中小企業が学生からの応募数を増やすために取り組むべき採用戦略とは

多くの中小企業様は採用目標に比べ学生が集まらず、母集団形成そのものに苦労されているのではないでしょうか?

大手人材会社の調査によると、「やりがいのある仕事であれば中堅・中企業でもよい」+「中堅・中小企業がよい」と回答している学生は43.4%も存在します。

このことは中小企業でも優秀な学生を囲うことが可能であると証明しています。しかし、学生にとってどの様な募集の仕方が最適なのかが分からず
説明会の予約率・参加率が低いなんてことはありませんか。

本記事では、今から取り組める「母集団形成の仕方」と「学生への魅力的な伝え方」をご紹介しております。

「学生目線」が応募数を増やすコツ

[CASE] あなたはA大学に通う3年の学生です。

あなたは就活を考え始めた時期に大中問わず多くの企業からメールを受け取っています。その中には、有名な大手企業からのメールもあります。

ある日、あなたは視野を広げるために色々な企業を調べる中で、今までは興味があまりなかった企業Bの採用サイトに行き着きました。

・他社とあまり変わらない採用サイトだったら…
・つまらない企業説明を長々と載せていたら…
・会社のリアルな姿を伝えていなかったら…

あなたはすぐにページを離れ、違う企業サイトの検索をするのではないでしょうか?

今まで企業名も知らなかった企業の採用ページをみて、「すぐに申し込もう!」となる学生は一握りしかいません。多くの学生に興味を持ってもらうためには就活生にとって有益と感じられる企業になる事が重要です。

就職活動は学生にとって人生を左右する決断になり、ほとんどの学生は就職活動に向けてしっかりとした対策を練っています。

そんな学生の心に刺さるのが、「行きたい企業の練習台」になってあげることです。

同業種の大手に行きたい学生をターゲットとし、「受かる面接の答え方」や「ESのフィードバック」など学生が「行きたい企業」に受かる為の対策を行ってあげるとサイトの閲覧率や自社イベントへの参加率が高まります。

求職者に効果的な応募対策とは

工夫:ES対策を教える

毎年多くの学生がESの作成で頭を抱えています。「ES×対策」などのキーワード検索で上位に表示されるコンテンツの作成を始めましょう。

企業の社員は自社のESを通過した、ESのエキスパートです。

社員が就活の際に心がけたポイントや方向性、対策などをコンテンツにまとめることで、学生にとって有益な情報を与えることができます。

また、「OO(業種)のES対策セミナー」などイベントを打つことにより、
自社イベント参加へのハードルを格段に下げることができます。

【セミナー概要例】

タイトル:「OO(業種)のES対策セミナー」 2時間

内容:30分 ESで企業が見るポイントの解説

30分 ESワーク(学生にまず書かせてみる)

30分 自社の企業説明(この間に学生が書いたESの添削)

30分 ESフィードバック

これを行うことにより、自社が学生にとって、「今までよくわからなかった企業」という印象から、「自分を助けてくれる企業」へと印象を変えることができます。

こういったセミナーへの参加経験は学生にとって記憶に残るため、自社の今後の採用活動への参加率も高めることができます。

また上記以外にも、面接対策を教えたり、業界について教えたり、短期インターン機会の提供などを行うことで学生の興味を大きく引くことができます。

初めは自社に興味がない学生でも「就活応援企画」と2時間程度のイベントを打ち、その中の30分ほどを自社の企業説明に使うことで、自社に興味を持つ学生を抱えることができます。

学生にはリアルな情報提供を

開催したイベントでは自社にどの様な魅力があるのか。「嘘」まではいかなくても大袈裟となる表現はやめて、自社の社員の姿をリアルに映しましょう。

現在は企業評価サイトなども多数あり、企業の従業員や退職者のコメントが多く書かれています。求職者も随時そういったサイトをチェックしている為、大袈裟な表現はせず、リアルな企業の姿を見せましょう。

自社にできる範囲で上記に挙げた1つでも展開することで、今まで出会うことのなかった学生との接点を作ることができます。

自社を押し売りするのではなく、まずは学生の就職活動自体を応援する立場で、学生との信頼関係を構築していきましょう。

まとめ

本記事では学生にとって「行きたい企業の練習台」になることの重要性を説明しました。学生のためになるコンテンツ作りや自社サイト改善は、いつでもWeb上で展開することが可能です。

また、自社サイトで設定している目標数を増やすのであれば、Google Anaylticsを使用することで、Webサイトに訪れてくれたユーザーの行動を分析し、最適な導線を組み立てることができます。

自社のみで採用を強化したい担当者様に向けて、自社サイトからの応募数を増やすためのアイデアになる電子書籍を配布していますので、ぜひダウンロードし、実践してみてください!

【採用担当者必見!】失敗から学ぶ採用マーケティングの成功法

投稿者プロフィール

kazuki funayama
kazuki funayama
江戸川区の町工場地域出身。下町育ちで人情深い一面がある。
好きな言葉は「他人を儲けさせろ。そうすれば自然と自分も儲かる。」
ゲストハウスで働いていた経験と地域にインド系、中華系の人々が多いことから国内における外国人の就職を手伝いたいと思い早稲田大学在学中に国際人材紹介業界に飛び込む。中国、ベトナム、フィリピンをはじめとした多くのアジア諸国、地域に訪問し、優秀な外国人人材獲得の現場交渉を行い各地を奔走。その結果、1000人を超える架け橋となり多くの日系企業の人手不足問題を解決する。現在は株式会社micadoにて企業採用ページのWeb分析、改善をする事によって企業の安定した優秀な人材獲得に尽力するため日々精進している。