お客様にとって「特別な1日」を。熱海の老舗ホテルニューアカオで体験できる”くつろぎの1日” 

みなさまこんにちは、micadoの田代です。 

今回は小さい頃から家族旅行でお世話になっている「ホテルニューアカオ」さんに取材させていただきました! 

熱海の中でも指折りのホテルとも名高いホテルニューアカオさんの特徴やおすすめの過ごし方など、熱海旅行を堪能するためのご紹介をしていきます。 

また、普段耳にすることのないホテルニューアカオさんの接客に対する熱い思いもお楽しみください! 

【アカオリゾート公国】
熱海市に2つのホテル、楽しみながらお食事ができるディナーショー、25万坪の敷地には四季折々の花と自然が美しいアカオハーブ&ローズガーデン、夏はアカオビーチリゾートを開放している大リゾートエリア。 ホームページ:https://www.i-akao.com/

田代:亀井さん、鈴木さん、今日はよろしくお願いします! 幼い頃からお世話になっていることもあり、色んな思い入れがあるのですが、今日はそれを抑えつつ、色々とお話を伺っていければと思いますので、よろしくお願いします! まずは、ホテルニューアカオさんの歴史について教えてください! 

亀井さん:はい! よろしくお願いします! アカオは1954年に創業しましたが、当初は「アカオ旅館」という名前で営業していまして1973年からホテルニューアカオとして運営が始まりました。そして現在は、ホテルニューアカオとロイヤルウイングの2つのホテルを運営しています。 

田代:私がまだ幼い頃に、家族とホテルニューアカオさんに何度かお世話になったのですが、これほどの長い歴史があることを知りませんでした。。 

亀井さん:ホテルニューアカオは、熱海市内の中でも”老舗のホテル”とも言われています! 40歳〜50歳の方が熱海のホテルと言えば、「ホテルニューアカオだね!」と、ネームバリューもある方なのではないかと思います。 

田代:私自身の勝手なイメージですが、両親もまだ若かったので、若い家族連れが多かったのかと思ってましたが。。 

亀井さん:子供の頃にご宿泊された記憶を思い出し、大人になってからも再び泊まりに来られる方もいるみたいです。 

昔と比べると、現在の宿泊相場も下がってきたので、「じゃあ、アカオに泊まってみよう!」ということで来られる方も多いみたいです! 

田代:僕ら世代の人たちも増えてきているんですね!  幅広い年齢層にも人気のあるホテルニューアカオさんの特徴についてお伺いしてもよろしいでしょうか。 

亀井さん:当社では、ホテルニューアカオとロイヤルウイングがホテルとして2つ、アカオハーブ&ローズガーデンと、夏季限定で開放しているビーチリゾートがあ ります。 

格式のある娯楽を楽しむことができるホテルで、ディナーショーを見ながら食事が楽しめたり、射的ができる縁日スペースや飲み屋街などのレトロスタイルな空間、一昔前の時代を味わえるコンテンツ(設備)が充実していますね! 

さらに、ロイヤルウイングでは、南フランスのような雰囲気がコンセプトとなっており、ニューアカオのレトロスタイルとは違って、観葉植物や自然を活かした雰囲気とお部屋からの絶景を堪能しながら、ゆったりと過ごしていただけます! 

亀井さん:熱海駅からホテルニューアカオまでは、3.5kmと市内から離れていますが、車の場合は約10分でアクセスできます。 電車で来られる方は、熱海駅の改札を出るとファミリーマートがあるので、そこから送迎バスをご利用できます。毎時30分ごとに出ているので、アクセスは簡単です! 

施設の立地としては、熱海市内にホテルが乱立している場所ではなく、「自然の豊かな場所に位置するホテル」というのが、ホテルニューアカオのコンセプトにもなっています! 

田代:お話しを聞いているだけでもはっきりとあの頃のイメージが思い出せます…! ではここで、ホテルニューアカオさんのお部屋・お風呂・お料理の特徴をお伺いしてもよろしいでしょうか? 

鈴木さん:ホテルニューアカオですと部屋タイプは5つで、和室・ツイン・和洋室・ロイ ヤルルーム・スイートルームがあり、全室オーシャンビューを見渡せるローケーションです!

