首都圏の企業に負けない採用戦略。地方企業の採用課題とは?

日本社会の抱える問題として、少子高齢化や地方人口の現象などが挙げられます。2050年までに人口が「0」になる地域が出てくる可能性も十分にあり得ると国土交通省でも声明していました。

若者の地方離れを少しでも減らすためには、地方企業はどのように力を入れるべきなのでしょうか。

結論としては、人口を増やすことが地方を再び盛り上げるための絶対条件です。首都圏から地方へ興味を持たせためには、地域や企業はどのような活動をしなければいけないのでしょうか。

本記事では、「地方企業の採用強化」「Web上でのコンテンツ発信」に基づいてお書きしております。地方創生を試みる方はぜひ参考にしてみてください!

「人に選ばれる街」と「人に選ばれない街」

若者はどうしても首都圏と地方の生活を比べてしまいがちです。人口が集中している地域では、欲しいものは何でも揃っていたり、トレンドや情報スピードなども圧倒的にはやいので、そもそもの時間軸が違うと感じるでしょう。

最近では、日本社会でのデジタル化が浸透してきたことから、リモートワーク(在宅ワーク)など、場所や時間に縛られずに仕事ができる環境も整ってきました。

それを利点に、多拠点生活や地方移住をする人が少しずつ増えているものの、地方都市でも「選ばれる街」と「選ばれない街」の二極化している課題が浮き彫りになっています。

地方都市に人口(若者)を増やすためには、企業の採用活動が「鍵」となります。

地方企業がやるべき採用戦略とは

地方企業が人を増やすためには「デジタルマーケティング」を駆使することです。企業のWebサイトを活用して、オウンドメディア(ブログ)やSNSでの情報発信が認知度を上げるポイントです。

現代では、Web上での検索方法が多様化していることから、その企業に関連するコンテンツ(情報)を投稿することで、より多くの人の目に留まるようになります。

投稿頻度はできるだけ続けましょう。同じ人や物に接する回数が増えるほど、その対象に対して好印象を持つようになる効果があります。Twitterやインスタグラムの投稿であれば簡単なので、ぜひ実践してみてください。

コンテンツ発信をする上で意識することは、「誰に・何を・どのように」を明確にすることです。つまり、より鮮明なターゲット選定を行います。

地方の企業が採用コンテンツを発信するときに、企業が望んでいる人材の情報ではなく、仕事面や生活面に関連する投稿や従業員のリアルな声をインタビューがオススメコンテンツです。

自身の企業に興味を持ってくれた人たちが、働いている姿のイメージや企業側のビジョンに共感してもらうことで、お問い合わせや求人応募の行動のきっかけになります。

実際に、自社サイトで成功した採用戦略の事例としては上記の通りでした。その企業に入ることで、「どういった一日を過ごせるか」「どういった成長ができるのか」など、採用する人のことを中心に考えています。

しかし、多くの企業では採用情報しか記載されていなかったり、企業側の目線でコンテンツ発信をしてしまっている傾向になりがちです。

成功する採用戦略とは至ってシンプルであり、まずはWeb上での体験を良くすることを意識して、企業や地方の良いところを発信しましょう。

地方から世界中へ発信するために

従来の採用戦略は、人材紹介会社の依存度が高くなっていたことから、採用にお金をかけるのが当たり前になっていました。しかし、デジタル化が進んだことにより、例年の採用コストを大幅に削減できる上に、地方や企業のプロモーションも行えます。

「地方創生」とは、旅行のように人を呼び込むだけでなく、経済圏をつくること、経済圏を継続させることを指しています。つまり、「経済圏=企業の活躍」が紐づいて、人が居なければ経済圏をつくることができません。

日本社会のデジタル化が浸透してきて、Web上でのやり取りが当たり前になるることを踏まえて、マーケティングがより重要視されます。

自社サイトでの目標達成数を増やすためには、Google Anaylticsを使用し、Webサイトに訪れたユーザーの行動を分析することで、目標までの最適な導線を組み立てることができます。

自社サイトを活用して採用を強化したい採用担当者様は、自社サイトからの応募数を増やすためのアイデアになる電子書籍を配布していますので、ぜひダウンロードし、実践してみてください!

【お役立ち資料はこちら】

【採用担当者必見!】失敗から学ぶ採用マーケティングの成功法

投稿者プロフィール

渡邉典史
渡邉典史
デジタルマーケティングによる集客戦略を担当。独立後コンテンツマーケティングにおける企画立案から記事作成などを行い、サービス提供開始から最短2ヶ月で集客数6.5倍を達成。Googleアルゴリズムの研究を行い、SEO,MEO対策の目標達成が短期間で可能。海外経験を活かしインバウンドマーケティングの責任者としてホテル・旅館を中心に集客支援を行っている。