宿泊予約につなげる!ホテル・旅館の最大の課題であるSEO対策とは

SEO対策は、Webサイトを運営している企業であれば常に意識しておかなければいけないにも関わらず、常に検索順位が変わるので一回で終わるマーケティングではありません。定期的にアップデートがされていく中で、対策の大変さに悩んでいる宿泊施設様も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ホテル・旅館に必要なSEO対策の一部を解説しています。

どうしてホテル・旅館にSEO対策が必要なのか

SEO対策とは、Search Engine Optimizationの略で、直訳すると「検索エンジン最適化」です。特定のキーワードで検索したときに自社のWebサイトを上位に表示させることを意味し、対策を取ることでより多くの人へ知ってもらうことが可能になります。

SEO対策は、Webサイトに力を入れている企業に必要と思われがちですが、ホテル・旅館においてもとても重要です。なぜなら、ホテル・旅館は頻繁に訪れる場所ではないので、Webサイトや口コミサイトを活用して集客する必要があります。Webサイトのアクセス数を増やすことができれば、より多くの人にホテル・旅館のことを知ってもらえ、結果的に直接予約の獲得が可能です。

またSEO対策では、看板広告やCM、ポスターといった従来の宣伝方法とも変わらない集客効果が見込めると同時に、大幅にコストを抑えて集客が可能です。集客にかけるコストを削減することで、施設やサービスへ投資ができるようになるので、顧客満足度にもつながります。

ホテル・旅館の場合、特定の施設名よりも「地名+ホテル」といったキーワードで調べられる傾向があり、その中でSEO対策をしてより上位に表示されれば、Web集客につながります。SEO対策には基本的なものから応用して行うものまでありますが、本記事ではターゲットと検索キーワードの選定など、基本的な4つのポイントに絞って解説しています。

SEO対策でおさえておきたいポイント

1. ターゲットと検索キーワードの選定

SEO対策の基本は、ターゲットと検索キーワードの選定です。ターゲットが明確であれば、「東京+ホテル+子連れ」など、より競合の少ないキーワードで検索順位の上位を狙うことができ、ターゲットの目に触れる機会が増えます。

競合の多いキーワードで検索順位の上位を狙おうとする場合、旅行メディアなどと戦うことになり、コンバージョンの前にアクセス数を上げることが難しくなってしまいます。ですので、ターゲットと検索キーワードの選定は、SEO対策における一番の課題とも言えます。

2. ブログで質の高いコンテンツを提供する

検索エンジンの中でも圧倒的なユーザー数を誇るGoogleで、検索順位で上位に表示させるためには、Webサイトの質の高さも関係しています。ただホテル・旅館の情報を載せるだけでなく、ブログや記事を付随したWebサイトの方がいろいろなキーワードへのSEO対策になるだけでなく、全体の質も高くなります。

ホテル・旅館の場合には、宿泊に関連する観光情報やアクティビティについての記事コンテンツを出すことでWebサイトの集客力が高まり、幅広いユーザーに周知できます。

3. ページタイトルとディスクリプション

ページタイトルとはWebサイトのタイトルのことで、たとえばWebサイト全体のタイトルや、「会社案内」などのことで、ディスクリプションはページタイトルの下に表示されるWebサイトの説明文のことです。(下図参照)

SEO タイトル ディスクリプション

ページタイトルとディスクリプションもSEO対策の重要な要素で、最初に選定した検索キーワードを含む必要があります。ページタイトルは一番目に付く文章なので、検索したキーワードへの回答となるようなタイトルにしましょう。

タイトルの下に表示されるディスクリプションは、Webサイトにどういった情報が書かれているのかを記載し、どうして他のWebサイトではなくて、このWebサイトを見る必要があるのかを解説します。すると、クリックしてもらえる可能性が高くなります。

4. レスポンシブを改善してWebサイトを早く表示させる

せっかくSEO対策をして、Webサイトのアクセス数が増えても、ページの読み込みが遅いと離脱の原因となります。ホテル・旅館にとって写真や動画は一番魅力が伝えられるため頻繁に使用しがちですが、読み込みが遅くなる原因となってしまっては、Webサイトから離脱してしまいます。

また、スマホやタブレットなどの端末からの閲覧も考えて、自動でWebサイトのサイズが対応するようにする必要があります。実際にどんな影響があるかについては、【スピードUP=売上UP】ホテル・旅館がページの表示速度を改善しなければいけない重大な理由とは?でも詳しく解説しています。

SEO対策でWebサイトが上位表示できれば宿泊予約につなげられる

SEO対策は、最終的に直接予約の向上へとつながるので、ホテル・旅館にとって一番の課題といっても過言ではありません。取り組み始めてすぐに成果が出る訳ではないので、マーケティングの対策として常に取り組む必要があります。

今回紹介したポイント以外にも、「地域名+ホテル(旅館)」と検索して出てくる公式サイトは何が違う?押さえておきたいSEO対策の知識を解説!にてSEO対策に必要な知識を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!

また弊社では、これまで培ってきた支援実績から得た経験や独自のノウハウを基に、ホテル・旅館さまの望む結果を出すための最適な提案をさせていただくだけでなく、ホテル・旅館のドローン撮影や館内撮影も行なっております。お問い合わせフォームよりご連絡いただければ、Webサイトのチェックを含めたオンラインミーティングを実施いたします!

投稿者プロフィール

髙橋瑞希
髙橋瑞希
ホテル・旅館の集客戦略やブランディングなどの情報を発信し、mint(micado hint)のメディア運営を担う。海外のホテルマーケティングを研究し、新たなデジタルマーケティング施策を推奨しながら、宿泊業界に貢献をする。