【SEO対策】今日からできる上位表示を狙った「記事制作」の方法とは?

Web上での売上や集客を改善するためにSEO対策で大切なターゲットに適切なアプローチは行えていますか?

企業のオウンドメディア運用(ブログ)の投稿を毎日行っていても、「上位検索されない」「PV数も伸びない」などの悩みを抱えている方も多いでしょう。

オーガニック検索で上位表示されるためには、勝てるキーワード選定だったり、ユーザーにとって有益な記事であることが重要です。これらは、サイトやコンテンツを閲覧してくれるユーザー数や平均滞在時間から算出されたり、Googleの独自のアルゴリズムによって評価される仕組みとなっています。

SEO対策の成果はすぐに反映されるわけではなく、長期間に渡り効果が現れるので、将来の資産形成のための「先行投資」であることを覚悟しなければなりません。

1,上位表示されるためのSEO対策について

2,Googleに評価されるためのコンテンツ条件

3,今日から絶対にやるべきSEO対策

4.Webサイトの改善,SEO対策を諦めている方へ

本記事では、上記4つの項目に沿ってご説明しております。

いつ伸びるのかわからないのに投資するのは不安かもしれませんが、これから説明する要点を抑えることで、具体的な対策を身に付けることができますので、ぜひ参考にしてください!

1,上位表示されるためのSEO対策について

「検索結果」とはGoogleの商品であることを理解しましょう。Google上では本当の情報や嘘が溢れているなかで、ユーザーにできる限り適切なコンテンツを届けられるように、Googleクローラーというロボット型検索エンジンが評価します。

まず検索結果での上位表示にあたって欠かせない要素は以下の点です。

⚫︎ターゲット選定
誰に向けてコンテンツ(情報)を発信するか。その層は

⚫︎上位サイトのキーワード分析
上位表示されているコンテンツは、どのキーワードで検索されているのかを一つの指標として参考にする

⚫︎コンテンツとカテゴリーの一致
コンテンツ内容とカテゴリがズレがなく一致しているか

⚫︎被リンクを増やす
被リンク=ユーザーが価値あるコンテンツだと思ったと判断していい。被リンクされるなかでも「テキストリンク>画像リンク」が望ましい

⚫︎コンテンツは適切かつユニークか
その内容に誤りがあることで信頼度が下がり評価されにくくなる。紹介する情報や事例は適切であるか確認する

⚫︎そのコンテンツは見やすいか
一杯いっぱいの情報が記載されているが、サイトが見づらいと離脱の原因になるので、ユーザー視点になりきる

特にここ数年で情報量が増え、変化も速いので、情報の切り替わりが多いことから、ターゲット層にとって適切で有益な情報であることが重要視されています。

逆にコンテンツ発信で懸念すべき点は以下の通りです。

⚫︎テキスト量が乏しい
画像での紹介が多く、テキストでの情報量が少ない。文字量の最低1000文字以上で目安は2000字くらいが望ましい

⚫︎内容希薄なページが多い
表面的な説明しかなく、サイトまたはページ内で詳しい情報が記載されていないと評価対象になりにくい

⚫︎文脈の構成
詳しく説明されていても、紹介する順番が適切でなかったり、導線がズレているとユーザーの離脱が目立ちやすい

SEO対策を始めて、2~3ヶ月くらい経っても数字が一向に伸びないというお問い合わせを頂くことがありますが、Goolgeクローラーや細かい点ばかりを気にしていて、「ユーザー視点」になれていないのが原因です。

シンプルですが「見やすくわかりやすいコンテンツ」が、上位検索を狙うための前提条件と口にしています。

2.Googleに評価されるためのコンテンツ条件

2019年のGoogle検索アルゴリズムの「BERTアップデート」では、「長い会話型のクエリ」や「”for(~のため)”や”to(~へ)などの前置詞が重要なクエリ」といった複数の単語で構成されるフレーズに対して「BERT」の効果が発揮されます。

上位表示されている各リンクをクリックをしても、似たような情報が掲載されていることは少なくありません。

専門的な分野であればあるほど同じような記事が似ている傾向なので、著者のオリジナルストーリを踏まえたコンテンツを作成することが長期間によって愛される要因です。

コンテンツを評価するユーザーやGoogleクローラーは、「体験」「オリジナルストーリー」「誰かのために向けて書いた記事」を好み、その評価制度はさらに高くなることが予想されます。

3.今日から絶対にやるべきSEO対策

2020年に入ってからGoogleでの変更点が多々ありましたね。今日からSEO対策を始めようと思ったときに、まずやるべきことをご紹介します。

⚫︎モバイルファーストインデックス
Googleは2020年9月から、全てのWebサイトにおいて、検索インデックスにモバイル版が優先される

⚫︎キーワード設定
上位表示されそうなキーワードの選定を行う。調べられやすいキーワードは資金力で勝ち目はないので、いくつかの小さいキーワードをピックアップして上位検索を狙うと良い

⚫︎読まれやすいタイトル,アイキャッチ画像
検索結果からの流入はタイトルが面白そうかそうではないかで決まる。まずは上位表示されているタイトルを真似するといい。もちろんアイキャッチ画像の選定も見られやすい要因となる

⚫︎複数キーワードを意識する
「2語の複数ワード」「地域名を含む2語数ワード」これらの検索順位は評価されやすい。実際に順位変動は上昇している

⚫︎SNSでの発信
被リンクの要因となり、コンテンツがバズることでSEO対策にもなるので、発信チャネルを増やすことで多くの人に知ってもらえる

コンテンツが少ない状態で、細かいことを気にしても改善策には繋がらないので、まずは定期的に発信を続けることがSEO対策の条件となります。

4.Webサイトの改善,SEO対策を諦めている方へ

今回は「上位検索されるためのSEO対策」をご紹介しましたが、これらを行っても成果が現れるわけでもありません。サイトコンテンツが異なる場合は、自社サイトが勝てる市場を調査することが重要です。

すでに大多数のユーザーから支持されているのなら別の話ですが、本文で説明した3つの要点を熟知しても、他にやるべき対策はまだまだあります。

【本記事のまとめ】
・ユーザーにとって有益なコンテンツ
・Googleに評価される条件
・独自のコンテンツは強い

理想は自社でマーケティングに特化したチームをつくることですが、日本は世界と比べてもマーケティングの歴史は浅く、賢いマーケターを雇うには採用コストなど、多くの材料を必要とします。

まずは、Web会社などに任せて少しずつ知識をつけていくことをオススメします。

自社サイトやオウンドメディア、SNSで予約獲得を狙うためには、自社マーケティングの強化をすることが重要です。

現在宿泊事業様に向けて、Web上で行えるマーケティングの電子書籍を配布していますのでぜひご覧ください!

お役立ち資料はこちら?】

自称「恋愛マスター」が説くマーケティング戦略と恋愛戦略の教科書

投稿者プロフィール

渡邉典史
渡邉典史
デジタルマーケティングによる集客戦略を担当。独立後コンテンツマーケティングにおける企画立案から記事作成などを行い、サービス提供開始から最短2ヶ月で集客数6.5倍を達成。Googleアルゴリズムの研究を行い、SEO,MEO対策の目標達成が短期間で可能。海外経験を活かしインバウンドマーケティングの責任者としてホテル・旅館を中心に集客支援を行っている。