Googleホテル広告は何が違う?直接予約の獲得へつなげる方法

Googleが提供しているGoogle広告を利用すると、より多くの人にウェブサイトをクリックしてもらえるようになりますが、ホテル・旅館に特化した「Googleホテル広告」を活用することで、宿泊予約率を向上できる可能性が高まります。

今回は、Googleホテル広告とはどういったシステムで、利用することで得られるメリットについて解説していきます。直接予約を増やしたいと思っている宿泊施設さまはぜひお役立てください!

Googleホテル広告とは

Googleホテル広告とは、ホテル・旅館に向けて作られた広告サービスです。予約サイトを介して検索しなくても、GoogleやGoogleマップ上で特定のホテル名か「地名+ホテル」と検索するだけで、ホテル・旅館の空室状況や料金が分かります。

また、宿泊日程や利用人数などを指定すれば条件を満たした情報が表示され、クリックするとホテル・旅館の口コミや写真、連絡先などの情報も確認できます。ホテル・旅館の公式サイトを含めた予約サイトの料金比較をしながらそのまま予約サイトへと飛ぶこともでき、とても便利で見やすい設計となっています。(下図参照)

Google広告とGoogleホテル広告は別物です。Google広告は、検索画面で上位に表示されているウェブサイトよりも上に広告としてウェブサイトを表示させるのに対し、Googelホテル広告は部屋の料金や空室検索ができます。(下図参照)

Googleホテル広告は基本的に無料で利用できるのですが、有料プランを利用すれば掲載位置が上位になり、より多くの人に見てもらえるようになります。

最新の情報を提供したり、ランディングページのクオリティを上げて離脱の可能性を低くしたり、口コミを増やす努力をすることで、Googleホテル広告を最大限に活用でき、集客または宿泊予約の獲得へとつなげられます。

関連記事:「地域名+ホテル(旅館)」と検索して出てくる公式サイトは何が違う?押さえておきたいSEO対策の知識を解説!

Googleホテル広告を運用するメリット

Googleホテル広告には複数の料金プランがあり、最適な課金方法を採用することで効率よく集客・宿泊予約の獲得が可能になります。

広告費用を抑えられる

Googleホテル広告の無料掲載枠と有料掲載枠の違いは、”掲載位置”です。無料掲載枠では、クリックや宿泊予約の獲得があっても費用は発生しませんが、有料掲載枠の下に表示されるので集客力で劣ってしまいます。一方有料掲載枠は、上位に表示されるのでユーザーの目に留まりやすく、クリック率に大きな差が出ます。

有料掲載枠の費用は成果に対して課金されていく方 式になっており、5種類の課金方法があります。

  • 個別クリック単価
  • 割合クリック単価
  • 拡張クリック単価
  • コミッション(コンバージョン課金型)
  • コミッション(宿泊課金型)

コミッション型には2種類あり、コンバージョン課金型は、予約キャンセルの有無関係なしに、予約された合計金額の割合に対して費用が発生します。一方宿泊課金型では、実際に宿泊された時のみ課金され、予約がキャンセルされたら費用は発生しません。

宿泊施設によっては、キャンセルを見込んであえてオーバーブッキングをしている施設もあるかと思いますが、そういったホテル・旅館にとっては宿泊課金型のほうが適切で、自社のマーケティング方針によって最適な料金プランで効率的に売上を上げることができます。

スマートフォンからの流入

普段からGoogleマップを利用しているユーザーであれば、同じように利用できるので馴染みがあり、スマートフォンとの相性がとても良いです。パソコンと違ってさくっと調べることが多いスマートフォンでは、なるべく操作を減らしてすぐに情報を得たいユーザーが多くいます。

公式サイトやOTAからだと、ブックマークしていない限り一度検索してサイトを訪れてから欲しい情報を探して情報を得るので、探す作業やたくさんクリックをして目的地へとたどり着きます。しかしGoogleホテル広告では、ホテル名を指定して検索すれば住所や評価、予約サイトの一覧が料金とともに検索結果の画面に表示されるので、探さなくてもすぐに情報へアクセスできます。

旅行の計画疲れをしてしまうユーザーもいるので、少ない操作性での料金比較など、少しでも負担を減らすことで直接予約の獲得へとつなげられます。

関連記事:ホテル・旅館が徹底すべきMEO対策とは?集客力を上げる運用ポイントの解説

効率的に活用して宿泊予約の獲得へ

Googleでホテルに関する検索をすれば今回紹介したページが表示されるので、膨大にいるすべてのGoogleユーザーにリーチができます。

地図検索など、Googleマップの最適化については、ホテル・旅館必見のMEO対策!毎日10分の取り組みが将来の売上に繋がるの記事でも紹介しているのでぜひご覧ください!

Googleホテル広告が公認しているパートナーに運用の相談をすれば費用対効果も期待できるので、日々多忙な業務に追われている宿泊施設さまはぜひご活用ください!また、ホテルに特化したマーケティング会社にお願いするのも一つの手です。

弊社では、これまで多くのホテル・旅館さまの売上改善を行ってきた経験から、達成したい目標への最適な提案をさせていただいております。OTAの運用やコンテンツ作成、公式サイトのSEO対策など多岐に渡ってお手伝いさせていただいているので、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

micadoの詳細をもっと知りたい方は、ホテル・旅館に向けたマーケティング知識やノウハウを公開している弊社メディアをご覧ください。Web集客力の向上や宿泊予約を増やす戦略・戦術が豊富なのでお役立てください!

また、ホテル・旅館向けに無料で参加できるオンラインセミナーを毎月開催しております!他社では聞けないホテルや旅館の集客戦略やデジタルマーケティングに関するセミナーを行っているので、ご都合よろしければぜひご参加ください。過去のセミナー動画も無料で視聴可能なのでぜひお申し込みください!

 

売上改善に成功した宿泊施設の取り組み事例6選

投稿者プロフィール

髙橋瑞希
髙橋瑞希
ホテル・旅館の集客戦略やブランディングなどの情報を発信し、mint(micado hint)のメディア運営を担う。海外のホテルマーケティングを研究し、新たなデジタルマーケティング施策を推奨しながら、宿泊業界に貢献をする。