【新卒・中途採用担当者向け】採用コストを削減するための採用マーケティングとは

企業の採用担当の方々は、連日ジョブフェアに出展されたり、一人でも多くの求職者との出会いたい時期を迎えました。

某大手人材紹介会社の調査によると、昨年(2019年)の一人当たりの採用コスト平均は新卒で46万円、中途採用で64万円というデータがありました。また、企業の年商が高い企業ほど採用コストも比例して高額になっていく傾向があります。

人材紹介会社に依頼して優秀な人材を獲得したい、多額なコストを投じるなら失敗はしたくない、低コストでより多くの求職者と出会いたいなどと、採用について様々なことにお悩みではないでしょうか?

2020年から通年採用が解禁されたことによって、採用コストが高くなったり、人事部の業務負担が大きくなることが予測されています。

例年の課題でもある「採用コストの削減をして”良い求職者”とマッチングすること」です。

本記事では、採用コストを削減しながら、応募人数を増やすための施策についてご説明していきます。採用担当者の方は必見です!

一人当たりにかかる採用コスト

採用を任された人事部の方は、数年後の会社の方向性を握ったも同然です。コストパフォーマンスを最低限に抑えるために、採用にかかるコストを確認していきましょう。

まず、採用には「内部コスト+外部コスト」があります。

内部コスト
・面接官や人事担当者の人件費
・紹介のインセンティブ
・応募者の交通費等
・内定者の引っ越し費用…など

面接や採用など実際の業務時に発生する費用のことを指し、人件費が大半を占め、紹介料や応募者の交通費も積み重なると大きな支出になります。

【外部コスト】
・求人広告費
・採用代行サービスの利用料
・会社案内の制作費
・会社説明化の会場費

一方、外部コストとは採用活動において外部に支払う費用のことです。もっとも代表的なのが求人広告費で、冒頭でもお伝した「新卒の一人当たりの採用は約50万円」とのデータもあり、応募から採用までのコストを算出するとかなり大きな金額です。

採用コストを削減するために

企業の大きさの大小を問わず、採用担当者の多くがより良い人材サービス、人材紹介会社の選定に力を入れているなかで見落としがちなのが、自社採用サイトの改善です

自社サイトの採用ページを強化することで、採用応募数を増やし、外部人材サービス会社への依存度を減少させることができます。

①現在40人の採用予定で、外部人材サービス会社に30人の採用を委託し、自社サイトで10人獲得していた場合、30×64万円(一人当たり平均金額)1920万円です。

②自社サイトからの採用が20人に増加した場合、外部人材会社に委託するのは20名とコスト削減に繋がり、20×64万円(一人当たり平均金額)1280万円です。

①1920万円ー②1280万円=640万円

結果的に、自社サイトを求職者に対して最適な改善を行うことで、640万円のコスト削減が可能になります。さらに、求人広告を出す媒体を減らすことで、人事部の方の業務も軽減することが可能です。

ザックリとした例え話ですが、自社サイトの採用ページ強化にコストをかける価値は十分にあります。

採用マーケティング強化に向けて

自社サイトでの採用マーケティングを強化することで、大幅なコスト削減や業務の負担を減らすことがおわかりいただけたでしょうか?

求職者は求人サイトで適正な職場を探していますが、自分が働いてる姿をイメージしたり、より明確な情報取得をする行動をとるので、自社サイトを閲覧します。

多くの求職者は「求人サイト→自社サイト→求人サイト→応募」といった行動をする傾向ですが、「(Web媒体→)自社サイト→応募」の割合を増やすことが解決するべき課題ではないでしょうか?

それを解決・改善するのであれば、Google Anaylticsを使用することが欠かせません。Webサイトに訪れたユーザーの行動を分析し、目標を達成するための最適な導線を組み立てることができます。

現在、自社サイトで求職者の応募数を増やすための採用マーケティングに関わる電子書籍を配布しているので、ダウンロードしてぜひご覧ください!

【お役立ち資料はこちら】

失敗から学ぶ採用マーケティングの成功法

投稿者プロフィール

kazuki funayama
kazuki funayama
江戸川区の町工場地域出身。下町育ちで人情深い一面がある。
好きな言葉は「他人を儲けさせろ。そうすれば自然と自分も儲かる。」
ゲストハウスで働いていた経験と地域にインド系、中華系の人々が多いことから国内における外国人の就職を手伝いたいと思い早稲田大学在学中に国際人材紹介業界に飛び込む。中国、ベトナム、フィリピンをはじめとした多くのアジア諸国、地域に訪問し、優秀な外国人人材獲得の現場交渉を行い各地を奔走。その結果、1000人を超える架け橋となり多くの日系企業の人手不足問題を解決する。現在は株式会社micadoにて企業採用ページのWeb分析、改善をする事によって企業の安定した優秀な人材獲得に尽力するため日々精進している。