ホテルや旅館の経営で失敗しないために外注依頼で注意すべきポイント

外注依頼は大きい支出となる

ホテルや旅館では接客サービス以外の業務は外注しているケースは決して少なくありません。Webサイトに関する管理や価格操作やOTA管理などのホテルマネジメントの部分なども同様です。昨今の新型コロナウイルスの感染拡大から、売上の減少により一時的に閉業する施設が増えています。

宿泊関係の方のお話を伺ったところ、約半分近くの方が外注業者との契約を一時的に切った、契約断念をしたと仰っていました。理由として大きいのは「固定費」の関係です。人件費と同じくらいまたはそれより高い費用を今の状況では痛手となるのと、営業を再開できる見通しが付かないことから、苦渋の決断でもあります。

営業を再開しても今までの運営方針では、赤字分を取り戻すまでに数年かかってしまう可能性もあります。本記事では営業再開にあたって、今後外部委託する際に、どういった部分に着目して業者選びを行うべきなのかを、今後の宿泊情勢と一緒にご説明していますので、ぜひご参考にしてください!

外注依頼で注意するべき3つのポイント

現在のホテルや旅館では、OTAが主な集客源となっていますが、集客チャネルは増えており、Webサイトや広告、オウンドメディアやSNSなどからの予約獲得ができます。それを踏まえて、従来の宿泊施設に特化している業者は、OTAやサイトコントローラーにまつわるシステムのみでマネジメントを行なっています。

もちろん、OTA集客が完全に無くなることは無いと思われますが、スマホの普及やWeb上での検索方法が多様化したことによって、Web全体での集客戦略が中心になっていくでしょう。実際に、大手ホテル会社では自社サイトの直接予約を増やすために、マーケティング全般に莫大なコストをかけています。すでに全国展開しているホテルチェーンなどでは、自社サイトでの予約が主流です。

ネームバリューもありますが、オンラインでもオフラインでも宣伝活動に力を入れていたことが結びついていることがよくわかります。マーケティングの人財を雇おうとしても、実力者であれば給料は宿泊業界の相場の3~4倍は必要です。かといって経験が十分でなければ、宿泊情勢の流れとマーケティングの勉強で研修コストや成果を出すまでのコストは計り知れません。

となれば、「できない部分は外注する」が低コストで成果を出せる道筋だと考えられます。では、タイトルにあったホテルや旅館が外注業者に依頼するときに失敗しないために着目する部分を3つに分けてご説明します。

①Web全般かつ宿泊経験を持つ業者

マーケティングに特化してるだけでも、宿泊情勢や宿泊施設の働き方を知らなければ、効率の良い集客戦略を組み立てることは難しいでしょう。逆もしかりです。

宿泊コンサルや運営代行業者などで、両軸を兼ね備えている場合の相場を調べたことろ、平均30万円〜くらいで、施設の部屋数によって売上に対して数%を別途で支払います。

外部委託費での理想は月間売上が1000万円だとすれば2~3%くらいが理想的です。接客サービス業なだけに、人件費やOTAの支払い手数料もあるので、それを考慮しての2~3%との数字です。

②根拠のある戦略か確認すること

宿泊施設の集客戦略で難しいのは、購入ではなく「予約」に至ってからキャンセルされる可能性もあり、さらに宿泊日の需要を予測した上での価格戦略などを研究するには、さまざまな要因を踏まえて練られなければいけないからです。なぜそのような戦略になったのかを確認して自分が納得できなければ、業者に提案して納得のいく適切な戦略を立ててもらいましょう。

③ 信頼関係が築けるかが重要

業者に依頼する上で、最も大切なのが目標に向かって一緒に進んでいけるかです。専門業者でもさまざまで、支払う金額に対してそれ以上の働きをしてくれなかったり、担当者の熱が少しずつ下がったりします。間違った業者選びをしないためには、回数を重ねて業者選び、本当に信頼できるかを確認することです。また、依頼する業務に対しての知識を増やし、質問していくことで、担当の技量チェックなどもできます。

ホテル・旅館の魅力を引き出すために

ホテルや旅館でデジタル化を導入しなければ5年以内に約70%は廃業に追い込まれてしまうと予測されています。今まで通りの運営方針ではなく、集客チャネルの拡大も当てはまりますが、運営の自動化を進めていかなければなりません。アナログ要素が強すぎた宿泊業界は、徐々に変化し続けています。民泊の参入が自動化の良いキッカケとも言えます。運営コストを削減し、業務を減らせる環境の構築をぜひ目指してみてください!

ホテルや旅館を運営する方に向けて、直接予約を増やすためのデジタルマーケティング戦略の電子書籍を配布していますので、ダウンロードしてぜひ実践してください!

売上改善に成功した宿泊施設の取り組み事例6選

投稿者プロフィール

渡邉典史
渡邉典史
デジタルマーケティングによる集客戦略を担当。独立後コンテンツマーケティングにおける企画立案から記事作成などを行い、サービス提供開始から最短2ヶ月で集客数6.5倍を達成。Googleアルゴリズムの研究を行い、SEO,MEO対策の目標達成が短期間で可能。海外経験を活かしインバウンドマーケティングの責任者としてホテル・旅館を中心に集客支援を行っている。