ホテル業界の人材不足を解決するための採用戦略とオウンドメディア運用

離職率の高い宿泊業の課題

さまざまな業界の中でも、宿泊業界の離職率はトップクラスです。3年以内には50%以上の人が転職をする傾向で、理由としては「労働時間が長い」「給料が安い」「スキルアップに繋がらない」が挙げられます。

多くの宿泊施設は、従業員不足に悩まされており、リゾートバイトのような人材派遣会社を通して人手を求めています。リゾートバイトは働き手を探す仲介してくれますが、支払う手数料がかなり高額なので、かなり重い支出となっているでしょう。

今後、多くの業種で人材不足が浮き彫りになることが予測されていて、このような課題を解決するためには、どのような取り組みをするべきなのか。本記事では、人材不足に困るホテルや旅館様に向けて、若手人材を採用するための方法をご紹介しています。

宿泊施設のWebサイトを見直せていない

宿泊施設の集客源はOTAとなっていることから、Webサイトの重要さを理解していないのが最もな原因です。

宿泊予約から採用に関して、全てのことに当てはまり、自社のWebサイトを閲覧されることで、一時的に比較検討されることなく、最も購買検討熟度は高くなるタイミングです。

星野リゾートやAPAホテルなどの大手ホテル会社では、自社マーケティングに力を入れているから、Webサイトが魅力的で集客できていたり、戦略的なプロモーション活動を実践できています。

OTAからの予約を10~20%でも、自社のWebサイトで獲得できれば、支払い手数料を削減できるだけでなく、顧客情報を獲得できるので、メルマガやキャンペーンの周知も可能です。

採用に関しても、公式サイトの採用ページが構築することで、人材紹介会社や求人広告に支払うコストを自社マーケティングに当てることができます。

具体的なプロモーション戦略は「ユーザーのために」

Webサイトを活用することで、どのようなメリットがあるのかを上記でお伝えしましたが、具体的なWeb上でのプロモーション戦略はどうすればいいのでしょうか。

宿泊業界の課題としては「離職率を低下させること」ですが、企業目線ではなく、働き手の目線となって考えなければなりません。理由としては、企業側の自己認識と求職者の抱いているものは、すれ違いやすいからです。

宿泊施設の採用ページでよく見られるのは、「求人情報」をクリックすると、給与面や労働時間に関しての情報のみが記載されており、求職者目線で物を言うのであれば、十分な情報量ではありませんね。

成功している採用サイト(ページ)の事例では、求人情報ではなく、「一緒に働いてくれる人」と細やかな温かさがあり、「従業員のリアルな声」や「仕事を通してどういった成長ができたのか」などをオウンドメディア(ブログ)に投稿したり、SNSでの企業情報の発信などに取り組んでいます。

一般社員が前向きに仕事を取り組む姿をコンテンツにして、同じ目線に発信することで、親近感が湧くだけでなく、その記事を見たユーザーは「自分の働く姿」のイメージがしやすくなるのでしょう。このことから、応募や求人に関するお問い合わせへの行動を促すことはできます。

宿泊業界は可能性を秘めている

デジタル化が進んでいることから、宿泊業界で必要とされる人材も変わってくることが予測されます。例えば、Web集客などが重要視されることから、マーケティング担当やWebに精通した人です。

将来のために活きるスキルを模索し、自社の魅力にできれば、採用活動は一気に捗ることが考えられます。

新型コロナウイルスの影響により、宿泊業界は一度リセットすることを踏まえて、Webサイトの構築を行い、リブランディングしていきましょう。

【本記事のまとめ】
・公式サイトの構築と見直しは必須
・採用活動は低コストで行える
・宿泊業界に求められる人材は変わる

自社サイトやオウンドメディア、SNSで予約獲得を狙うためには、自社マーケティングの強化をすることが重要です。専門業者に依頼をしようと考えている方は、こちらの記事を参考にしてみてください!

現在宿泊事業様に向けて、Web予約を強化するためにマーケティングの電子書籍を配布していますのでぜひご覧ください!

【採用担当者必見!】失敗から学ぶ採用マーケティングの成功法

投稿者プロフィール

渡邉典史
渡邉典史
デジタルマーケティングによる集客戦略を担当。独立後コンテンツマーケティングにおける企画立案から記事作成などを行い、サービス提供開始から最短2ヶ月で集客数6.5倍を達成。Googleアルゴリズムの研究を行い、SEO,MEO対策の目標達成が短期間で可能。海外経験を活かしインバウンドマーケティングの責任者としてホテル・旅館を中心に集客支援を行っている。