新入社員の研修におすすめ!成果が出せる5つのWebマーケティング手法とは?

マーケティングとは「顧客の求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客が価値を見出すこと」や「売れる仕組みをつくること」など、時代の流れによって定義が変化しています。

現代社会では、モノや情報が溢れています。スマホを使えば簡単に調べることができたり、欲しいと思ったらすぐに購入できる世の中です。

しかし、少子高齢化や新型コロナウイルスによる経済活動の鈍化により、多くの人の購買意欲が低下しています。

多種多様な商品・サービスを増えていたり、社会や生活が急速に変化していることから、簡単に売れなくなっているのも原因の一つです。

求めている顧客に認知してもらうための、プロセス(情報発信や購入行動など)が難しくなっています。

では、企業は商品やサービスの売れ筋を伸ばすためには、どのような取り組みをすればいいのでしょうか?

不透明な成果に対してのマーケティング費用

企業が商品やサービスの販売を促進するために欠かせないのがマーケティングです。大きく分けて「潜在層」と「顕在層」の2タイプの層を軸に考えます。

従来のマーケティングはSWOT分析・PEST分析・4P分析などを用いて、「現状の分析→戦略を立てる→戦術を練る」といった一貫した流れになっています。

市場の流れや競合の調査をして、どのような顧客にニーズがあるかを細かく分析して、より成果を可視化できる施策を実行します。ですが、成果が確実に現れるわけではありません。

多くの企業では、いつ成果が出るのかもわからないマーケティングに費用を掛けることを拒んでいます。不透明な成果は企業の経営にも響くからです。

しかし、現代社会ではデジタル化が浸透してきたことにより、従来のマーケティングを凌駕できるようになりました。

成果を可視化するデジタルマーケティング手法5選

WebサイトやECサイトでの目標達成数を増やすためには、ターゲットをより明確にし、適切なアプローチを行う「ペルソナ設定」や、購入の行動・思考・感情を可視化させた「カスタマージャーニーマップ」など、企業が提供する商品・サービスのブランドを確立するための骨組みの段階が最も重要です。

以下では、商品・サービスの販売促進するために、特に重要な施策を取り上げています。

1.Web上での行動を蓄積するサイト分析

Webサイトの売上アップに欠かせないのがGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)という分析ツールです。サイトに訪れたユーザーの行動を把握できるだけでなく、地域・性別・流入元などの細かい分析ができます。ユーザーの購買意欲がどのページで上がったのか細かく分析できます。逆に、購買されない要因も抽出することが可能です。

【期待できる成果】

・CVR(Webサイトの目標達成数)の増加
・ユーザーのサイトアクセス数の改善
・Web検索による順位表示の改善…..など

2.購買意思を高める記事コンテンツ

一度書けばWeb上に残り続けるのオウンドメディア(ブログ)の記事を指します。ユーザーの検索意図を踏まえたキーワードや内容に仕上げることで、認知度アップから商品・サービスの購入を促せます。数ある中のマーケティング施策の中でも、生産コストは低くいのが特徴です。

【期待できる成果】

・記事流入からのCVR増加
・ユーザーのサイトアクセス数の改善
・検索結果の上位表示による認知度アップ…..など

Webサイトの上位表示を狙うSEO対策

サイトデザインが良ければ検索結果の上位に表示されるわけではなく、Google独自にアルゴリズムに沿った構成と閲覧したユーザーの役に立つサイトであることが条件です。それらの対策をすることで、企業や商品・サービスの認知度を上げることができます。

【期待できる成果】

・CVR(Webサイトの目標達成数)の増加
・ユーザーのサイトアクセス数の改善
・サイト閲覧数・滞在時間の改善
・Web検索による順位表示の改善…..など

購買検討熟度を上げる広告運用

商品・サービスへの興味を示す顧客を絞り、検索するキーワードや利用する媒体、深層心理を踏まえたアイキャッチ作成をすることで購買意欲を高めることができます。定期的な効果測定と分析を行うことで、費用対効果の高い運用が可能です。

