新卒採用を求める企業が実践すべきゴールデンサークルの秘訣とは?

採用サイトにおいてトップページは学生に第一印象を与える企業の「顔」の様な存在です。
心理学に「ハロー効果」という効果があるように第一印象が悪いと、その後の「応募動作」に影響するだけではなく、内定後の辞退率の増加にも繋がる可能性があります。

しかし、逆にこのトップページで学生に良い印象を与えることができれば、「応募率」の増加に繋がり、採用マーケティングの成功につながります。

本記事ではマーケティング手法として注目された「ゴールデンサークル理論」を活用し、学生に受け入れられやすい「トップページのススメ」をご紹介していきます!

ゴールデンサークル理論とは?

ゴールデンサークル理論とはマーケティングコンサルタントであるSimon Sinek氏が提唱している理論で、人々に何か行動を起こして欲しい際の効果的な伝え方に関する理論です。

多くの場合、企業のCMやプレゼンなどで重宝されていますが、採用サイトでも大きな効果を発揮します。

多くの企業はプレゼンやCMなどで消費者に商品を買ってもらいたい際、上記のサークルのように「WHAT」(なに)から説明し、「HOW」(どのように)を次に説明し、最後に「WHY」(なぜ?) という説明を行います。

「WHAT」: 私たちはmicadoです。
「HOW」:560社以上の経験から採用マーケティングを支援しています。
「WHY」:従来の紹介料など、学生に値段をつけるような形ではなく、企業も採用コストを削減でき、学生も「人」として扱われる未来を創るためです。

上記の例を見た際どのような印象を持ちましたか?
営業されている感じや、自分とは関係のない感じがしますよね。

ではこれではどうでしょう?

「WHY」:従来の紹介料など、学生に値段をつけるような形ではなく、企業も採用コストを削減でき、学生も「人」として扱われる未来を創りたいです。
「HOW」:560社以上の経験から採用マーケティングを支援しています。
「WHAT」:私たちはmicadoです。

「想い」を説明する「WHY」から説明することによって少し興味を持った状態で、企業名に目がいきませんか?
アメリカのアップル社もこの理論でi phoneの販売を大きく成功させました 。

ゴールデンサークル理論を採用サイトに多くの企業の採用サイトを見ていくと、それぞれの企業がトップページのメッセージにこだわりを見せており、かっこいい文言が並んでいます。

しかしそれらのメッセージは本当に学生に響いているのでしょうか?
多くの企業の採用サイトトップページではやはり「WHAT」から「WHY」へと企業の説明が進んでいるように見受けられます。

例)
[WHAT]: micado 2022年 採用ページ
[HOW]: 世界を相手にする技術力と信頼
[WHY]:多くの「ありがとう」をもらいたいトップページのメッセージは「採用ペルソナ」によって創り出された人物像に響くよう、作成することをオススメしています。人はそれぞれ違う趣向があるため、採用チームが考えたメッセージが必ずしもターゲットの学生層に響いているとは限りません。ゴールデンサークル理論を採用でも活用し、人々に行動を促す戦略を展開していきましょう。

例)
[WHY]:多くの人に「ありがとう」と言ってもらいたい。
[HOW]:世界を相手に確かな技術力と信頼で
[WHAT]:micado 2022年 未来を作る仲間を募集中

ゴールデンサークル理論を取り入れることで、採用サイトに訪れた人々に、まずは自分ごととして物事を考えてもらい、それは「この会社で達成できる」と思わせることができます。

ペルソナに響くメッセージをゴールデンサークル理論活用し伝えることで、結果として「欲しい人材層」からの応募数が大幅に増加することが期待できます。

〜まとめ〜

採用サイトではペルソナの設定を 前提とし、そこにゴールデンサークル理論を活用することで、学生に企業からのメッセージが伝わりやすくなり、欲しい人材層からの大幅な応募 数の増加から、内定後の辞退率の低下、また採用コスト削減へと繋がっていきます。

このような工夫を随所に取り入れることで採用マーケティングの最適化を目 指しましょう!他にもできることがあれば知りたいという方は以下のセ ミナーもチェックしてみてください!

Google Analyticsを活用した心理分析~BtoCマーケティング編~

投稿者プロフィール

kazuki funayama
kazuki funayama
江戸川区の町工場地域出身。下町育ちで人情深い一面がある。
好きな言葉は「他人を儲けさせろ。そうすれば自然と自分も儲かる。」
ゲストハウスで働いていた経験と地域にインド系、中華系の人々が多いことから国内における外国人の就職を手伝いたいと思い早稲田大学在学中に国際人材紹介業界に飛び込む。中国、ベトナム、フィリピンをはじめとした多くのアジア諸国、地域に訪問し、優秀な外国人人材獲得の現場交渉を行い各地を奔走。その結果、1000人を超える架け橋となり多くの日系企業の人手不足問題を解決する。現在は株式会社micadoにて企業採用ページのWeb分析、改善をする事によって企業の安定した優秀な人材獲得に尽力するため日々精進している。