ホテルマーケティング 連載コンテンツ

2023.05.01

2023.05.01

あなたの施設は”正しいマーケティング”ができていますか?ホテル・旅館のマーケティング運用チェックリスト

#ホテル-ota集客 #ホテル-マーケティング #ホテル-直接予約

ホテル・旅館の売上を上げるためには、戦略的なマーケティングが欠かせません。予約が入っている要因を知らずに運営している施設は、予約が入らなくなった際の対処法がわからず、継続的な売上を上げることは難しくなってしまいます。

自社に最適な施策を見つけていくためにも、マーケティングを学んで効果検証し、「売上を上げる方法」を知りましょう。まずは自社のマーケティングができているか、運用チェックリストで確認してみてください!

ホテルマーケティング<基盤構築>

ホテルの売上を上げるためにマーケティングに力を入れようと思っても、高度なことに目がいって基礎を忘れていないですか?マーケティングは、基盤を構築せずにマーケティング活動をしてしまうのは、羅針盤の無い船で旅に出るのと同じで、どこに向かえばいいかわからない状態となってしまいます。

しかし、基盤構築ができていない施設の9割が自覚症状がなく、マーケティング活動を行っているから”出来ている”と思いこんでしまっていることが多いです。このことが原因で、なぜ売れないのかが分からないまま誤った方向の施策を続けてしまう、というのはよくある状況です。

それでは、基盤構築ができているかチェックしてみましょう!

・ベンチマークの宿泊施設が、理由も込みでリストアップされている
・ベンチマークの宿泊施設の販売プランを週に1回はチェックしている
・ターゲットとなる顧客像の詳細情報を共通認識として持てている
・自施設のブランドアイデンティティを共通認識として持てている
・集客チャンネルが選択されていて年間の予算が組まれている

どうでしたか? チェックが4つ以上あれば基盤構築はできていると言えますが、3つ以下の施設様は新しいマーケティング活動をする前に基盤構築を見直してみましょう。続いては、チェック項目の内容を解説していきますので、改めて基盤構築がきちんとできているか確認してみてください。

①ベンチマークの宿泊施設が、理由も込みでリストアップされている

ベンチマークの宿泊施設を選ぶ上でよくある間違いは、自社視点でのベンチマークとなってしまっていることです。自社を検討しているユーザーが比較検討している施設をリストアップすることを意識してください。

②ベンチマークの宿泊施設の販売プランを週に1回はチェックしている

ただ、ベンチマークの宿泊施設をリストアップしただけでは対策をすることはできません。そのため、1週間に1回は販売しているプランや行っているキャンペーンなどをチェックするようにしてください。

③ターゲットとなる顧客像の詳細情報を共通認識として持てている

多くの施設では、「20代の女性」というざっくりと抽象的なターゲット像のみ設定しています。具体的な施策に結びつけるには、年齢や年収、居住地域など詳細情報まで考え、社内で共通の認識をするようにしてください。

④自施設のブランドアイデンティティを共通認識として持てている

他社にはない自社だけの強みがブランドアイデンティティであり、・・・・・・

 

あなたの施設は”正しいマーケティング”ができていますか?ホテル・旅館のマーケティング運用チェックリスト

続きはこちらのeBookでご紹介しておりますので、気になった方はダウンロードしてみてください。

micadoの無料eBook

今この記事をお読みの方にピッタリの教材はこちらの2つ!

eBook一覧

ダウンロード

ダウンロード

SEARCHmicadoのサービスを探す

サービスから探す

課題から探す