ホテル・旅館がドローン空撮に依頼前に知るべき相場費用とは?意外と知らないサービス料金を徹底解剖!

いざ、ホテル、旅館がドローン空撮を依頼するときどこの企業に頼めばいいか比較するのが大変だと思います。

ドローン空撮を依頼する際は、基本料金、フライト料金、操縦士の派遣料、撮った映像の編集、交通費から宿泊費まで企業によって、価格帯が変わってきます。

そこで今回は、ホテル・旅館がドローン撮影を依頼時に大きな指標となる「価格帯」についてご紹介していきます。

ドローン撮影にかかる費用の内訳

ドローン撮影時にかかる費用の内訳は、依頼する企業によってオプションで請求されるケースもあります。事前に何に対しての費用なのかを知っておくことで、予算に合わせた価格内での依頼が可能です。

以下より、ホテル・旅館がドローン空撮を依頼するとき相場費用や料金の内訳についてご説明します。

①基本料金

まずは基本料金、これはドローン撮影を依頼するのにかかる費用になります。

金額の相場は”平均10万円〜30万円”。最安値では4万円からで依頼できますが、サービス内容によっては約50万円ほどになる場合もあります。

これは基本料金なので、動画編集や操縦士の交通費や宿泊費など、いろいろなオプションがかかる仕組みになっているのです。

②フライト料金

フライト料金とは、ドローンを飛ばすための費用になります。

企業によって様々な種類があり、基本フライト料金1フライト(15分〜30分程度)で費用をとっていることが多く、相場で2万円〜4万円程度です。

一度の撮影だけでなく、複数回のフライトをする場合は追加費用がかかってしまいます。

また、フライト時間を基準に費用を取っている企業もあり、1時間3万円以上かかるケースもあるらしいですね。

③操縦士にかかる費用

基本的には1~2人ほど撮影に同行します。また、企業によって基本価格に組み込まれていることもありますが、一般的には操縦士の派遣費用は2〜3.5万円が目安です。

その他にも、撮影施設の許可取りや、機体またはドローン事故での保険費用もかかる場合があります。保険加入は絶対なので、そちらがサービス内容に含んでいるかの確認は忘れずにしましょう。

④映像にかかる費用

空撮映像には、静止画と動画の2種類があります。

1.静止画:2万円〜6万円
2.動画:3万円〜15万円

撮った映像をPR動画などにした場合、さらに5万円〜20万円程度かかります。何分の映像、何枚の写真、何分の動画を作成できるのかも確認し忘れないようにしましょう。

>⑤その他別途費用

基本的にどの企業も現場に行くための交通費や宿泊費用が請求されます。都内の企業になると都外、関東県外への撮影に行く場合は別途費用が発生しやすいのです。

また、ロケハンに行く企業の相場としては、3万円~5万円程度になります。

ホテル、旅館のドローン空撮企業選びのまとめ

今回はドローン空撮の相場費用とサービス料金の内訳について解説いたしました。

あまり馴染みのないドローン空撮撮影、意外にも費用がかかると思われたのではないでしょうか?

ドローン空撮をすることによって、公式サイトやSNSアカウントを閲覧するユーザーにインパクトを与えることが期待できるので、競合施設との差別化にも繋がるので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

ドローン空撮の魅力をどこよりも手軽に、それぞれの施設さまの魅力を全国に発信するために、ホテル業界最安値に挑戦しています!

そしてmicadoのこれまで培ってきた支援実績から得た経験や独自のノウハウを基に、ホテル・旅館さまの価値をさらにアップする手助けになればと思います。

お問い合わせフォームよりご連絡いただければ、Webサイトのチェックを含めたオンラインミーティングを実施させていただきます。

ドローン撮影について詳細が気になる方は、撮影までの方法や手順などを詳しくご紹介しているサービスページをご覧くださいませ。

お客様が納得いくまで、何度も撮影をするのが私たちの強みでもあるので、お気軽にご相談いただければ幸いです!

売上改善に成功した宿泊施設の取り組み事例6選

投稿者プロフィール

渡邉典史
渡邉典史
デジタルマーケティングによる集客戦略を担当。独立後コンテンツマーケティングにおける企画立案から記事作成などを行い、サービス提供開始から最短2ヶ月で集客数6.5倍を達成。Googleアルゴリズムの研究を行い、SEO,MEO対策の目標達成が短期間で可能。海外経験を活かしインバウンドマーケティングの責任者としてホテル・旅館を中心に集客支援を行っている。