【長野編】ダーツ旅の企画を通して感じたことのまとめ

ダーツ旅の企画を通して、知らない地域に足を運ぶことができて、現地の人とのコミュニケーションや街の雰囲気などを感じることができました。

こちらも読んでみてください↓↓
【長野編】地方の田舎に訪れて感じた人口減少と少子高齢化

【旅日記】肌身で感じた長野県松本市内の観光・宿泊情勢

新型コロナの感染が拡大しているなかで、旅行に出るのは安易ではないかもしれませんが、常日頃から予防をすればリスクを最低限に抑えることができます。または感染者が少なかったり、感染者がいない地域ならどうでしょう。

もし免許を持っていて車を利用できるのであれば、人が密集している空間は避けられるので遠出も可能です。

日本旅行者の傾向として、人気観光地かビーチリゾートなど、大体の人は行き先が決まっていますが、本当は認知度の低い地域の方が為になる旅行だったり、思わぬ収穫があったりもします。

不謹慎ですが、こういった状況だからこそ人が密集している地域は避けて、地方の田舎などに足を運んでみるのも旅行の面白さなのかもしれませんね。

日本人だけれど、知らない地域はたくさんあり、知らない魅力はたくさんあります。インターネットで情報ばかりを信じず、自分が楽しそうだと思った場所に訪れてみてください。

日本は少子高齢化や人口減少など様々な課題を抱えていて、それを実感できる瞬間でもあります。ただ旅行をするだけではなく、現地で農業体験をしたり、伝統工芸品などのものづくりを体験も旅行の醍醐味です。

地方のホテルや旅館でもデジタルマーケティングによって集客できている事例は多くあります。宿泊施設におけるマーケティングによる売上改善事例を無料で配布しています!

この記事をご覧になられた方で、宿泊施設を運営されている方は是非ダウンロードしてご覧ください!

売上改善に成功した宿泊施設の取り組み事例6選

投稿者プロフィール

渡邉典史
渡邉典史
デジタルマーケティングによる集客戦略を担当。独立後コンテンツマーケティングにおける企画立案から記事作成などを行い、サービス提供開始から最短2ヶ月で集客数6.5倍を達成。Googleアルゴリズムの研究を行い、SEO,MEO対策の目標達成が短期間で可能。海外経験を活かしインバウンドマーケティングの責任者としてホテル・旅館を中心に集客支援を行っている。