SEOライティングで成果を出すコツとは?検索上位を狙えるライティングのポイント

今やほとんどの企業がWebサイトを所有していますが、「定期的な投稿をしてもサイトアクセス数が増えない」という悩みを抱えている方からのご相談頂くことが増えてきました。

定期的な投稿をしてもアクセス数に効果がないという問題を解決するには、SEO対策を行わなければなりません。SEOとは「特定のキーワードで検索されたときに上位表示されるための手法」のことを指します。また、Webサイト内で一つひとつ掲載されている情報(サイトコンテンツ)の対策も行えます。

【SEO対策で上位表示を獲得する条件】

1.検索エンジン(Google)に評価されるサイトコンテンツ
2.ユーザーにとって有益なコンテンツを届けること

SEO対策で上位表示をするためには、上記の2つに沿って作成することが条件です。Webサイトの目標を達成するためには、特に2つ目のユーザーにとって有益なサイトコンテンツを作成することが重要です。

そのために必要なのが「SEOライティング」という、上位表示されるためのキーワードを盛り込んだライティング手法のことを指します。本記事では、SEOライティングで上位表示するために基準となるポイントをご紹介します。

企画作成で価値の方向性が決まる

SEOライティングにとって欠かせないのが「企画作成」です。成果に結びつけるコンテンツに仕上げるためには、誰に向けて何を書くのかを掘り下げることで、記事の質が上がります。

企業がSEO対策を意識してサイトのコンテンツを増やすのは、信頼性や認知度を高めたり、商品・サービスを販売したり、最終的には利益につなげることを目的としていることがほとんどです。

そのためには、アナログとデジタルでは消費者の行動が違うことを理解して、ユーザーの検索意図を理解したサイトコンテンツに近づけることで、求めている成果を出すことができるようになります。

【企画段階で決めておくべきポイント】

・誰に向けたサイトコンテンツなのか
・サイトコンテンツのテーマは何なのか
・何を解決できるサイトコンテンツなのか

上記のポイントを明確にしないと、ターゲットを間違えたり、テーマに対してのズレが起きやすくなります。なので、ユーザーにとって有益となるコンテンツを思いついた場合には、ライティングから入るのではなく、企画作成から入ることをオススメします。

続いては、検索結果で上位表示を狙うSEOライティングのコツについてです。

評価されるSEOライティングのコツとは?

SEOライティングでサイトコンテンツを作成するために意識するべきなのが対策キーワードを盛り込むことです。

タイトル・本文・ディスクリプションなどに、上位表示させたいキーワードをできるだけ多く盛り込むと、サイトコンテンツの評価は高くなります。また、「共起語」と呼ばれる「上位表示させたいキーワードに関連している言葉」を本文中に盛り込むことも評価の対象になります。

さらに、「それ・これ」などの代名詞を使わずに、対策キーワードまたは関連キーワードを盛り込むと、Googleに何を指しているかを理解させることもできます。

独自性・専門性は評価されやすい

次に、独自性・専門性を意識したSEOライティングの手法についてです。

Web上では情報が溢れていて、特定のキーワードを入力して検索すると、似たようなコンテンツが増えています。なので、独自性の強い体験や経験談を盛り込み、対策キーワードを盛り込むことが、Googleの評価対象にもなるのです。

専門性のあるSEOライティングは、Googleが評価の基準としている専門性・信頼性・権威性の3つの中で特に重要視されています。競合のサイトコンテンツに記載されていない内容を把握した上で、SEOライティングをすると上位表示を狙いやすくなります。

どのような基準でサイトコンテンツが評価されているかを調べたい方は、Googleウェブスター向け公式ブログを読んでみてください。以下は、SEOライティングで取り入れるべき項目を取り上げました。

・この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?

・このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?

・この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?

・同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?

・コンテンツはきちんと品質管理されているか?

・コンテンツを外注などにより量産できる体制を築いているか?

・記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?

・記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?