和室からは海と熱海市内の夜景が見えるお部屋、景色が反対側に位置しているお部屋では、 青い空と青い海を一望できます。朝には日の出を見ることができて、波音を聴きながらのんびりとお過ごしできます。 

温泉に関しましては、海のすぐそばにある「スパリウム”波音(なみね)”」という露天風呂と、15階からオーシャービューを見渡せる「スパリウム”ニシキ”」という大浴場の2ヶ所をご用意しています。

「スパリウム」とは、SPA(温泉)+ARIUM(場所・空間)を重ね合わせた言葉を意味しています。”自然と人とが一体化し、贅沢な時間と空間でリフレッシュしていただきたい”という願いが込められた我々の造語ですね!

露天風呂以外にも、スパリウムニシキには2タイプの内湯があります。”ダークブルーを 基調とした内湯”と”ライトブラウンを基調とした内湯”では、朝と夜に味わえる雰囲気が異なるので、ぜひご利用していただきたいですね! 

鈴木さん:ホテルニューアカオの食事では、ディナーショーを毎日開催しており、和洋折衷のコース料理を召し上がれます。 時期によって外国人のバンドが来られるのですが、その際には日本語の歌を覚 えてもらって、お子様でも楽しめるディナーショーにすることを意識しています! 

田代:現在も「ディナーショー」は開催されているんですか? 

鈴木さん:はい! 今の時期はクラシックのディナーショーを開催しています。ホームペー ジでは、ディナーショーの詳細は公開していませんが、お客様がチェックインしたときにフロントでご案内させて頂いています! 

田代:ホテルニューアカオさんが老舗ホテルで人気が絶えない理由がだんだん見えてきました! では、熱海市内にある他の宿泊施設では体験できない「ディナーショー」が強みと いうことでしょうか? 

鈴木さん:我々の強みとなる部分は、滞在中にホテル内で1日楽しめることです! 何回もご宿泊してくださるお客様でも、早めにチェックイン手続きを行い、1〜2時間ほどアカオハ ーブ&ローズガーデンを散歩して、花景色をご覧になられてからホテルへ戻り、お風呂やお食事などを楽しまれています。 

ホテルや旅館にご宿泊される際に、施設内だけで旅行が完結するのは難しいですが、ホテルニューアカオでは、敷地内だけで様々な体験ができるホテルなのが特徴です! 

田代:施設内だけで完結するホテル…ですね。そうなると、お客様と接する時間も多そうですね! 接客面でのこだわりや意識しているポイントはありますか? 

鈴木さん:接客スタイルは一人ひとり違いますが、フロントとして大切にしているのは、お客様と一番初めに会う場所なので、笑顔や感謝など当たり前のことを意識しています。 

我々スタッフ側は、仕事の一環としてホテルでの日々を当たり前の日常として過ごしているかもしれませんが、お客様にとっては、365日の中の特別な1日なので、その1日に選んで頂 いたことに感謝をし、選んで良かったと思ってもらえるような接客を心掛けております。 

田代:365日の中の「特別な1日」って良いですね! ホテルニューアカオさんのお客様に対する思いが伝わってきます。実際にご宿泊される方々はどのような客層で、どのように過 ごされているのでしょうか? 

鈴木さん:通常はご夫婦の方々が多く、夏休みだと子連れのファミリー層が多く、1日を通してビーチやホテルで楽しんでいる方をお見受けします。 

チェックイン時間より早く来られた方は、フロントにお荷物をお預けになられて、アカオハ ーブ&ローズガーデンまたは熱海駅の方に足を運ばれます。そして先にお越しになられたお客様から優先的にお部屋の準備をしますので、お戻りになられた方は、お部屋での時間を楽しまれたり、波の音を聴きながらくつろがれています。 

その後のおすすめの過ごし方としては、お食事の前にお風呂に入り、浴衣でお食事を召し上がった後、射的などを楽しんだり1日を通して遊んでいただけると嬉しいですね。 

翌日は、朝風呂ですね! 日の出が見えて夕方や夜と違う景色が楽しめます。お風呂が好きなお客様は1泊で4回くらい入るお客様もいらっしゃいます! 

田代:熱海市周辺のおすすめ観光スポットや、ここには足を運んでほしい! という場所は ありますか? 

