内のマーケティング力を上げていきたい」や「予約を増やすOTA集客のノウハウが知りたい」など、成功事例をつくりながらノウハウを蓄積していくコンサルティングをご希望のホテル・旅館様は、無料でオンライン相談も行なっております。

コロナ禍でも予約が多い施設は、ホテルブランディングやマーケティング活動に特化しております。皆さまも将来を見据えて、より多くのお客様にご宿泊してもらいましょう!

micadoの無料eBook

今この記事をお読みの方にピッタリの教材はこちらの2つ!

eBook一覧

ダウンロード

ダウンロード

SEARCHmicadoのサービスを探す

サービスから探す

課題から探す