お客様に驚かれる破格の「記事制作」とは?Web上で売上を伸ばすコツを一挙公開!

多くのお客様が抱えている悩みゴト

顧客に売り込むマーケティングから、顧客の購買検討熟度を上げるマーケティングに移り変わってきています。

消費者の購買行動を促進させるために、企業はWeb上でのプロモーション戦略やブランディング戦略に注力する動きが増えてきました。しかし、Web上でのマーケティングを実践している企業は一部でしかありません。

この流れから、マーケティングに費用をかけていない企業では、相場を勘違いしているケースがよく見受けられます。

・マーケティングって数十万円〜数百万円かかるんでしょ?
・それやって成果を出せるとは限らないでしょ?
・マーケティングよくわからないし、ウチはこれで良い!

実際、Web制作会社やマーケティング会社の価格帯は幅広く、内訳や期待できる成果は全くと言っていいほど異なるのです。

消費者の購買行動や条件が変わってきたことから、従来のマーケティング戦略では期待できる効果が低かったり、成果を期待できる施策でも、中身の部分が現在の消費者とニーズマッチしていない企業は多くあります。

では、今から企業のマーケティング戦略を見直すのは遅いんですか?という質問を受けることがありますが、「全然遅くないですよ!」というのが私たちmicadoが出す答えです。

この先も消費者の購買条件が変わり、企業が取り組むマーケティングは変わっていくことは確実ですが、Webが廃れるわけではありません。マーケティングを行っていない企業は、低コストでもいいからWeb上で何かしらの施策をしてみましょう。低コストで高い成果が期待できるのは「記事制作」です。

「あぁ、記事制作ね。もうやってるよ。」という方もいるでしょう。ここで記事を閉じる前に、目的を意識した記事制作またはオウンドメディア運用ができているかチェックしてみてください!

記事制作の目的とは?

「記事制作」は、オウンドメディア(ブログ)で投稿している記事を指します。業界用語では、記事制作以外にも、コンテンツ制作やコンテンツマーケティングなど、さまざまな用語があります。

【企業がオウンドメディアを運用する目的は2つ】

A.商品/サービスを知ってもらうための記事コンテンツ
B.商品/サービスの購入を目的とした記事コンテンツ

Aの記事サンプル
「東京都渋谷区XX-XXがリニューアルオープンしました!3000円で食べ放題のビュッフェは、寿司、ステーキ、ピザ、ケーキなど、なんでもあります。」

Bの記事サンプル
「東京都渋谷区XX-XXがリニューアルオープンしました!おいしい極上ステーキと産地直送の新鮮な魚と野菜が食べ放題、10種類のケーキも忘れずに!」

記事としてはかなり短いですが、AとBのを比較したときに、Bの方がイメージしやすい文章構成となっています。認知してもらうだけであれば、大雑把な説明でも問題ありません。しかし、ビジネス用のコンテンツであれば、売上に貢献できるコンテンツを作成することが重要です。

「なるほど!消費者の購買意欲を高める記事を作成すればいいのか!」と思われた方、半分正解で半分間違いです。

「読まれない記事=価値のない記事」

心に刺さる見出しですみません。しかし、皆さんに「記事コンテンツ」の真理を知っていただきたくて、このようなキャッチにしました。

先ほどの、商品/サービスの購入を目的とした記事を作成することだけに注力しても、根拠のない博打になってしまう可能性があります。Web上には情報やモノがに溢れています。つまり、簡単に見つけることが難しくなっています。

この世の中には、良い情報や良いモノもたくさんありますが、Web上のユーザーに認知されていないことが、情報やモノに価値が付与されない理由です。

よくある商品やサービスの販売戦略では「価値の後付け」という、購入した顧客の反応を当てはめる手法を使っている企業はたくさんいます。どうすれば価値を付与できるのか。記事を制作するだけでなく、検索するであろうキーワード選定やペルソナ設定など、マーケティング戦略が欠かせません。

SEO対策を踏まえた記事制作とは?