SEOライティングを実践しても効果がないとお悩みの方

「SEOライティングを実践しても上位表示されない」と悩んでいる方は、対策キーワードの数やサイトコンテンツの需要など、多くの要因が考えられます。特にキーワードを意識をしすぎてしまうと、伝えたかったことが曖昧なまま完結してしまうケースも少なくありません。

サイトコンテンツを作成する上で、最も優先されるのはユーザーにとって有益な情報を届けることです。SEOライティングを踏まえて、違和感のない内容だと判断される内容であることが、検索結果の上位に表示されるポイントとなります。

また、サイトページのアクセス数だけでなく、直帰率や離脱率なども評価の対象になるので、「おもしろい」や「タメになる」と心の底から思ってもらえるコンテンツに仕上げることも意識しましょう。

SEOライティングの効果はどれくらいで反映されるのか?

SEOライティングの効果が反映されてくるのは、各キーワードの検索数によって異なります。検索数が多いキーワードほど競合も多いので、検索結果で上位表示するためには、長い道のりになることを覚悟しましょう。しかし、1ページ目に表示されるようになれば、サイトアクセス数は一気に伸びるので、目標の達成に近づくことができます。

これからSEOライティングに取り組もうと考えている場合は、競合度が低く検索数の少ないキーワードで上位検索を狙ってみてください。理由としては、対策キーワードや関連キーワードの少ないWebサイトが、競合度の高いキーワードでの上位検索を目指しても、信頼性や専門性が十分ではないので時間がかかるでしょう。

まずは、良質なサイトコンテンツを増やすことに注力してから、リライドなどの修正を加え、特定のキーワードでの検索順位を少しずつ改善していくのが成果を出しやすい流れです。

【SEOライティングで上位表示を狙うための作業】

・競合度が低いキーワードの抽出
・対策キーワードを意識した文章構成
・最低2〜3記事くらい濃度の高い記事を作成する
・内部リンクや関連サイトページのリンクを貼る
・表示順位が上がらない場合はリライト

SEOライティングの成果を伸ばすために

SEOライティングで成果を出すコツはいかがでしたでしょうか?

【SEOライティングのまとめ】

・企画作成で方向性を固める
・Googleの評価する条件を理解する
・有益なコンテンツを作成する
・SEO対策の効果は長期目線

SEOライティングに取り組みサイトコンテンツが増えていくと、よく読まれている記事や読まれていない記事の違いがわかり、具体的な戦略を組み立てられるようになります。さらに、SEOライティングを踏まえたコンテンツ作成を定期的に行うことで、費用対効果が広告運用を上回ることも可能です。

そのためには、Webサイトを閲覧したユーザーの行動を分析するGoogle Analyticsの導入をしなければなりません。分析ツールがあると効率的に成果を出せたり、成果の可視化をすることもできます。しかし、Google Analyticsを導入している企業は増えてきましたが、成果につながる分析ができておりません。

今後、Web上で商品・サービスの販促していくためには、ユーザーの特徴や行動から、求めているものが何なのかを明らかにすることで、高い費用対効果を見込めます。上記のような効率良く成果を目指す「SEOライティング+サイト分析」について相談したい方は、30秒で申し込みできるオンライン相談を受け付けているので、お気軽にお問い合わせください!

また、Google Analyticsを活用してWebサイトで成果出すノウハウを詰め込んだ無料電子書籍をご覧になれますので、以下からダウンロードしてみてください。

Google Analyticsを活用した心理分析~BtoCマーケティング編~

投稿者プロフィール

渡邉典史
渡邉典史
デジタルマーケティングによる集客戦略を担当。独立後コンテンツマーケティングにおける企画立案から記事作成などを行い、サービス提供開始から最短2ヶ月で集客数6.5倍を達成。Googleアルゴリズムの研究を行い、SEO,MEO対策の目標達成が短期間で可能。海外経験を活かしインバウンドマーケティングの責任者としてホテル・旅館を中心に集客支援を行っている。