中小企業が採用コストを削減するためのオウンドメディア戦略とは

難しすぎるWeb上での採用戦略

新卒・中途採用など、新しい風を吹かせるような「人財」を迎え入れたい企業は数多くあります。しかし、多くの媒体が増えてきたことにより、あまり効果的ではない求人媒体への広告掲載費、採用人数や期間設定のしづらい成功報酬型の求人サイトなど。

採用のために年間300万円かけても一人も採用できなかったり、採用できたけど企業の方向性とズレが出て数ヶ月で退社してしまった…など、いくらかけても思うような採用活動ができなかった企業は多いのではないでしょうか?

企業の課題として、コストを削減した状態での採用活動を行うことです。「企業はネームバリューで選ばれる」、「求職者は充実した給与面や福利厚生を望んでいる」ではありません。

時代の流れとともに、求職者による企業の選び方が変わっているのも事実です。

本記事では、採用コストを削減したい企業に向けて、自社ブランディングの構築をしながら採用活動に取り組む方法についてご紹介しているので、ぜひご覧ください。

求人媒体の効果は薄れつつある

人材紹介会社や求人広告などを利用しても、求職者からの応募数が減少しているのは、求人の媒体が増えてきたのが最もな要因です。マイナビやリクナビなどの支持率は健在ですが、ベンチャー企業の求人サイトや職種で分けられている求人サイトの数が増加しています。

肝心なのは、求人サイトに訪れるユーザーがどのような層なのかを把握することですが、企業側が掲載できる情報量が少ないのが、マッチングが上がらない懸念点となっています。

ビジネスSNSとも呼ばれる求人サイトのWantedly(ウォンテッドリー)は、ブログなどを更新できるので、企業のさまざまなコンテンツを発信できるのと、利用者層は若年層が中心です。

私たちmicadoも使用していましたが、ターゲット層をしっかりと絞ったことで、短期間で多くの方々から応募やお問い合わせをいただくことができました。

しかし、採用のためだけにコストをかける余裕はない…という方も決して少なくありません。Watendlyは都心部に位置する企業の登録が多イメージなので、地方の企業などが登録しても効果は薄いでしょう。

自社のオウンドメディアを活用

もっと低コストで効率的な採用活動をする方法は、自社サイトを活用したオウンドメディア(ブログ)の活用です。

自社サイトでのコンテンツ発信は、ただの情報発信ではなく、Webサイト全体が評価されるメリットがあります。オーガニック(GoogleやYahoo)で情報検索するときに、虫眼鏡のような検索窓に特定のキーワードを打ち込むときに、発信しているコンテンツとのキーワードが合えば、ユーザーの目に留まる可能性があります。

これを「SEO対策」と呼び、検索したキーワードに対して上位表示を目指し、記事コンテンツをクリックし会社の利益に繋げることが目的です。

SEO対策のメリットとしては、定期的に記事を更新しなくとも評価のされ方は変わりませんが、定期的に更新しないと検索順位が下がってしまいます。

【上位表示され続けるための条件】
・ユーザーにとって有益な記事であること
・定期的な更新やリライトが必要
・入念なキーワード選定と競合分析

広告は自分の意思によって止めたり消すことができますが、記事は消されることなく、Web上に残り続けます。しかし、上位表示され続けるためには、いくつかの条件があります。

キーワードによっては競合がいなければキーワードの独占は可能ですが、ある程度調べられるキーワードの場合は競合が多いので、効果が反映されるまでに時間がかかります。

少しだけ話が逸れてしまいましたが、オウンドメディアは採用活動をスムーズにするだけでなく、自社の商品やサービスのコンテンツも発信できるので、売上に繋げることも十分に可能です。

デジタルマーケティングが浸透してきたことから、場所に縛られることなく、全国に住んでいるユーザーに向けてアプローチできます。

失敗しないためのコンテンツ企画

コンテンツ作成を行う場合に気をつけたいことは、誰に何を向けて書くのかを間違わないことです

企業サイトでよく見られるのは、良いコンテンツでもターゲット層がズレていることにより、「ただの記事」になっていることです。つまり、会社の利益に繋がらないコンテンツを指します。

コンテンツ企画の入り口を間違えてしまうと、こういったケースが頻繁に起きてしまいます。カテゴリは複数あっても問題ありませんが、一つのカテゴリに対して、一人のターゲットに絞ること。母数は少なくても刺さりやすいコンテンツであることが必須です。

ポイントとしては、100人中100人に好まれる記事ではなく、100人中10人に刺さる記事を狙いましょう。

コスト削減に繋がる自社マーケティング

採用コストに数百万円かけるのであれば、自社サイトを構築することが圧倒的にコスパも良く、将来にまで効果的であることは理解していただけたでしょうか?

オウンドメディアはコスパが良いだけでなく、利益にも繋げられるので、Web上での資産構築に打ってつけです。

長期運用で資産をコツコツ積み立てたい、短期間で成果を出したいという双方に共通することは、量でなく一つひとつの質を上げることを意識しながらやりましょう。

まずは自社のみで少しばかり頑張ってみたいと思っている方は、コンテンツ制作に役に立つ電子書籍を提供しているので、ぜひダウンロードして読んでみてください。

本電子書籍の内容としては、Webサイトやコンテンツ制作を閲覧したユーザーの行動を分析するノウハウが詰まっており、改善することで目標達成数を増やすことができます。

Google Analyticsを活用した心理分析~BtoCマーケティング編~

投稿者プロフィール

渡邉典史
渡邉典史
デジタルマーケティングによる集客戦略を担当。独立後コンテンツマーケティングにおける企画立案から記事作成などを行い、サービス提供開始から最短2ヶ月で集客数6.5倍を達成。Googleアルゴリズムの研究を行い、SEO,MEO対策の目標達成が短期間で可能。海外経験を活かしインバウンドマーケティングの責任者としてホテル・旅館を中心に集客支援を行っている。