【期待できる成果】

・CVR(Webサイトの目標達成数)の増加
・ユーザーのサイトアクセス数の改善
・サイト閲覧数・滞在時間の改善
・Web検索による順位表示の改善…..など

競合の一歩先を行くMEO対策

Web上での検索方法を多様化していることから「MEO」の需要が高まっています。Googleマップでのエリア検索のことを指し、実店舗を持っている個人・企業が運用可能です。エリアや業種のキーワード対策や定期的な投稿・更新をすることで集客拡大につながります。

【期待できる成果】

・CVR(Webサイトの目標達成数)の増加
・電話・経路・Webサイトの流入数アップ
・検索結果・エリア検索での上位表示…..など

社外コストの削減が理想的

上記では、「データの蓄積→現状の分析→戦略の立案→戦術の立案→実行」のご紹介をしました。

急速にデジタル社会が進んできたことにより、多くの企業はマーケティング強化が課題となっています。

それぞれの分野を専門としている企業に外注依頼をすれば、より大きな成果が期待できますが、社外コストをかけなければなりません。

冒頭部分でもお伝えした、業績を上げるためにはマーケティングに費用をかけることが大事だとわかっていても、不確実性なモノに費用をかけるのを拒んでいるということです。

では、外部コストの削減ができて、従業員一人ひとりが成果に関われる環境を構築するには、社内のスキルと知識を高めることが欠かせません。

社内のナレッジを高める研修カリキュラムの導入と強化

社内のモチベーションを上げるには、仕事に対する「やりがい」や「成果」が重要視されています。

特に、若年層の仕事への意識は変化しており、「自分の将来像」や「そのスキルは将来にも役に立つのか」を軸にする人が増えています。逆を言えば、やりがいがないと感じてしまえば退職される可能性もあります。

就職・転職では売り手市場が続いているなか、一人の退職は大きな損失につながります。また、企業の採用活動は求める人材とのマッチングにも時間もコストも要するでしょう。

このような事態を避けるためには、定期的な研修の導入やカリキュラムの見直しと改善が必要です。

専門業者への外注依頼は成果を期待できても、社内にナレッジがたまるわけではありません。

そこで、外部の講師に研修をしてもらうことによって、新しい考え方やスキルが身に付くだけでなく、社内のナレッジもためることができます。

これからリモートワークなど、オンラインでのやり取りが増えると、研修や人材育成などのマネジメントコストも上がることが予測されています。

これを機に、研修のカリキュラムや社内一人ひとりの役割などを見直してみてはいかがでしょうか。

自社に特化したマーケターを育てたいとお考えの方は、パーソナルトレーニングを受けてみませんか?

【パーソナルトレーニングの特徴】
・成果を出しながら学べるオンライン研修
・時代の変化に適応できるスキルの習得
・マーケティング文化の構築
・自走できるマーケターの創出

パーソナルトレーニング3つの特徴

特徴1.自社に特化したマーケターが創出できる!

現状の売上や集客を改善するためには、Web上での施策が欠かせません。マーケティングに特化した人材が企業の業績を伸ばすポイントです。パーソナルトレーニングは研修コストや外部委託コストの削減にもつながります。

特徴2.新しいスキルや考え方を蓄積できる!

マーケティングには多種多様な施策や考え方があり、それらを駆使することで目標の達成に近づくことができます。さらに、実践に基づいたノウハウを社内に蓄積することで、自社の商品・サービスの販売戦略やブランディングなども並行して進めることが可能です。

特徴3.時代の変化に対応できるスキルの習得!

マーケティングとは「顧客の求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客が価値を見出すこと」や「売れる仕組みをつくること」など、時代の流れによって定義が変化しています。従来のマーケティングから現代社会に適したマーケティングの方法を学ぶことで、顧客に対して費用対効果の高いアプローチができます。

気になった方は特設サイトをご覧ください。担当者へのご相談も受け付けているので、お気軽にお問い合わせください!

投稿者プロフィール

渡邉典史
渡邉典史
デジタルマーケティングによる集客戦略を担当。独立後コンテンツマーケティングにおける企画立案から記事作成などを行い、サービス提供開始から最短2ヶ月で集客数6.5倍を達成。Googleアルゴリズムの研究を行い、SEO,MEO対策の目標達成が短期間で可能。海外経験を活かしインバウンドマーケティングの責任者としてホテル・旅館を中心に集客支援を行っている。