ホテルの写真撮影は約70%が失敗している…。成功させる3つのポイントとは?

ホテルマーケティング

宿泊予約を検討しているユーザーは、SNSやメディアなどに掲載されている情報をもとに、予約するホテルを選んでいます。インターネット上で自ら情報収集をすることが一般的になり、どのような要素で判断されているかはご存知でしょうか?

ホテルの予約増加には「写真の魅せ方」が実は一番重要だと結果が出ています。写真の良し悪しでユーザーの興味や行動に大きく影響して、施設によっては予約数が150%以上も変化することがわかっています。

本記事では、これから新しい写真の撮影を検討しているホテル・旅館のご担当者さまに向けて、成功する写真撮影の方法をご紹介していきます。

写真撮影は約70%が失敗してしまう理由とは?

少し前と比べて写真撮影は手軽に依頼しやすくなっていますね。その理由は、企業だけでなくフリーランス(個人)で活動するカメラマンが増えてきているからです。

季節の変わり目や新しいコンテンツが増えるごとに、写真を撮影することが多いホテル・旅館は、予算も抑えやすくなったのはあるでしょう。

しかし、カメラマンにも得意・不得意なジャンルやアングルもあり、企業ではなくフリーカメラマンになると、撮影の段取りなどがしっかりできない可能性もあります。

撮影を検討しているホテル・旅館さまからの話を聞くと、約70%のご担当者さまたちが、「思うような写真素材じゃなかった…」や「撮影後に欲しい写真素材やアングルがあった…」などの声が上がっていました。

撮り終わった後に足りない素材や、アングルが出てくる

写真撮影が終わって写真素材が納品されると、実はもっと撮影したかったコンテンツはどんどん出てくるのです。

なぜこのようなことが起きてしまうのかを解説すると、撮影をするまでの事前打ち合わせが十分に行えていない可能性があります。

せっかく依頼したのに損した気分になってしまったり、自分たちで撮影した方が望むような写真素材が手に入る…などと思ったことがある方もいるのではないでしょうか?

いろいろな人が撮影した写真素材が介入してしまうと、写真ごとに雰囲気が変わったり、統一感がなくなってしまいます。結果的に、予約が増える写真素材にはならず、違和感のあるブランディングに繋がってしまうでしょう。

施設さまによっては、一年に1〜2回くらいの撮影スケジュールだったり、各シーズンごとの撮影スケジュールなど様々かと思いますが、撮影前の打ち合わせやイメージ共有などの時間を設けてくれるカメラマンを選ぶのをおすすめします。

写真撮影を成功させる3つのポイント

限られた予算の中で依頼する写真撮影は成功させたいですよね。続いては、撮影後に思うような感じではなかった…と後悔しないように、絶対に気をつけるべき3つのポイントをご紹介します。

1.自分たちでアングル、イメージ、明るさを決めること

当日、写真撮影をするのはカメラマンですが、あらかじめ自分たちがどういった写真素材が欲しいは決めておきましょう。やはりイメージがないと、写真撮影が完了しても、納得できる素材ではないことがあります。

事前打ち合わせで、カメラマンに提案してもらうのも一つの方法ですが、ホテル・旅館のプロでなければ、あまり参考にならない可能性もあります。つまり、つまり、カメラマン次第で予約数に大きな影響を与えてしまうでしょう。

2.当日カメラマンに同行できるスタッフを決める

撮影日にカメラマン一人にお任せしてしまうと、イメージと違った写真素材となってしまう可能性があリます。

事前に打ち合わせをしても、回数が少なかったり、撮影スケジュールがしっかり決めきれていないと、イメージと違った写真になってしまうでしょう。

当日は同行できるスタッフを最低1人はアテンドさせて、打ち合わせで決めたアングル・イメージになるように進めることが欠かせません。

3.余裕をもったスケジュールで提案をすること

カメラマンに依頼する内容は、時間や枚数での契約が一般的です。予算によって撮影してもらう工数が大幅に変わるので、現実的に欲しい写真素材を用意できるか話し合っておく必要があります。

また、カメラマンの方にも余裕を作らないと、本来のパフォーマンスを発揮できない可能性もあるので、休憩時間を加味したスケジュリングを心がけましょう。

予約転換率を向上させる写真撮影を実行しよう!

本記事では、後悔してしまった写真撮影のあるあると、写真撮影を成功させる3つのポイントについて取り上げましたがいかがでしたでしょうか?

冒頭でもお伝えしたように、写真の魅せ方で予約数は約150%以上も変化することがわかりました。

旅行・宿泊予約を検討している方は、常日頃からInstagramやTwitterなどのSNSで検索をしています。また、実際に予約をするOTAや公式サイトなど、写真の魅せ方一つで印象は大きく変わります。

本記事を読んでみて、写真撮影の必要性がわかりづらかった…という方は、よりわかりやすくまとめている【予約転換率150%UP】ホテル・旅館の写真撮影の重要性をご覧ください。

また、本記事に関連しているホテル専門のカメラマンは教えてくれない?写真撮影前に決めておくべき3つのことも役に立つはずなので、ご一読してみてはいかがでしょうか?

あなたにおすすめの無料eBook

売上改善に成功した宿泊施設の取り組み事例6選

ホテル・旅館のInstagram運用チェックリスト

ホテル・旅館向け!フォロワーが増えるInstagramはこうやって作る!

おすすめのeBook

近日開催のセミナー

人気ホテルが徹底しているマーケマニュアルを大公開!

開催日:2022年08月24日(Wed)

セミナー情報を見る

おすすめ記事

  • micado service