SEO対策(検索エンジン最適化)とは、GoogleやYahooでのキーワード検索結果において、特定のWebサイトやWebページが上位に表示するための対策です。基本的に、Web検索をする多くのユーザーはGoogleを利用しているので、Googleに沿ったSEO対策を行います。

【Googleに評価されるための条件】
・ユーザーにとって有益な記事であること
・記事内容が充実していること
・独自性がある記事コンテンツであること…など

読者にとって有益な記事でも、こちらの対策ができていないことには、目を留めてもらう機会は増えません。ですので、記事を制作する手順で、商品・サービスのターゲットを踏まえた目標設定をできるだけ細かく行います。

もう少し詳しく知りたい方は【SEO対策】今日からできる上位表示を狙った「記事制作」の方法とは?の記事をご覧ください!

記事制作のメリット・デメリット

記事の制作におけるメリットは、商品・サービスを販売したい顧客に適切なアプローチをしていれば、90%以上の確率で現状を改善することができます。

成果を上げるためには長期的な目線であることが一般的なのです。潜在層と健在層の両方に向けて情報発信をするのであれば、記事を量産することに越したことはありません。しかし、情報が溢れていることを考慮して「質7:量3の配分」で考えるといいでしょう。

短期的な成果を求める企業は、一つの記事に数十万円かけて徹底的に細かいブランディング戦略を練ったり、広告運用がオススメです。ですが、費用をかければ成果を出せるわけではないので、その点は注意してください。

記事コンテンツのデメリットは正直ありません。強いて挙げるのであれば、執筆できる人材がいなかったり、記事を書く時間がないという社内での悩みでしょう。

記事制作の相場は…?

相場:1記事あたり1万円〜数十万円

有名な企業では1本あたり数十万円が普通ですが、マーケティングに投下できる予算も踏まえれば、1本あたり2万円~3万円で依頼するのが妥当な価格帯でしょう。「企画→執筆→校正→編集→投稿」と記事を投稿するまでの作業工程が多ければ単価は高くなります。文章構成や記事の内容などは、執筆者によってもちろん異なるので好みも分かれます。

新規メディアの構築や既存サイトのリニューアルの相場は100万円〜300万円となっています。デザイン変更は30万円〜100万円弱と幅広い価格帯です。記事制作やオウンドメディア運用・制作をするにあたって、業者とのミスマッチが起こりやすいので、こちらの記事を参考に業者選定をしてみてください!

「1記事15,000円」を実現できる理由

最後に、タイトルのお客様に驚かれる破格の「記事制作」について簡単にご紹介させていただきます。

記事コンテンツの制作案件を15,000円/1本で受けさせてもらっています。「他の業者と比べて安い理由はあるんですか?」とご質問されるのですが、Webサイトのデータ分析・改善をしているからです。Web上でユーザーはどのような行動をしていて、どのようなアクションをしているかなど、細かいところまで分析できて、改善策の立案を毎日行っています。

これら踏まえて、ペルソナ設定やキーワード選定など、マーケティングの施策から実行までが最短で行えるのが価格を安く設定できる理由です。「安い=低品質」ではなく「安く速く」、まるでファストフード店のような質と速さを実現させています。

私たちmicadoでは、記事制作からオウンドメディアの運用まで受け付けています。30秒で申し込みできるオンライン相談も受け付けているので、気になる方はお気軽にご連絡ください!

また、オウンドメディアの成果を倍速にさせる無料の電子書籍も提供しています。簡単な手続きでダウンロードできるので、ぜひ読んでみてください!

Google Analyticsを活用した心理分析~BtoCマーケティング編~

投稿者プロフィール

渡邉典史
渡邉典史
デジタルマーケティングによる集客戦略を担当。独立後コンテンツマーケティングにおける企画立案から記事作成などを行い、サービス提供開始から最短2ヶ月で集客数6.5倍を達成。Googleアルゴリズムの研究を行い、SEO,MEO対策の目標達成が短期間で可能。海外経験を活かしインバウンドマーケティングの責任者としてホテル・旅館を中心に集客支援を行っている。