ホテルや旅館の集客率を伸ばす記事制作のコツとは?

ホテル市場は変化していく

長い間、ホテルや旅館はOTA集客に依存しすぎていたことから、Web全体での集客力が乏しい印象があります。大手ホテル会社では、自社サイトでの直接予約を軸にするために、マーケティング強化に注力しています。

今までは「価格・立地・ブランド」の3つが宿泊先を選ぶ条件として強い材料でした。ですが、昨今の新型コロナウイルスの影響から「安全・安心・清潔」が重要視されることが考えられます。

また、Web検索が一般的になり情報が溢れています。ホテルや旅館が集客を促進するために価値あるコンテンツ(情報)発信をすることです。宿泊施設は「待つ集客」ではなく、「呼ぶ集客」に切り替えていかなければなりません。

ホテルや旅館は多くの魅力を持っていても、Webサイトの情報量が不足していたり、そもそも情報密度が薄かったりします。宿泊施設での体験や地域周辺の体験など、さまざまなことをコンテンツ化することで、より魅力的なアプローチが可能です。では、Webサイトでどのような取り組みをすればいいのでしょうか。

オウンドメディアを活かしている宿泊施設は少ない

宿泊施設のWebサイトでは、積極的にオウンドメディア(ブログ)を運用しているところは少ない印象があります。

結論から言いますと、Webサイトでブランドを確立できるポジションがあるということです。

マーケティング要素はかなり強いですが、宿泊施設に関連するキーワード、例えば地域名や施設コンセプト、観光スポットや特産物など、GoogleやYahooで検索したときに上位表示されるポジションがたくさんあります。

メリットとしては、認知度を上げたり記憶してもらえること、魅力的なコンテンツであるならば予約検討熟度を上げることが可能です。

デメリットは成果が見えづらかったり、成果が反映されるまでに時間がかかることです。基本的には、専門としている業者に外注することをオススメします。もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

どのような記事を書けばいいのかアイデア出しがわからない方に向けて、下記に宿泊施設においての鉄板のコンテンツ案をいくつか取り上げたので、タイトルは関連性のあるキーワードを用いて記事を制作してください。

【参考企画】
・スタッフの顔が見える思いを伝えるインタビュー記事
・宿泊施設や地域周辺でユニークな体験ができるコンテンツ
・宿泊施設までの楽しいアクセス方法を説明した旅行コンテンツ
・魅力やコンセプトを重点的に発信する認知度を上げるコンテンツ
・施設内でのおしゃれな過ごし方をオススメする提案型コンテンツ

ポイントしては、お客様が旅行先や宿泊施設について検索するときに、どのようなことを考えて検索するのか、宿泊施設の持っているコンテンツを基に逆算することが重要です。

自社サイトの見直しと改善を定期的に

自社で持っているWebサイトは、サイトに訪れた人がスムーズな情報取得できて、満足していますでしょうか?

よく見られるページや最初に閲覧されるページなどを把握した上で、コンテンツを揃えることでサイトの離脱を防げたり、予約検討熟度が高くすることができます。

宿泊施設のWebサイトでよくあるケースとしては、トップページ(ホーム)に情報を詰め込みすぎていることです。その情報さえも最適な順番ではなかったりするケースもあります。

どのようなユーザーが訪れていて、どのような動きをしているかなど細かい分析をすることで、求めているコンテンツがわかったり、最初に見せるべきコンテンツは何が最適なのか把握することが可能です。

それを踏まえて、OTAを閲覧したユーザーの約半分は宿泊施設のWebサイトを閲覧しますが、再びOTAに戻って予約する傾向となっています。

この点に関しては、お客様が得られる特典が予約先を左右しています。自社サイトで魅力のあるコンテンツや特典を提供すれば、OTAの手数料を削減できるだけでなく、お客様の時間を奪わずに短い導線で予約できます。

WebサイトはOTAでは行えない施策が山ほどあるので、特にWeb集客に悩む宿泊事業主様は、本記事とは別の自社サイトで直接予約を最大化するための記事があるので、参考にしてみてください!

また、記事コンテンツを増やして宿泊予約を増やしていきたいとお考えの方は、こちらのお客様に驚かれる破格の「記事コンテンツ」とは?Web上で売上を伸ばすコツを一挙公開!をご覧ください!

OTA以外での媒体(自社サイト,SNSなど)で、予約獲得を増やしたいと考えている方は、運用実施機のあるデジタルマーケティング戦略のホワイトペーパーをダウンロードしてご覧ください!

売上改善に成功した宿泊施設の取り組み事例6選

投稿者プロフィール

渡邉典史
渡邉典史
デジタルマーケティングによる集客戦略を担当。独立後コンテンツマーケティングにおける企画立案から記事作成などを行い、サービス提供開始から最短2ヶ月で集客数6.5倍を達成。Googleアルゴリズムの研究を行い、SEO,MEO対策の目標達成が短期間で可能。海外経験を活かしインバウンドマーケティングの責任者としてホテル・旅館を中心に集客支援を行っている。