鈴木さん:熱海市内の観光につきましては、駅の近くにある商店街が人気ですが、お客様の 空いている時間帯によって、おすすめするスポットは変えていますね。 例えば、年配のご夫婦には、MOA美術館で芸術を観賞していただいたり、お子様連れのご家族には、熱海城やトリックアートなどをお勧めしております。 

また、ホテルニューアカオでは、熱海市内の観光案内シートをスタッフが手書きで作成し、お客様に配っております。ご観光をされる際に、ぜひお役に立てて頂ければ幸いです。 

駅前に熱海プリンさんというお店があるのですが、土日はいつも行列ですね! あとは、つい最近できた、フルーツを使ったスイーツを販売しているフルーツキングさんなど、インスタ映えするお店やスポットが増えてきましたね。 

日帰りで時間がある方は、初島に行って港町のグルメを楽しんで頂くのもいいかと思います。初島に行かれるお客様は、熱海駅に向かう送迎バスがあるので途中下車という形になってしまいますが、お声がけ頂ければ駅までの道中でバスを止めることができますので、お気軽にご利用くださいませ。 

もちろん駅周辺に行かれる際にも、送迎バスを使っていただければと思います。また、熱海市が運営している湯〜遊〜バスは、1日乗車券で何度も乗り降りできるので、熱海市内の観光を楽しむことができます! 

田代:熱海での観光を楽しんで頂けるように色々な工夫をしていらっしゃるんですね。これは私の勝手なイメージかもしれないのですが、熱海って夜になると人が減ってしまう印象があるのですが、夜はどんな過ごし方がおすすめですか?? 

亀井さん:銀座通りと市内にある川沿いの通りであれば、夜も飲み屋街や昔駄菓子屋などにあったスマートボールのお店などは営業していて、団塊世代は飲みながら楽しめるエリアとなっています。 ホテルニューアカオに戻ってこられる際には、海沿いをゆっくりと歩きながら帰って来られるお客様が多いですね! 

田代:想像するだけで夜の海岸沿いの風景が浮かんできますね! ホテルニューアカオさんを利用させていただく際に、おすすめの宿泊プランはございますか? 

亀井さん:やっぱりイチオシはディナーショーをご覧頂きながらお食事を楽しむ宿泊プランですね! コロナの影響で現在バイキングは中止しているのですが、ディナーショーは毎日開催しているので、ホテルニューアカオに泊まられる方は、是非こちらのディナーショーはご覧頂きたいですね。 

また、南フランスをコンセプトにしたロイヤルウイングにご宿泊される方には、フランスの料理人フィリップ・パットン氏に監修してもらっているフレンチコースのプランです。アカオハーブ&ローズガーデンで栽培しているラベンダーなどのハーブを織り交ぜた、新感覚な匂いや味を堪能できるフレンチでおすすめです! 

田代:なんと捨てがたい…! 1泊はホテルニューアカオで、2泊目はロイヤルウィングに泊まるのが良さそうですね。。では最後に、こちらの記事をご覧の方たちへ一言お願いし ます! 

鈴木さん:この記事を見ていただいた方には、熱海やホテルニューアカオの良いところを感じてほしいです。お越しいただいた際には、お客様が快適な空間を楽しんでもらえるように全力でサポートし、お客様の思い出づくりを誠心誠意サポートさせていただければと思います!

田代:本日は楽しい時間と最高の締め言葉ありがとうございました。 

今回は、ホテルニューアカオの亀井様とフロントスタッフの鈴木様にホテルの魅力や熱海の過ごし方についてお話し頂きました。 私も大好きな熱海、是非皆様も訪れてみてはいかがでしょうか? 

空室状況の確認は下記の公式サイトからご覧ください! 

投稿者プロフィール

渡邉典史
渡邉典史
デジタルマーケティングによる集客戦略を担当。独立後コンテンツマーケティングにおける企画立案から記事作成などを行い、サービス提供開始から最短2ヶ月で集客数6.5倍を達成。Googleアルゴリズムの研究を行い、SEO,MEO対策の目標達成が短期間で可能。海外経験を活かしインバウンドマーケティングの責任者としてホテル・旅館を中心に集客支援を行っている。